ラブレイン 1話あらすじ

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督なのでステキな映像でしょうね。1970年代と現代に絡むラブストーリー。
1人2役なのもワクワクです。

出演
1970年代
ソ・イナ    (チャン・グンソク)
キム・ユニ   (ユナ)
イ・ドンウク  (キム・シフ)
ペク・ヘジョン (ソン・ウンソ)
キム・チャンモ (ソ・イングク)
ファン・インスク(ファン・ボラ)

2012年
ソ・ジュン   (チャン・グンソク)
チョン・ハナ  (ユナ)
ソ・イナ    (チョン・ジニョン)
キム・ユニ   (イ・ミスク)
ハン・テソン  (キム・ヨングァン)
イ・ソンホ   (キム・シフ)
2012年 KBS
監督、演出 ユン・ソクホ
脚本 オ・スヨン

↓オリジナル・サウンドトラック



1話

「3秒で・・僕は恋に落ちた・・」

韓国大学家政学科のキム・ユニ(ユナ)に、一目惚れの韓国大学美術学科のソ・イナ(チャン・グンソク)。

音楽喫茶で歌うギター3人組のキム・チャンモ(ソ・イングク)。
人気DJのイ・ドンウク(キム・シフ)。

ある日、窓からベンチに座るユニに一目惚れ、スケッチを始めるイナ。目を離した瞬間、見失い捜すイナはユニとぶつかり、荷物を落としてしまう。

一緒に本を拾い、ユニだと気がつくが何もいえない。ユニが去ってから、イナは1冊のノートを見つける。

下宿に戻り、ユニの日記を見て両親がいないこと。映画「ある愛の詩」の台詞が書いてあるのを読むイナ。

「”愛とは詫びないこと” 両親が好きだった映画の台詞・・私にはまだ、よくわからない」と、ユニの日記。

翌日、ユニからノートを見なかったか聞かれるイナだが、日記の事は言いそびれてしまう。

イナが一目惚れ・・と、聞いて驚くペク・ヘジョン(ソン・ウンソ)。

ユニの日記を一晩中、読み続けるイナ。「彼女を・・もっと知りたくなった。」

友人から、イナと知り合いかと聞かれ、知り合いではないと答えるユニ。

音楽喫茶のギター3人組、DJのドンウクのあだ名はカサノバ、病院の息子。

キム・チャンモのあだ名は寄生虫、地方の貧乏な家の出身。歌う姿が良い。

ソ・イナは神秘的で、カリスマ性のある美大生。展覧会で入賞するほどの実力。3人の話を聞くユニ。

雨の日、傘がないユニを見て、慌てて捜して傘を差し出すイナ。

一緒に帰るイナに、「星の王子様」の作家の詩に
「”愛は幸せと悲しみという2つの顔がある”・・・愛と雨はにてますね。」と、言うユニ。

図書館で見つけた傘は壊れ、びしょ濡れのイナを気遣うユニ。

傘を返そうと言うユニに、映画「ある愛の詩」を観ようと誘うイナ。「見たかった映画だわ。」と、喜ぶユニ。

バスを待つユニはドンウクから、映画に誘われる。

曲を作るイナは、ドンウクから「3秒」ができたと告白される。
3秒で落ちること、好きな人。ユニに一目惚れのドンウク。

ユニの日記には、好きなものが書いてあり、読んで想像するイナ。かすみそう、「星の王子様」・・など。

突然、ドンウクに合コンに誘われるイナとチャンモ。一目惚れした女性を連れて来ると知る。

ヘジョンが、家政科のナンバーワンとして、ユニを連れて来る。驚くイナ。

合コンで、ファン・インスクと出会うイナたち。

ドンウクがユニに出会った時、映画に誘うが失敗。
「偶然、会ったら ”ある愛の詩” を観に行こう」と、一方的にいっていたドンウク。

偶然を「合コン」として、計画したドンウクはユニを映画に誘う。

「愛とは詫びないこと・・・どういう意味だ?」と、聞くチャンモ。

「愛は真心だ。心が通じあってるから、詫びる言葉がいらないってことさ。」と、イナが言った言葉をそのまま言うドンウク。
「そうだったですね・・」と、驚くユニ。

合コンでカップルを決める時、ユニはペンを選択。
喜ぶイナだが、ドンウクが「俺のだ!」と、嘘をつく。何も言えないイナ。

「彼女は・・僕の友人が好きな人だった・・彼女のせいで悲しかった・・」と、思うイナ。

ヘジョンから、イナ先輩が好きだと告白されるユニ。インスクにも秘密だと言う。

イナの絵を勝手に見てしまうチャンモは、ユニを描いてる事を知る。

ドンウクに好きな相手、「3秒」はどうしたかと聞かれ、「諦めた。他に好きな人がいたんだ。闘う気もない。正直に告白できる人が・・うらやましいよ。」と、言うイナ。

イナの好きな相手が、ユニだと知らないドンウク。

イナがユニを避けてる・・「イナ先輩がユニを避けて、集まりにも来ないって・・」と、言い出すヘジョン。気まずい雰囲気になるが、否定するイナ。

「本当にこのままではいけないと思った・・」と、思うイナ。

雨の日、ユニに声をかけるイナ。
「俺は忙しかったから、集まりにでなかったんだ。ユニさんを気にしてないよ。ドンウクとうまくいってるでしょ。・・」と言うイナ。

「うまくいってほしいな。それから、俺たちも仲良くしよう。学祭で会おう。」

「ドンウクさんとは・・・付き合っていません。」と、言うユニ。

「変われると思った。僕さえ変われば、みんなが何事もなく過ごせると・・思っていた。」と、考えるイナ。

続く・・

ユン・ソクホ監督の作品は6年ぶりだそうですね。
「冬ソナ」ブームを作った方なのでまた、新しい韓流を魅せてくれそうです。

キャストが1970年代と、2012年とあるのでチェックですね。
スカパーKNTVでの視聴です。

↓完全版 DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年05月30日 | Trackback(0) | ラブレイン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌