根の深い木 11話あらすじ

民を思う世宗を信頼してくれるでしょう。

出演 ハン・ソッキュ、ソン・ジュンギ、チャン・ヒョク、ユン・ジェムン


11話

「次の指示を待て。イ・シンジョク。」と言うカリオン。

チョンリュン岩
自分との義理を守り抜いた・・と、カリオンを呼び出しお酒を勧める世宗。肉と酒で、チョン・ドジョンを弔う。

白丁カリオンがチョン・ギジュンと知り、驚くシム・ジョンス。

「当時、密本員たちが忠誠を誓った相手は、チョン・ドジョンであり、22歳の若造ではなかった。」
その後、本元は成均館とパン村を拠点に、密本を再建した。

チョンリュン岩での儀式、三峰先生を弔う風習を行い、24年間、足固めをしたと説明するトダム宅。

チェユンに感謝するソイ。
「殿下の大儀のために、あなたの全人生を捧げる必要はありません。・・眠りたいし、解放されたいのなら、すべての荷を下ろして眠ったらいい・・そうしてこそ、解放され、生きられます。」と、言うチェユン。

自分は荷を下ろすのに失敗したから、若いソイには、殿下ごときに人生を捧げて欲しくないと言うチェユン。

「殿下と彼が、夢見る世の中を信じています・・それが私を解放してくれます。」と、ソイ。

カリオン(チョン・ギジュン)に挨拶するシム・ジョンス。

トルボクと名乗る男がチェユンに会いに来るが、ピョンに殺害される。
イ・バンジの使いで来た様子。

男が殺され、師匠かそれ以上の腕。「見たこともきいたこともない殺法・・」と、考えるチェユン。

マルセンから、密本にはチョン・ドジョンの護衛武士がいて戊寅靖社の夜、ドジョンを守らず、密本之書を持ち去り、消えたことを聞くチェユン。

イ・バンジが、チョン・ドジョンの護衛だった。

朝鮮一の剣豪であり、密本之書を持ち去ったと驚く。
密本之書は、チョン・ドジョンの遺志が書かれた文書と知るチェユン。

世宗の指示で、カリオンが宮殿で遺体解剖をする。喉と口を解剖、記録する。学ぶ・・と、立ち会う世宗。

気道、食道を調べ喉音の出る場所・・と、考える世宗。目的がわかれば詳しく説明をする・・と、言うカリオン。

ソイを呼び、自分のせいで父を亡くし、失語症になったので、言葉を取り戻したいと言う世宗。
声が出る原理を研究している。

「カリオンは信じたでしょうか?」と、世宗に聞くソイ。
「彼に伝えた話・・あれもすべて本心だ。」と、言う世宗。

「ソイが鍵」と、世宗の計画は極秘で重大な事と考えるカリオン。

イ・スンジたちは世宗に、発声器官を見るため解剖とは残忍、理解出来ないと意見する。
「理解出来なくても、信頼出来るはずだ。」と、言う世宗。
ソイが説明すべき・・と、言う。

カリオン(チョン・ギジュン)は、チョンリュン岩に仲間を集める。

「朝鮮を建国された三峰、チョン・ドジョン先生が盗賊、イ・バンウォンにより、非業の死を遂げてから48年。あの方が残された密本は、より強固な根を張った。それをこの場で確認でき、嬉しい限りです。」と、言う。

「先生の志を受け継いだ儒者たちがいるかぎり、朝鮮には希望がある。朝鮮は王の国ではなく、儒者の国だと宣言します。
三峰先生が建てた朝鮮の根幹でもある・・・宰相総裁制を守るため・・すべての力を1点に集めます。まずは・・集賢殿の撤廃から着手します。」と言うカリオン(チョン・ギジュン)。

集賢殿の研究結果の方が、臣下の進言よりも重視され、その上に国王イ・ドがいると。

同意するイ・シンジョクは、先生の遺書の密本之書を読んで欲しい・・と、言う。

暗記している言葉を告げる。
「”王は単に朝鮮の華やかな象徴でしかない。朝鮮の根は宰相なのだ。朝鮮の根となり、密本となり朝鮮を守れ。」と、言う。
納得する仲間たち。

「なぜ、実物を出さぬのだ。密本之書はないのか。」と、考えるイ・シンジョク。

宮殿
我々の文字は、自然発生的ではなく人為的と言う世宗。

「成り立ちの違いこそが、致命的な欠点なのだ。私が音に忠実な文字を作ろうとしたわけは?・・音は自然であり、音を出す原理も自然の理だからだ。」と、言う世宗。

作った文字を民に使って欲しい。広めて欲しいと・・と言う世宗。その思いは間違いなのか・・と、苦悩する。

4日後に密本之書を見せてくれ・・と、言うヘガン。大儀は紙きれでなく志と言うカリオン。

世宗は名君だが、朝鮮は破壊寸前。
集賢殿の元、イ・ドは根本から体系を変え、秘密裏に勧めてる計画さえ知らないと言う。
「それでも、密本之書が大儀だと?」と、言うカリオン。

「やはり、密本之書は必要なのか・・」と、1人考えるカリオン。

きんちゃく袋の絵を見て驚くソイ。

続く・・

カリオンがチョン・ギジュンとわかり、どちらで書いていくか悩みます。取りあえず、このままでいきます。

密本之書は、チェユンが持ってるので、うまく誤魔化した感じでした。

世宗は自分のせいで父親を亡くし、失語症になったソイに言葉を取り戻したい・・気持ち。
遺体解剖を指示した世宗の本心が何なのか・・考えるカリオン。

チェユンは師匠イ・バンジが、密本之書を奪い消えた事を知りました。
その本が自分にまわってきた事より、復讐に燃えてるようです。

→ 原作小説 【送料無料】景福宮の秘密コード(下)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年04月22日 | Trackback(0) | 根の深い木

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌