スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ミセン 未生 16話あらすじ

Hey! Say! JUMPの中島裕翔君が出演で、「HOPE 期待ゼロの新入社員」が夏に放送されます。「ミセン」のリメイクです。
中島君は連ドラ単独初出演ですね。

内容は囲碁のプロへの道を諦めて、コネ入社の総合商社でインターンとして働き始める・・と、ぼぼ、同じストーリー。
たぶん、真面目なサラリーマン役なので評判も良いと思います。

ミセン -未生- DVD-BOX2
B012Z1PDSU


16話

パク課長のヨルダン中古車輸出の資料を見るオ課長。
協力業者の利益が大きすぎる、と感じる。

パク課長が選んだ業者の利益が高く設定されている。
疑問を感じ、グレとキム代理に内部調査を命じるオ課長。

一方、ソン代理は懲りず、ソンニュルに仕事を命じる。
だが、耐えられずに
「半休下さい。頭痛が酷くて・・」と、言いだすソンニュル。

こんな先輩の仕事、やってられないもの。

会社に残る決意のベッキ。

ヨンイに雑用を命じる上司を見て、苛立つハ代理は意見する。
「あいつは個人的にヨンイを使う気なのか」と、呆れる上司たち。

さすがに酷い雑用だったので、ヨンイには「仕事」を命じるハ代理でした。

グレに「オ課長に付くのか?社長か、専務の派閥しかない会社だ。誰につくのかよく考えろ。オ課長は両方から外れてる」と、告げるパク課長。
2人の会話を聞いてしまうベッキ。

グレを「オ課長の犬!」と呼んでいるパク課長。

パク課長の案件を、協力業者の取り分が大きすぎる、と部長に報告するオ課長。

オ課長にバレたのかもしれない・・と、不安になるパク課長よね。

ハ代理から、明日までに動かせ・・と命じられるヨンイ。

取り引き先に行くと、スト中で人はいない。
だが、指示を守るため、ヨンイがトラックを運転して、ソンニュルと一緒に運ぶ事に。

安全運転のヨンイに不安なソンニュルが面白かった。

グレと一緒に取り引き先へ行き、内部調査を始めるキム代理。
すでにパク課長がいて、対応に焦っていたのです。

オ課長たちも来て、誤魔化したパク課長たちだったけれど、グレがミスを指摘、不正がバレる。

感想

後半の緊張がドキドキでした。
これは見ないとわからないでしょうね。

誤魔化されたキム代理だったけど、グレがFAXに気が付いて不正が判明したのです。
ヨルダンにも韓国人がいたのか?って。

ヨンイは、「男なら運ばせる」と、言葉を聞いて、運ぼうと決意したのでしょう。

一応、電話の指示としてはストだったので「戻れ」です。
でも、ハ代理の指示通り、「明日までに」運ぶと決意したヨンイ。
これで、「女でも出来る」と、見せてやりたいですね。

日本の「ミセン」リメイクドラマ、これは見るつもりです。
内容が面白いので正直、誰が演じても評価されると思ってます。

韓国では、中井貴一、小泉今日子「最後から二番目の恋」がリメイクですね。
出演はチ・ジニです。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年04月30日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

ミセン 15話あらすじ

リアル過ぎてしんどい・・もうちょっと、夢のあるドラマがいいわ(^_^;)

15話

カン代理が出張中、急ぎの仕事で「君には出来ないのか?」と、聞かれるベッキ。
勝手にやればカン代理が嫌がる、と思うベッキは断る。

でも、その人はカン代理に直接、電話で事情を話したのです。
カン代理からの電話で、ベッキが代わりに仕事を担当する事に。

ベッキのシーンも良かった。やっと、仕事が出来るベッキというか。
やれば出来るベッキ・・と、これでカン代理もわかってくれるかと。
もう、ほんと親の気持ちです(^_^;)


仕事中、グレに「肩をもんでくれ」と、要求するパク課長。
断れず、パク課長の肩をもむグレ。

調子に乗ったパク課長は、足つぼも・・と言いだす。
グレがそばに行くと、パク課長に電話がかかってくる。

呆れてグレを呼び出すキム代理。
「嫌なことは嫌と言え!」と、グレに注意する。

会社に適応するのも大切だけれど、仕事と関係ない事で、奴隷のように従う必要はないわ。

グレを心配するキム代理。
「俺はお前の事がもっと、知れたら嬉しい」と言う。

このシーン、ウルウルして来たわ。
もっとキム代理やオ課長に頼ればいいのに。


ソン代理から、仕事を押しつけられ困惑するソンニュル。
「先輩の仕事までできません」と、言うが・・。
「新人は先輩の手伝いも出来ないのか」と、逆ギレされてしまう。

仕事中、雑用を命じられても文句が言えないヨンイ。
グレ、ソンニュルたちもヨンイを手伝う。

「蹴られっぱなしのボール」と、ぼやくソンニュル。
ヨンイに「強くなれ」と、言う。

「自分の流れを守る方が、相手に逆流になるんだ」と、言うグレ。

新人たち、先が見えません(T_T)
この会社は最低だわ!


カン代理の代わりに仕事をしたベッキ。しかし、理由なく保留にされてしまう。

ベッキを心配するオ課長は資料を見て、的確なアドバイスをする。

カン代理の言うように、基本がなっていない・・と気が付いたベッキだと思う。
そんなベッキは、会社を休んで他の会社の面接に行くつもり。

キム代理の、「どんな過去があったら、そこまで低姿勢になれるのか」と、言葉を思い出すグレ。
会社帰りにキム代理を家に誘う。
母の手料理を食べてもらい、幼い頃から囲碁のプロを目指してた過去を打ち明ける。

以前、就職した時は囲碁の勉強をしてた事を隠さなかった。
結果、好奇の目で見られ、軍隊へ逃げたと説明するグレ。

専務のコネで入社したとも話す。
そんなグレに、「改めてよろしく」と、手を差し出すキム代理。

カン代理とのやり取りを思いだし、悩んだ末、電話するベッキ。
「教えてください」と、素直に頼む。
ベッキに仕事を教えて、「また、明日・・」と、言うカン代理。

ここも何故か、泣けてしまうわ(; ;)
ベッキはカン代理の言う通り、基本も出来ていない。
それなのに、「僕が嫌いなんでしょう?」と、勘違いしていたベッキ。


パク課長がセクハラ発言したと知り、激怒するオ課長。
「サボりは目をつむるが、パワハラ、セクハラは許さない」と、告げる。

ヨンイは雑用ばかり命じられ、仕事をする暇はない。

感想

ヨンイも辛い!
この国ってこんな会社ばかりなんでしょうか。

ドラマになるくらいだから、真実なんでしょうね。
しかも、すごく人気あった作品のようで皆、共感したという事だと思います。

新人を人間とも思わないような先輩。そしてセクハラ、パワハラで見ていて不愉快になります。
でも、夢中で見てしまうので面白いって事なんでしょう(^_^;)

グレ、ヨンイ、ベッキ、ソンニュルたちのその後が気になり、最後まで見届けたいですね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
2016年04月24日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

ミセン 未生 14話あらすじ

仕事を覚えるよりも人間関係が複雑で大変ですね。

14話

体調の悪いオ課長を心配するグレは、父親が亡くなった事を思い出す。

オ課長は病院にいたのね。

オ課長を心配する部長は、ムン社長の契約が取れた事を喜ぶ。

営業3課に中東のエキスパート、パク課長が入ってくる。

真面目に仕事をしないパク課長の補充ならいらない、と部長に言うオ課長。
だが、すべてが合う人間などいない、と言われてしまう。

グレを、高卒、と見下すパク課長。

一方、ヨンイはハ代理からゴミ捨てを命じられる。

ベッキはたまらず、ヨンイの代わりにゴミを捨てる。
けれど、
「私に構わないで。あなたはあなたのやり方で・・心を閉じた人に思いを伝える方法を、学校では教わらなかった」
これが私のやり方、お互いに干渉するのはやめましょう、と言うヨンイ。

ヨンイに、会社を辞める・・と告げるベッキ。

カン代理が出張中、オ課長が代わりに鉄鋼課の電話に出る。
オ課長から仕事を命じられるベッキ。

ちゃんと、ベッキに仕事を与えて「ご苦労さん」と、言ってくれるオ課長なのだわ。
これで会社に残るベッキかも。


仕事中、サウナでサボってたパク課長を指摘するオ課長。

仕事のサポートにグレを指名、高卒じゃ無理か?と言いだすパク課長。

パク課長は元は仕事の出来る人。
でも、問題もあるようでオ課長はそれも含め、「今は仲間」と、認めているの。


グレに、「黙って我慢するのはお前の専売特許だろう」と、言うオ課長。

つまり、今は我慢してパク課長のサポートに徹しろって事でしょうね。

キム代理はパク課長が、グレを侮辱してるのが気に入らない。

オ課長もだけど、キム代理もすごく優しいのです。
一生懸命なグレを認め、仕事を教えて励ますオ課長とキム代理。

帰宅後、自分の囲碁ノートを見るグレ。
「危険に飛び込むだけが勇気ではない。自分の流れを守る姿勢こそが、最高の防御となり、攻撃になるのだ」
囲碁で学んだ事を、仕事でも生かすグレ。

ベッキに、パク課長の事を聞くグレ。
「聞き流した方がいい」と、助言するベッキ。
グレにどんな態度を取るパク課長か、想像出来るベッキ。

パク課長はグレに、「難しいことは教えるつもりはない・・」と、言いながら基本用語の質問をする。
けれど、基本用語はすべて暗記していたグレに驚く。

感想

オ課長とキム代理は良い人なので、グレは恵まれてる方ですね。

でも、新人仲間のヨンイとベッキは辛い状況です。
今後、この2人も認めてもらえるのかしら。

親のような気持ちで新人たちを見てしまいます^^;

問題ありのパク課長が、これからグレとどう絡むのか。

ベッキは会社を辞めないでしょう。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
2016年04月16日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

ミセン 未生 13話あらすじ

先輩と後輩、話し合うことも大切ですよね。

キャスト
イム・シワン、イ・ソンミン、カン・ソラ、ピョン・ヨハン、カン・ハヌル

13話

ヨンイが頑張った仕事が承認され、苛立つハ代理。
新人が承認なんて取れるわけない!と、見下していたハ代理だから、悔しいのよ。

ヨンイに案件を「辞退しろ」と、命じるハ代理。
一緒に仕事したくない、と理由だけで。酷い男だわ!

一方、カン代理から、資料の誤字チェックを命じられ、僕が嫌いですか?と、呆れるベッキ。
グレはまともな仕事をしている、と指摘する。

転職・・・と、考えがチラつくベッキ。

疲れたキム代理を見て、人材補充を真剣に考えるオ課長。
ムン社長の接待をする!と、決意。
グレ、ソンニュル、ヨンイも一緒に作戦を練る。

ムン社長の接待で、お酒だけで終われば契約は取れない。
お酒を飲まず、飲んだフリで相手を酔わせる作戦。

「果たして課長は信念を貫けるだろうか・・」と、心配するグレ。

しかし・・計画通りにいかない。
ムン社長が酒豪だったため、まともに飲んで、必死にサインをもらおうとするオ課長たち。

泥酔したオ課長、グレ、キム代理の3人は、ムン社長をホテルに送る。

翌朝、ホテルで目覚めたムン社長は相手の女性が妻・・と愕然とする。

接待の日が結婚記念日と知り、ムン社長の奥さんに事情を説明したオ課長だった。

ムン社長は妻と知らず、結婚記念日に奥さんと寝たのだわ。

オ課長は契約より、信念を選択したと感じるグレ。
でも、オ課長は部長に怒られてしまう。

ヨンイが指示に従わず、案件の資料を見ているので怒るハ代理。
「それなら、お前1人でやれ」と、怒鳴る。

目撃したベッキは、「君は悪くない。強くなれ・・」とヨンイを励ます。

ハ代理に、「指示に従い、案件から外れます。その代わりに雑用を・・」と、言うヨンイ。
賢いヨンイに雑用ばかりさせるハ代理なの。

ベッキに、「去る者は追わない」と、告げるカン代理。
基本的な事は教えた、と言われ呆れるベッキ。
「基本的な事はすでに教わってます。僕を嫌ってるのでしょう?」と、言う。

あれが基本的とは思えないわ。感情的になるのもダメだけど・・。

誤字チェック、事務作業にウンザリしているベッキに、読むべき資料も読んでいない、と指摘するカン代理。

退社するベッキは、ヨンイに言う。
「君は君のやり方をみつけ、僕は僕のやり方を見つける」

感想

オ課長は凄く疲れてますね。
病気かと思ったけど、予告ではそんなシーンもなかったので大丈夫なのかも。
あれじゃ、過労で倒れてもおかしくないわ。

ベッキも本当に辛いですね。
カン代理の思いを理解出来ず、「早く活躍したい」と、気持ちで焦っています。
このままじゃ、会社を辞めるベッキだと思います。

ヨンイも悔しい所です。
彼女が頑張ったので、今まで承認されなかった案件が認められた。
でも、ヨンイの実力を認めたくないハ代理は外れろ、と命じた。

会社で仕事を続けたいヨンイとしては、ここは上司の言いなりになるしかないでしょう。

ムン社長の件、オ課長の作戦が成功したのは面白かったわ。
こうしてグレは成長していくのでしょう。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
2016年04月10日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

ミセン 未生 12話あらすじ

信念を持つオ課長の苦悩を知るグレ。

キャスト
イム・シワン、イ・ソンミン、カン・ソラ、ピョン・ヨハン、カン・ハヌル

12話

今度こそ!と、中国の案件を成功させたいオ課長。

自分の部下ではないが、ヨンイが苦労してるのを知っているオ課長は気遣う。

中国の案件が行き詰まっていると知り、オ課長を心配するヨンイ。

昇進を狙うコ課長は苛立ち、社内でぴりぴりした空気が流れる。

部長の心変わりに呆れながらも、逆らえない社員たち。
案件もコロコロ変わってしまうのだわ。

部長から、会席に呼ばれて行くオ課長、グレたち。
コ課長たちと同席するも突然、来た専務の一言で案件は振り出しに戻る。

横から来た専務が案件を取り上げ、自分たちのものに。
苦労して資料集めたオ課長たちを見て、慰めの言葉もないグレ。

部長から、中東向け電話を推し進められるオ課長。

取引先のムン社長は、契約するときに女性の夜の接待を要求する。
子供を持つ親として、やりたくない仕事・・と抵抗するオ課長。
だが、成功すれば人材を補充してくれる。

オ課長が、部長を諦めさせる・・と言いだし、状況が把握出来ないグレ。

グレに、オ課長の信念・・女性の人権を守る・・と、いう思いを説明するキム代理。

「会社員に信念は必要ない。命令を聞くだけだ」と、言うキム代理。
会社には、夜の接待を含む、すべてのサービスに対応する、という女性社長までやってくる。

こんな会社、違法なのに来るわけ?

苦悩するオ課長に、酔わせてハンコを押させる、と提案するベッキ。

感想

会社に夜の接待を含むサービス業が来るとは。
それだけ当たり前の事であり、仕事としても成り立つ、って意味でしょうね。
この流れには驚きました。

オ課長はそんな事をさせたくない!と、思うのですが。
部長は契約するためには、相手の望み通りにする・・と考えなのです。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
2016年04月02日 | Trackback(0) | 未生 ミセン
 | HOME | 

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。