輝ける彼女 最終回(12話)あらすじ

どんな事にも負けない明るいヒロインです。

出演 キム・ヒョンジュン、ソ・イヒョン、パク・グァンヒョン、コ・ナウン、チェ・ヨンイン


最終話(12話)

産婦人科に行った事がネットで広まり、診断書で釈明会見をするべきと言われるジヒョン。

何も悪い事はしていない。
「すべて私に押しつけてる。男のあなたが1人で解決できるはず!」と、カンミンに言うジヒョン。

ジヒョンと自分の事なら解決できるが今回は、ジヒョンがヨンウと5年間、交際してた事もバレ、噂が大きい。

悩むカンミンは、断った映画出演をすると、ファン社長に告げる。
「その代わり、ジヒョンの記事はすべて阻止してくれ。」と、アメリカ行きを決意するカンミン。

カンミンに会見をしろといわれ、交際を断るジヒョンはヨンウの元へ戻る。

コンニムに、「ジヒョンを待つ。すまない」と言うヨンウ。

カンミンに文句を言ったも、気になり診断書で記者と話をつけるジヒョン。
「よけいなお世話だ。アメリカに行く。」と、ジヒョンに言うカンミン。

「お前に消えろと言われたから行く。」と、別れをいうカンミン。

「お前はひねくれてる。そこが嫌いだ。」
「あなたは卑怯者よ。」
「謝れ。おしまいだ。幸せになれ。」と、言うカンミン。

コンニムから、ジヒョンがヨンウと旅行に行ったと聞いて動揺するカンミン。

「初めての事で・・術がわからなかった。つかまえたいのに・・すまない」と、ジヒョンに謝るカンミン。
ファンの前でキスしたのも、好きな気持ちを本気で告げるため。

「私もあなたが好きだった。平凡な人の方が良かった・・でも、夢を諦めたくないの。」と、言うジヒョン。

「じゃ、約束してくれ。必ず、戻ると・・」
「考えてみる。」と、言うジヒョン。

教養作家として成功するジヒョン。

ジヒョンの連絡を待つカンミン。

企画を検討されてもめげず「私はチョン・ジヒョン様よ!」と叫ぶ。

-----完-------

カンミンは、ジヒョンを待っているって事でしょうね。
コンニムたちとも、仲良しに戻る明るいヒロインでした。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年05月29日 | Trackback(0) | 輝ける彼女

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌