ミセン 未生 3話あらすじ

グレは囲碁で身につけた見識で徐々にオ課長、キム代理にも認められる存在となるでしょう。

キャスト
イム・シワン、イ・ソンミン、カン・ソラ、ピョン・ヨハン、カン・ハヌル


同僚から、あいつは要領が悪いやつ・・と、思われているグレ。

飲み会には参加せず、挨拶だけ済ませ、会社に戻るグレ。
「今、ここにいるのは手を抜いた結果・・だから捨てられた」
一生懸命じゃなかったから、と理解しているグレ。

翌日
フォルダ整理を見事に終えたのを見て、「根性はある」と、グレを思うオ課長。

しかし、グレに「仕事には共同作業が大切」と、指摘するキム代理だった。

グレがチェ専務のコネ入社・・と知り、いずれ辞めると考えるオ課長。

プレゼンのパートナーを探すことになり、ヨンイに声をかけるグレ。だが、本気にしてもらえず、曖昧な流れに。

なぜか、同僚からプレゼンのパートナーに誘われるグレ。

そんなグレに、「プレゼンの結果、2人が合格すればいい。だが、ダメな場合は爆弾が犠牲になる」と、注意するキム代理。
皆、爆弾としてプレゼンの相手にしようとしてた・・と、気が付くグレ。

ヨンイから、パートナーに誘われ、喜んでいたグレだが、孤独を感じていた。

仕事は共同作業と言われ、どうしたら良いのか悩むグレ。

オ課長に、「友だちゼロです。教えてください。どうすれば・・」と、いうグレ。
「何も知らない奴が、コネで入社する世の中で・・それが現実。だが、俺は現実に流されたくない」

皆、生き残るため、涙を流し、汗をかいて挫折もしている、というオ課長。

ある時、キム代理から指示された仕事で糊を使用するグレ。

キム・ソッコが糊を借りに来て、トラブルが発生する。

ロビーに重要な起案書が落ちていたのを拾う専務は、オ課長を追及する。

感想

カットは少ない感じですね。
CMは多いのだけど、この3話は以前、視聴した2話とダブってます。

私が書いた2話後半のあらすじ記事に、糊を借りた詳細があります。

Mnetの無料放送で2話まで視聴、今後はBS放送分を見ていきます。

オ課長はチェ専務との関係に何かあり、グレを良く思っていません。

次第に周囲との信頼を築き、社会人として成長するグレでしょう。

プレゼンのパートナーとして、今後はハン・ソンニュルと組むグレです。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年01月31日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

マイシークレットホテル 全16話あらすじと感想INDEX

「奇皇后」タルタルのラブストーリー。殺人事件ありのサスペンスも♪

【送料無料】 マイ シークレットホテル DVD...

【送料無料】 マイ シークレットホテル DVD...
価格:10,886円(税込、送料込)



キャスト
ナム・サンヒョ (ユ・インナ)
チョ・ソンギョム(ナムグン・ミン)理事
ク・ヘヨン   (チン・イハン)サンヒョ元夫
ユ・シチャン  (チェ・ジョンウォン)ヘヨン親友

イ・ムヤン   (チェ・ジョンウ)総支配人
キム・グムボ  (アン・ギルガン)刑事

チョン・スア  (ハ・ヨンジュ)ヘヨン婚約者
ヨ・ウンジュ  (イ・ヨンウン)広報室長
チャ・ドンミン (コ・ユヌ)保安室長
ヤン・ギョンヒ (オム・スジョン)主任
ホ・ヨンミ   (キム・ボミ)スタッフ
ファン・ドンベ (キム・ビョンチュン)主任

全16話 tvN 2014年
演出 ホン・ジョンチャン
脚本 キム・ドヒョン

読みたい回の数字ををクリックしてください。

1-2話  3-4話 5-6話 

7-8話 

9-10話  11-12話 13-14話 

15話 16話(最終回)

評価は☆3個(5満点)です。
感想は各話ラストにあります。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」2話あらすじと感想

視聴率9/6%!月9は録画してる人が多いのでしょう。再会する練と音・・

【予約】手嶌葵/明...

【予約】手嶌葵/明...
価格:1,296円(税込、送料別)



脚本 坂元裕二
主題歌 手嶌葵「明日への手紙」

2話

東京に来て、1年が過ぎていた音(有村架純)は、練(高良健吾)がくれた、桃の缶詰を大切にしていた。

「東京に来て1年・・あの人とは・・まだ会えていない」

介護施設「春寿の杜」で、働きながら、駅から徒歩20分の古いアパートに住んでいる音。
多忙な中、出勤前と帰宅途中、練を捜している音だった。

ひとり暮らしの静恵の家に出入りしている練、小夏(森川葵)、中條晴太(坂口健太郎)たち。

小夏から、祖父・健二の家に帰る事を勧められる練。
通勤途中、放置され、泣き続けている子犬に餌を与える。

介護の仕事は覚える事も多く、必死で学びながら働く音。
同僚・船川玲美(永野芽郁)は、残業手当がつかない事に不満を抱いていた。

「引っ越し屋さん、どこにいますか?」

練の仕事の先輩・佐引穣次(高橋一生)は、荷物を雑に扱うため、ビンテージのスピーカーが壊れてしまう。
練が注意するのも無視、クレームで20万の請求が会社に来る。

運送会社・社長の嘉美は、スピーカーを設置した練に請求書を押しつける。
弁償を命じられ、困惑する練は穣次に意見するが・・。

穣次は練を見下して、早く辞めろ、と相手にしないのです。

仕事中、介護施設「春寿の杜」の御曹司・井吹朝陽(西島隆弘)から、食事に誘われる音。

音と練は家が近いから、同じ店ですれ違ったりするのです。
同じ子犬に会いに来る2人・・なのにここでも会えない。


練がアパートに戻ると、日向木穂子(高畑充希)が待っていた。
20万のコートを着て、派手な生活を自慢する木穂子。

練が断らないから、嫌と言わないから、居座り続ける木穂子。
そんな優しさに甘えてる、と自覚もしている木穂子は訳ありな感じ。

「彼は奥さんとの間に2人目の子供が出来た。今、練に見捨てられたら死んでしまう」と、つぶやく木穂子。
首を横に振る練。
「俺は見捨てないよ」って。

いつものコインランドリーに行くと、改装中で別の店に行く音。
ここは練が来ているお店なのです!ここでも会えない2人。

練の部屋で、20万の請求書を見つけてしまう木穂子。

晴太に練の事情を話す小夏。
「練は好きでもない人と一緒にいない」と、信じている。
しかし、練は木穂子を愛していない、と感じている晴太。

毎日、ハードな仕事に追われる音。
早番の日に、玲美の代わりにそのまま遅番で働くハメに。

意地悪なパワハラ所長・神部正平(浦井健治)に、仕事を押しつけられ、断れない音だった。

仕事をする音に、好きな人はいるのか、と聞く朝陽。
「好きな人はいます・・」
1年前に会っただけ、と言う音に呆れる朝陽。

「恋って・・会ってる時間じゃなくて、会わない時間に、生まれるものじゃないんですか?」
御曹司である自分を無視する音が気になる朝陽ね。

穣次に、スピーカー弁償の件で意見する練。
腕立て伏せ300回、出来たら弁償する・・と、笑う穣次。
必死に腕立て伏せをする練・・
しかし、嘉美が現れ、木穂子が20万を弁償してくれた事に愕然とする。

「俺の金じゃないんで・・」と、腕立て伏せを続ける練が空しい。

木穂子と会う練はホテルの喫茶店へ。
「俺・・木穂ちゃんのおかげで助かりました。ありがとう・・必ず、返します。また、時間がかかると思うけど」

勝手に20万を支払った自分を怒らない練・・と、見つめる木穂子かな。

「ここは俺が払います」と、財布を出す練。
でも、財布には1000円と小銭だけ。
コーヒー2つで、2310円という値段。

「ごめん、30円貸してください」と、言う練。
けれど、木穂子は小銭を持っていない。
万札で支払い、「ごちそうさま」と、練が出したお金を受け取る木穂子。

この差、違和感。
これは埋められない2人の間でしょうね。
30円が足りない練と、1万円札しかない木穂子。
木穂子の態度は悪くないのだけど、男のプライドが・・・練が辛い。


24時間勤務となり、意識も遠のく音・・そこへ玲美がやってきて交代となる。

深夜バスで帰る途中、子犬の声に気が付き、捜す音。犬は金網に繋がれていて、連れて帰る事に。

信号待ちの間、子犬を抱いたまま、過労で倒れそうになる音。

子犬に餌を与えようとして、飼い主の女性が、新しい子犬を連れ帰るのを目撃する練。
事情を察し、いつもの子犬を捜す。

子犬の声に呼ばれ、捜す練は座り込んでいる音を発見する。

「会えた・・会えた・・。引っ越し屋さん、出来たらでいいんやけど・・お名前、教えて。電話番号を教えて・・私も、東京で頑張ってるから・・」

練に告げると、意識を失う音。
音の言いたい事を理解、無言で頷く練。

ここは感動の再会、涙、涙です(; ;)ホロホロ

音をおんぶして、帰る練。
「この子の飼い主は?」と、子犬の事を聞く音。
「いない」
「そっか、私たちと一緒だね・・」

静恵の家に音を寝かせる練。

祖父・健二に電話する練。
見つめる音。

「みんないい人だ。楽しい。優しい」と、言う練は祖父を気遣う。

「じいちゃん、俺まだしばらく帰れねえ・・東京でもちっと頑張るから、待っててくんれ・・さすけねえ・・」

さすけねえ・・心配すんな、大丈夫だ。の意味です。

健二と話した練は涙ぐむ。音は寝たふりをしてて。

翌朝
静恵から、練のメモを受け取る音。
「あの子のまわりには・・寂しい人があつまってくるの。その分、1番寂しいのはあの子だった」と、言う静恵。

メモには練の携帯番号が書いてあった。

仕事場
先輩から朝陽の事実を知る音。
「彼は認知症のケア専門士を目指してる人よ」
従業員のナンパ目的ではない、と言う。

アパートに帰宅すると、木穂子が待っていた。
「カーテン買っちゃった」
笑う木穂子に何も言えない練。

感想

練はやっと、音と再会したのに。
強引な木穂子が邪魔なんですけど(^_^;)

木穂子が身をひいてくれないと、音との恋が実らないと思います。
練に沢山の嘘をついてる木穂子は不倫してるのかなあ。

再会はコインランドリーかと思ったら、子犬でしたね。
あの元飼い主、子犬を捨てて新しい犬を飼うとは!

知らない街・東京で頑張って働き、ずっと練を捜していた音。あの日、車で去ってしまったのは事情があったのでしょう。
小夏が慌ててたので、騙されたとかかも。
そんな会話もありました。

音と練の職場が酷い状況なのも辛い。
東京を知らないから、と意地悪な人が多いのかなあ。

切なかったのは、木穂子が弁償した分の感謝を告げたシーンです。
ホテルの喫茶店なのか、高いコーヒーでした。

「ここは俺が」と、言った練だったけど、お金が足りなくて。まさか、あんなに高いとは。

それを無言で、支払った木穂子は良い子だと思うのですけど。
寂しいからって、強引に練の家に住み込むのは。

朝陽は、「春寿の杜」を経営しているグループ企業の御曹司です。
でも、愛人の子供のようで父親を憎んでいる様子。

真面目な朝陽と知り、今後は交際する音なのかしら。
練は木穂子と交際してる関係、しばらくは2人の恋は叶わない予感です。

来週も楽しみ(*^^*)
予告では練にキスする音が♪




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」1話あらすじ

いつ恋、初回視聴率は11.6%!冬クール、日本のドラマが面白いです!

【予約】手嶌葵/明...

【予約】手嶌葵/明...
価格:1,296円(税込、送料別)



脚本 坂元裕二
主題歌 手嶌葵「明日への手紙」


1話

北海道で、育ての親・林田雅彦(柄本明)と、知恵(大谷直子)夫妻と暮らす杉原音(有村架純)。
子供の頃、母を亡くしていた。

雅彦は音を家政婦のように扱うが、明るく黙って耐える音。
寝たきりの知恵は、音の介護が必要な状況。

「諦める事」を教え込まれている音は、クリーニング店で働いていた。

2009年秋

東京の運送会社で、引っ越しの仕事をしている曽田練(高良健吾)。
福島で、祖父・健二(田中泯)に育てられた練は、人を疑う事を知らない。

騙された健二の畑を買い戻すため、上京した練は、先輩たちに見下されても、必死に働いていた。
給料も安く、貯金も出来ず、古いアパートで暮らす練。

練の恋人・日向木穂子(高畑充希)は、広告代理店勤務。
練が騙され、作ってしまった借金を助けている。
戸惑いながらも、木穂子を拒絶出来ない練。

特別、好きという感情はなさそうな練。木穂子には、申し訳ない気持ちで一緒にいる感じ。

ある日、悪友・中條晴太(坂口健太郎)が、北海道で拾ったバッグの中にあった、手紙を読んで驚く練。
実は置き引きしていたの。

晴太がバッグを盗んだ、と考える練。
「音へ」と、手紙は大切なもの・・と、感じて持ち主に返そうと決意する。

会社のトラックで北海道へ向かう練。
バッグにあったクリーニング店のカードを見て、「林田音」を捜す。

音を見つけ、バッグを返そうと事情を話す練だが・・

バッグを盗まれた音は、練が盗んだ犯人・・と、勘違いする。
「お金を返して・・」と言う音。

説明を聞いて、練が東京からバッグを返しに来た・・と、驚く音。
母親の手紙を「大事な物だから」と、返す練。
だが、捨てて・・と立ち去る音だった。

母親の手紙を渡さず、東京に帰るわけには行かない練。

建設途中で、工事が中止になったダムへ練を連れて行く音。

音は、雅彦が勝手に決めた、地元の名士・白井篤史(安田顕)との結婚が決まっていた。
里親の人が結婚を決め、音は断れない・・と、知る練。


「21の娘をやるのだから、ハワイくらい連れて行ってほしい」
お金持ちの白井に頼め、という雅彦の考えに納得出来ない音。

「おじさん・・私、好きじゃない人との結婚はしたくない。私、頑張るから。旅行に行けるように・・お願いです。このままこの家で、暮らさせてください」
雅彦に頭を下げる音。
「恩知らず!」と、怒る雅彦。

雅彦は意地悪なおじいさんなの!

突然、知恵の具合が悪くなり、練の車で病院につれていってもらう音。

トラックに、練と音が乗ってるのを目撃する白井。

病院の帰り。
練に初めて、ファミレスに連れて行ってもらい、大喜びの音。
練が女性と交際してるのを知り、質問攻めにする。

「なんで、わざわざ東京から手紙を返しに来た?」と、練に聞く音。
「おんなじだ。俺にも親はいねえ。俺にも、つっかえ棒がある・・」と、答える練。

練は音に同じ匂いを感じたのだと思う。

音が練と会ってたのを見て、怒る白井は雅彦に嫌みを言う。
「娘さん。股のしつけもした方が良かったんじゃ・・」

白井が怒ってる、と慌てる音・・。

帰宅すると、怒った雅彦が母の遺骨をトイレに流していた。
ショックを隠しつつ、雅彦に何も言えない音。

音はお墓がない為、母親の遺骨を部屋に置いていたのです。

音を不憫に思う知恵。
「逃げなさい。もう、あんたの好きなとこに行きなさい」と、音を抱きしめる知恵。

知恵が音を逃がしたくれたのです。

雨の中、逃げる音を見つけ、トラックに乗せる練。
「引っ越し屋さん・・」
「乗れっ!!!」と、手を差し出す練。

音は逃げてきた、と理解してる練。

トラックの中
「音・・私はあなたを残して死ねない・・大好きな音・・どうか幸せに・・」と、母の手紙を読む音。

東京
「友だちがいる居酒屋へ行き、しばらく泊めてもらう・・聞いて来る」と、練に言う音。
そんな音に、荷台の桃の缶詰を渡す練。

突然、小夏(森川葵)が現れ、驚く練。

戻って来た音は、練のトラックがない事に愕然とする。

「それきり・・その人と会うことはなかった」

バイト中の音を気に入る井吹朝陽(西島隆弘)。

「東京に来て1年・・引っ越し屋さん・・どこにいますか?・・2011年1月、私は東京に住んでます」

感想

練は小夏が来て、車を動かした様子。
何も知らず、音はそのまま練と会えなかったのでしょう。

小夏は練が好き、デザイナー希望で上京した子です。

練は人が良いと言うか、優しい性格なんでしょうね。クソ真面目で要領も悪い。
不器用で、純情なのです。
会社の先輩は、そんな練に仕事を押しつけてます。

練と出会った音は、すぐに真面目な人・・と感じるのだけど。
「諦めること」に慣れてる音だから、期待もしていない。

出会ったばかりの練と、ファミレスで話す音。これで、2人はお互いの事を知ります。

音が決められた結婚をするのを止めようとする練。
でも、白井との結婚を覚悟する音。
その後、音が逃げて来たので、東京に連れて行ったのです。

練の名前も知らず、「引っ越し屋さん」と、呼ぶ音。

このドラマに注目してるのは、「東京ラブストーリー」の脚本家・坂元裕二のオリジナルだから。
「それでも生きてゆく」「Mother」「最高の離婚」「Woman」など。
大好きな作品ばかりです♪

「白夜行」で、辛く哀しい人生を演じた高良健吾が主役というのもポイント高いです。
彼は「辛い」キャラが多いんですけど、明るい笑顔も見たくて。

主人公の音と練は貧しい生活、まあ普通の暮らしでしょうね。

井吹朝陽は、お金持ちで父親を憎んでるみたいです。
木穂子も、高級品に包まれ、華やかに生きてる女性。

ヒロインは5年間の間に、色々な人生経験をするのだと思います。

辛い人生でも、「恋をしている時は忘れられる」
この思いで、過去や現在の困難に苦しみながらも強く生きる若者たちのようです。

2010年秋から、2016年の春までを描く5年間のラブストーリー。
故郷を離れ、東京で苦しみながら必死で生きる6人の青春。

見てない方、フジテレビで見逃し配信しています。
タイトルが長いので、「いつ恋」と、ツイッターでは言ってますね。

月9なので、ラストは明るいハッピーエンドを期待しています(*^^*)




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事

謹賀新年

あけましておめでとうございます。



今年は昨年よりもドラマを選んでじっくり視聴する予定です。

沢山見ても、「コレ!」と、おすすめ出来るのが少ないと実感したからです^^;

これからも、マイペースでブログを続けたいと思っています。

2015年・私の韓ドラランキングはここをクリックしてください。


総合レビューはカテゴリか、レビュー済みドラマリスト(あいうえお順・ここをクリック)を見てくださいね。

いつも皆さんの応援に感謝しています。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
管理人 ルッカ

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
2016年01月01日 | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記
 | HOME | 

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌