根の深い木 13話あらすじ

タムとトルボク、感動の再会シーンがステキでした。世宗も大儀のために・・

出演 ハン・ソッキュ、ソン・ジュンギ、チャン・ヒョク、ユン・ジェムン


13話

チェユンがトルボクとわかり、驚くソイ。ソイがタム・・と、再会する2人。

「なぜ、話せない?」と、聞くチェユン。
子供の頃、目の前で人が殺された衝撃と思うがソイが「あなたのせいよ。」と、指を差す。

「読めないくせに!お前のせいだ!」と、トルボクに責められ、申し訳ない気持ちでいたソイ。
俺のせいで・・と、驚くチェユン。

世宗はチェユンが行方不明、継言山の意味を解いた・・ミョンウム山にいると報告を受ける。

ソイが逃げたと知り、ピョンに探す命令を出すカリオン(チョン・ギジュン)

ピョンがソイを人質にして、チェユンに密本之書を要求してくる。きんちゃくを落としてチェユンと戦う。

言葉を話せないソイだが、目つぶしで目が見えなくなったチェユンに、「上、右!」と、声を出して危険を知らせるソイ。

ムヒュルが駆けつけ、逃走するピョン。世宗も来る。

「どうするべきか・・」と、言い訳を考えるチェユン。
ソイの声が出ると知り、「結局、心の病か・・」と、思う世宗。

チェユンに「父の件は本当に申し訳ない事をした。誰かが許してくれても、忘れることは出来ない。そなたの人生、父を失い私を暗殺することだけだったろう。だが、今はソイ、いや・・タムがいる。お前は新しい人生をタムと生きるのだ。お前はタムを得て、私はソイを失う。遠くへ行って生きろ・・」と、言う世宗。

ソイに「幸せになれ。これも君命だ。」と、言う世宗。

「イ・ドは俺をトルボクと知っていた・・」と、驚くチェユン。ソイと去るチェユン。

(回想)
流行り病で村人たちが大勢、死んでしまう。
病気の注意事項を張り紙させる世宗だが、字が読めない村人には、意味がないとわかる世宗。

朝、起きてから夜まで働き、勉強する時間もないと言う村人。

「私は寝る時間も惜しんで文字の勉強をした。字が読めないことを自慢するのか。」と、怒る世宗。

激怒する世宗に「助けてください。」とすがる村人。
「なぜ、いつも "助けてくれ” とすがるのだ。」と、情けなく思う世宗。

病気の薬や、注意事項を書いても字が読めない・・と、衝撃の世宗。

固く心閉ざすソイに胸を痛め、苛つく世宗。
「そなたらを救うための密旨が入れ替わったのだ。殺すつもりなどなかった。」と、言う。

許しを請い、事情を説明しても理解してくれない・・と。
「人生を棒に振るのも私の責任なのか。子供のようにだだをこねてる!」という世宗。

「子供なら、育てるべきです。」と、文字で書くソイ。

「文字を作ろうと思う。頭が弱いものでも覚えられる文字。簡単な文字・・どう思う?」と、ソイに言う世宗。
世宗の意見に賛成するソイ。

ソイの素晴らしい記憶力で、文字作りは進む。
(回想・終)

カリオン(チョン・ギジュン)が、約束の時間に密本之書を持って来なければ、殺す計画のイ・シンジョク。

ヘガン、イ・シンジョクらに
「三峰先生の意志に賛同して密本になったはず・・。今も同じなのか・・それを確認したい。」と、言うカリオン。

「密本之書はないのだな・・」と、考えるイ・シンジョクは公開を求める。

「貴様らが、三峰先生に忠誠を誓った盟約だ!密本?大儀?貴様らの大儀は・・自らの手で、署名したこの連判状なのだろう?・・逆賊にされぬよう・・歴史にどう名を残すか・・貴様らの虚名と安泰が三峰先生の志より、重要なのだろう?」と、密本之書を見せるカリオン。

イ・シンジョクに、「集賢殿を世宗に作らせ、今の政事を放置した・・今の世宗を作ったのはお前だ!」と、怒鳴るカリオン。

「貴様らの意志に関係なく・・署名したのだから従ってもらう。」と、言うカリオン(チョン・ギジュン)

ソイを失い、文字作りを始めから・・と、言う世宗。

カン・チェユンがトルボク・・と、驚くカリオン。

小屋で生活を始めるソイとチェユン。

ソイとの将来を夢見るチェユンだが、世宗との文字作りを思いだし、宮殿に帰ると言い出すソイ。

「殿下の大儀よ。私の大儀でもある。あなたも来て。」と、言うソイ。

「簡単な文字を作るの。任務よ。殿下は名君よ。それに・・あの日のことは誤解なの。」と、言うソイ。

「名君・・?俺の嫌いな言葉だ。例え、誤解だとして・・俺が王を許しても、君は俺の側で考えるべきだ。卑しい民なのだから・・・利用されてるだけだぞ。世の中はみんな名君と言うが・・俺の父さんが可哀想だ。」と、言うチェユン。

「あなたが、あなたの人生を、王の暗殺に懸けたように私は文字作りに懸けたの。それが死んだ父さんと・・私が死なせたあなたの父親と、死んだと思っていたあなたに対する罪滅ぼしだから・・」と、言うソイ。

王の暗殺だけを考え、生きてきたチェユン。

宮殿に戻るソイに驚く世宗。
「もう1人の審査官も来ます。」と、言うソイ。

「じっと耐えて待ち、説得すると言った以上・・実行しろということだ。決着をつけろとな・・」と、チェユンを待つ世宗。

宮殿に侵入、世宗の部屋に来るチェユン。

続く・・

チェユンを説得する気の世宗でしょうね。
ソイも文字作りを本気で考え、完成を願っています。

子供の時、文字が読めたらチェユンの父が死ぬことはなかったかもしれません。

その思いもあり、簡単な文字を民に広めたい・・と、世宗の考えに賛成しているソイだと思います。
その思いを、チェユンも理解してくれる時期でしょう。

カリオンがチョン・ギジュンです。名前は途中で変更しません。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年04月29日 | Trackback(0) | 根の深い木

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌