ミヘギョル 知られざる朝鮮王朝 1-2話あらすじ

朝鮮時代に巨大なUFOが現れる?韓国版Xファイルだそうです。400年間封印されていた朝鮮王朝の秘密。

出演
キム・ヒョンド (キム・ジフン)司憲府 監察
ホ・ユニ    (イム・ジョンウン)
チスン     (キム・ガプス)左副承旨
チャンマン   (チョ・ヒボン)使令

CJ E&M  2010年 全12話
演出  キム・ホンドン、カン・ギョンフン
脚本  キム・ナム、キム・ジョンヒ他5名





1話「謎の光」(上)

「光海君が即位した1609年、説明出来ない怪奇な自然現象が頻発した。」

1609年8月25日
カン・サンピルは「神衆経」を読み解き、霊能力を得たと言う。そんな自分を殺せば、「天の国から神が君臨する」と、命乞いする。

監査室の記録。
「よく晴れた江陵の空に、奇怪な物体が音を出しながら現れました。器を2枚、あわせたような・・薄い円形の物体です。
北方へ飛んで行きましたが、墜落しそうな飛び方でした。地面に近づくと、物体は大きくなり強い光を放ちました。物体が通り過ぎた所は、雲のような白い痕跡が残りました。」

朝廷は信じない。
危険と止めるが、王に報告する監察使。嘘の報告をしたと、拷問にかけられてしまう。
一緒にいた役人も、そんなものは見ていないと証言。

司憲府・監察のキム・ヒョンドに罷免させるように促す。報告は嘘だったと、認めさせるのがヒョンドの役目。

日本にも、同じような物体が浮いていたと報告もある。
監察使はヒョンドの師匠。「この件は手を引け。関わるな」と言う。

チャン使令と一緒に、江原に行くヒョンド。監察使が見たのは、流れ星と雷だろうといわれる。

脱走した死刑囚(破壊男)から、銀色の物体が人々を連れ去る・・と話を聞くヒョンド。

立ち入り禁止の監察使の家に行く。
日記を読み、「流れ星ではない。日本や明でも目撃されてる。”村が消えた”・・」と、読むヒョンド。

破壊男の家に行く。
廃村へ行き、ここが消えた村と知る。一瞬にして、人々が消えたことを確信するヒョンド。

突然、現れる火の玉のような銀色の玉を見ると、時間が戻ることがわかる。

胸の一部が焦げた動物の死体を見つける。

2話

「謎の光」(下)

謎の男に、「これ以上、立ち入るな」と、脅されるヒョンド。

役人に捕まり、師匠の監察使が謀反を認めたと、知るヒョンドは「すべて忘れろ。」と、逃がしてもらう。

「すべてを知りながら、監察使様に謀反の罪を着せた!なぜ、隠してる。必ず暴く!」と言うヒョンド。

消えた村に戻り、唯一の生き残りの村人と出会うヒョンド。光る青い玉に襲われ、男は死んでしまう。

男の遺体を運ぶ謎の集団。

謎の物体を目撃するヒョンド。

都のファン都事へ送った「監察使の報告は事実だった」と、書状は託すが破かれてしまう。

事実だと、目撃者のチャン使令を呼ぶが、「何も見ていません。」と、嘘を言われてしまう。

チスン左副承旨が来るも、何も見ていない。ヒョンドも見た事がないと言う。
「これ以上、立ち入るな」と、言ったのは左副承旨!と、確信するヒョンド。

監察使を助けたい思いで、ホ・ユニの所へ行くヒョンド。謎の飛行物体は、オランダに現れたと知る。

同じ物をユニに頼み作り、打ち上げに成功する。民には新しい火器であり、都を守るものだと説明する。

監察使は処刑され、衝撃のヒョンド。

左副承旨に、見た物を書けと言われ記録するヒョンド。説明出来ない秘密の記録を、保管している左副承旨。

陛下の命令で、司憲府監察と、秘録の要員として2つの人生を送るようにいわれるヒョンド。

監察使は火器の実験と知り、嘘の報告を書いた・・それが民を惑わすと。

ホ・ユニの所へ行き、日記を預けるヒョンド。
預かった日記を燃やしてしまうユニ。

続く・・

謎が多いです。
そもそも、あの物体はなに?UFOみたい。それを大臣たちも知ってる様子。

報告した監察使は結局、嘘だと言えば助かったのを、事実をまげずに処刑されてしまいました。

師匠がヒョンドにこれ以上、関わるなといったのを真実を追求、危険な目に遭うヒョンドです。

ユニという女性も、左副承旨の仲間の様子。日記を燃やしてしまうとは。

大きな謎の飛行体はUFOのような感じ。
でも、ヒョンドたちを廃村で襲った球体は火の玉のような動きでした。あれを再現したのもびっくりです。
新しい火器・・と、大砲で飛ばしてました。

UFOは世界中にあると思うし、国も関係ないからあり得そう。それとも、武器系なのかなあ。
発想が面白いドラマだと思います。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌