イ・ソジン 階伯(ケベク)最終回(36話)あらすじ

黄山伐(ファンサンボル)の戦いは印象的でした。百済の義慈王とチャングンの想いは・・

出演 イ・ソジン、チョ・ジェヒョン、ソン・ジヒョ、チェ・ジョンファン

全36話あらすじはここをクリックして下さい。

ケベク公式ガイドブックケベク公式ガイドブック
著訳編者表示なし

TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング) 2012-05-29
売り上げランキング : 140338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最終話(36話)

唐の水軍は13万、百済は私兵合わせて6万以下・・と言う大臣たち。

キム・ユシンの軍勢が、南川停に集まると報告が来る。
「新羅と唐、敵の合流を防ぐのが勝負の分かれ道・・」と、言うケベク。

「唐軍が海を渡ってくるのか・・半信半疑だったが現実になった。我が国、最大の危機だ。だが百済は必ず、克服出来る。」と、言うウィジャ。

新羅軍陣営
キム・ユシンに「必ず、サビ城を落とし、娘の仇を討ってほしい。」と、言うキム・チュンチュ。

貴族たちは、私兵を出さず逃亡と知るウィジャ。
方軍は大部分が、貴族の私兵で構成されてるので崩壊状態。驚愕のウィジャ。

落胆することはない。貴族は敗北を予想して逃亡・・と。「我々が勇敢に立ち向かえば、考えを変える。」と言うケベク。

編成を変えて、3千の兵で5万の新羅軍と戦う・・?と聞かれ、志願兵もいるから食い止めると言うケベク。

出陣の準備が整い、ウィジャと話すケベク。

「ケベクよ。思えばみんな、天からの贈り物だったな。フンス、ソンチュン・・お前も。しかし、お前を突き放したのもこの私だ。そして今・・その代価を払ってる。」と、言うウィジャ。

「まだ、遅くありません。臣下と民が敵を撃退します。陛下は君主でいてください。」と、言うケベク。

「弟よ、生きて帰ってくるのだ。生きて帰り、夢を実現させよう。」と、ケベクの手を握るウィジャ。
「必ず、戻ります・・」と、言うケベク。

やっと、義兄弟に戻った2人。

「唐軍は13万・・俺たちは死にに行くも同然だ。我々は死んでもいいということですか?」と、話す兵士たち。
「我々は必ず、勝つ!」

兵士の士気が落ちてるから、一緒に逃げようとヨンス、テスに言うトッケ。

ウンゴに会いに来るケベク。
「陛下の罪は決して許されません。しかし、この危機を乗り越えたら・・この国の民に陛下を許すよう頼んでみます。」と、言うケベク。

「私の願いはひとつ・・これ以上、私のような女が現れないことです・・・将軍のせいで苦しみ・・将軍のおかげで幸せでした・・どうか、武運を祈ります。」と、言うウンゴ。

多勢に無勢・・兵士の士気が下がってるのを感じるケベク。

「よく聞け。私は決して、お前たちを死なせるために戦うのではない。勇敢な百済の戦士が、5万の新羅軍など恐れてなるものか。いざ行くのだ。この階伯はお前たちと共にある。」と、言うケベク。
それでも、士気が上がらない。

家に戻ると、チョヨンが座っている。

「将軍、私はここで戦死しました。私を殺してお出かけください。将軍が率いる5千の兵士は・・敗残兵といっても過言ではありません・・・これでは百戦百敗。
背水の陣を敷くのです。将軍が私を切り、帰る所はないと示してください。兵士の士気を高めるにはそれしかありません。」と、言うチョヨン。

出来ないと言うケベクに、「本当に勝てると考えてるのですか・・」と、聞くチョヨン。

「私は死ぬのではない。永遠に生きるのです・・いつだって将軍の心にいられますから・・心を鬼にしてください。私を切らなければ、百済軍は全滅し、民は陵辱を受けます・・」

「やめるのだ・・」と、言うケベク。

「結局、自決させるのですか・・先に逝って待ってます・・幸せでした。私の愛・・私の主君・・」と、言うチョヨン。
呆然と屋敷から出て来るケベク。

「将軍が・・夫人と息子を手にかけました。」と、伝えるヨンスたち。
家族を殺した・・と、驚く兵士たち。
「将軍は戦場から帰らないつもりだ。」

まさか、チョヨンと子供を殺すなんて。これで兵士の士気は高くなる。帰るつもりはないケベク。

キム・ユシン率いる新羅軍は5万だが、唐との合流を防ぐことが目的と言うケベク。

ケベク率いる百済軍は5千の兵で、サビへの道を封鎖していると、報告を受けるキム・ユシン。

老兵に声をかけ、錆びた剣では復讐できない・・と、剣を与えるケベク。
息子と妻を戦で亡くしている老人。

ケベクの兵は5千。新羅のキム・ユシンは5万。

キム・ユシンの新羅軍と対峙するケベク。百済軍の攻撃に退却する新羅軍。

「キム・ユシン!新羅の武将だと思っていたが、唐を引き入れるとは恥ずかしくないのか。このケベクと、百済の戦士たちの剣にひれ伏すことになる。」と、言うケベク。

「どんな手を使ってでも、ケベクを倒す!」と、言うキム・ユシン。

義直将軍は亡くなった事を知るケベク。

「百済を守れるのは・・我々だけだ。民に希望を与えられるのは我々だけだ。」と言うケベク。
援軍を待っているが来ない。

「我々が、百済再興の礎とならねばならぬ。」と、ヨンス、テスに言うケベク。

民は将軍を「お守り」と、言っている。だから、死なないと。
「皆、生きて帰さなければ・・家に帰さなければ・・」と、言うケベク。

新羅軍陣営
1万2千の死者を出し、2日間で1歩も前に進めていない。

キム・ユシンに文句を言う太子。
「蘇定方が陛下を脅迫しています。約束の日に遅れたら、新羅の領地も唐が接収すると・・」と、言う金法敏。

「階伯に比べたら、蘇定方など与しやすい。」と、怒鳴るキム・ユシン。

対峙するケベクとキム・ユシン。
「ケベクは百済の魂だ。蘇定方に会うため、ケベクを避ければキム・ユシンは世界の笑い者だ。正面突破だ。」

花郎が1人、百済軍に向かいケベクと戦う。
「若い花郎を死なせるとは・・キム・ユシン、お前は負けたも同然だ。」と、言うケベク。

「一理ある言葉だ。しかし、戦闘で負けても、戦争では勝たねばならぬ。」と、言うキム・ユシン。

援軍が動いたと、報告を受けるケベク。
志願兵も殺到していると知り、「援軍が来るぞ!」と、兵士に告げる。

新羅軍の兵士が1人来る・・「殺すな・・」と、言うケベク。老兵が復讐と言って殺してしまう。

これがきっかけで全面戦争になった様子。すでにボロボロの百済軍。

剣を抜き、兵士たちに
「百済の戦士たちよ・・そなたたちを誇らしく思う。このファンサンボルで、十倍の新羅軍と戦い、4度はね返した。偉大な百済の戦士たちよ・・・その勇気と忠誠心には頭が下がる。
このケベク、改めて・・そなたたちに命ずる・・・死ぬな。生きて帰れ・・今日だけは・・・王や私のために戦ってはいけない。故郷に帰るために・・百済の兵士たちよ。生き残れ!」と命令するケベク。

「ケベク将軍、万歳」と、叫ぶ兵士たち。

「百済の兵士たちよ。進軍せよ。」と、叫ぶケベク。

自害するウンゴ。

新羅軍と戦う百済軍。ヨンス、テスも殺される。

ケベク・・死す。

---------完---------

終わっちゃいました。
視聴後、すぐの感想と数日後の感想はいつも違うものです。

今、感じるのは最後にケベクを迎えに来てくれたのがチョヨン、子供たちであり幸せそうな顔でした。命が終わる時、チョヨンたちを感じた将軍でしょう。
あの瞬間をどう書けば・・・と、悩みました。

キム・ユシンの前で息絶えるケベク将軍でした。
百済の滅亡はケベクの死で決まったのでしょう。これはドラマですけど、実際はどうだったのかと気になるラストでもありました。
歴史ものは見始めると面白いです。
後半、ウィジャの嫉妬、ウンゴの欲などで百済の終わりを感じてました。

ウィジャの最後、あれも孤独なシーンで終わりまあ、納得ですね。ケベクのストーリーだから、ウィジャをあれ以上、描く必要はないです。
キム・ユシン率いる新羅も、あれで十分です。

この最終話は最後の戦闘、変更出来ないラストなので想像はしてました。戦争はいやですね。悲しいです。人が人をなんて。
前半のムジン、沙宅がいた頃を忘れてしまいそうな後半でした。

考えたのは、沙宅があのまま復活、もしくは他の誰か女性が悪者になると、「善徳女王」を意識してるようなドラマになりそう・・と。
それでは面白くありません。

ウンゴの思いは女性らしく保身に走り、国を裏切る。
呆れるけれど、あの時代の女性として、仕方ない生き方なのかな・・とも。裏切りは良くないけれど。

時代モノは今まで多数、視聴しましたが1話ずつ丁寧に書いたドラマです。

「イサン」「成均館スキャンダル」「善徳女王」「朱蒙」「海神」「快刀ホンギルドン」「風の国」「ファンジニ」「太王四神記」「ソドンヨ」「ホジュン」「商道」「チェオクの剣」「チャングムの誓い」などを視聴。
かなり、感情移入出来た作品です。

チャングン、敗北は本当に残念です。援軍も来ているとあったのに。
新羅だけでなく唐軍まで攻めて来てるので・・多勢に無勢は辛いです。

ラストは、誰もが知ってるはずのこの作品を選んだイ・ソジン氏、あっぱれな感じです。朱蒙とは逆ですよね。
背水の陣で男らしい将軍でした。
でも、戦いのシーン、馬が可哀想でした。

評価は☆3個です。
基本的に忠誠ものは好きなのです。ただ、ウィジャのキャラがあまり好きではありません。それが評価に繋がっています。好みですね。
まあ、優秀な王だけではないのである意味、人間らしい王だったのかなとも。

最後まで拙い文を読んで下さった方たち、応援もありがとうございました。

2012/11
現在、「五本の指」「ファントム(幽霊)」「アラン使道伝」「キング〜Two Hearts」「赤道の男」「棚ぼたのあなた」「光と影」を書いています。

本宅ブログ・韓ドラの奇跡では「フルハウスTAKE2」「千日の約束」「恋せよシングルママ」です。

時代モノでは、「太陽を抱く月」「屋根裏部屋の皇太子」「根深い木」「王女の男」「イニョン王妃の男」を終えてます。カテゴリを見てください。

今後、「シンドローム」「アイドゥ・アイドゥ 素敵な靴は恋のはじまり」「ファッション王」「神々の晩餐 シアワセのレシピ」「結婚の裏ワザ 」「メイクイーン」「優しい男」を予定してます
また、遊びに来てくださいね。

本宅ブログ・韓ドラの奇跡もよろしくお願いします。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございました…
…毎度のことですが本当に、「階伯」は最終話を試聴し終わると、暫くは気持ちを持って行かれたままになるので、大変です…v-12。でも、今回は、ルッカさんのご厚意で、ツイで“あらすじ”に便乗してマンガをアップ出来ましたので、大変楽しかったです~!!本当にお疲れ様でした…そしてありがとう御座いました…今後は「根の深い木」を楽しみにしておりますv-238!!「階伯」はBSフジでも視聴を続けていきます~では、頑張って下さい~v-10
kabukimon URL 2012年04月28日 21:06:24 編集
kabukimonさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。
私も今回、ツイッターお話出来て楽しかったです。

時代劇を書くのは時間がかかるので大変なんですけれど、喜んでくださる方がいて書いた甲斐もあります。
沢山の人に見て欲しいドラマですね。
BS放送できっと、人気も出るでしょう。

「根の深い木」も面白くなっています。
キム・ジフン「ミヘギョル」も視聴します。
これからも、よろしくお願いします^^
ルッカ URL 2012年04月29日 19:41:52 編集
馬がかわいそう‥同感です。このドラマに限らず、韓国ドラマ、中国ドリマは 扱いが雑かなぁと!
それが原因で 見たくなくなる事があります。内容はいいのに‥
ほし URL 2012年10月02日 22:49:36 編集
ほしさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。

動物たちが可哀想だと想うこと、よくあります。
本当にそう想いますよね。中国ドラマも扱いが激しいと想ってます。
リアルなシーンを求めたい気持ちも理解出来ますけれど、辛いです。
ルッカ URL 2012年10月03日 14:58:26 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2012年11月07日 01:09:09 編集
No title
ほんとうすばらしい記事です

うんごの自決は当然かも

栄華のはて 欲望の果ての
末路 
人間の罪と罰を天は見逃さない
ウイジャもしかり
ケベクについては歴史的資料はないものの
チョヨンの設定とか
人生の明暗 仁 とか
たくみに描いてある
根の深い木も見ました
asayama55 URL 2012年11月07日 12:08:56 編集
asayama55さんへ
初めまして。
コメントありがとうございます。

キム・ユシンなどは覚えていたのですが、ケべクの存在は知りませんでした。
今、読むと視聴当時はハマって楽しんでいたのを思い出します。
歴史ものは面白いですよね。
良かったらまた、遊びに来てください。
ルッカ URL 2012年11月12日 18:53:19 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌