光と影 11-12話あらすじ

ビンナラショー団を引き継ぐギテです。

出演 アン・ジェウク、ナム・サンミ、イ・ピルモ、ソン・ダムビ、チョン・グァンリョル、アン・ギルガン


(”チャン・チョルファン議員”ですが、”チャン室長”と呼んでるので今回から変更します)

11話

ノ・サンテク部下に殴られるギテ。

チョヨンに「ギテの営業を手伝うとは!」と、怒るノ・サンテク。ギテに、2度とチョヨンに会うなと言う。

スヒョクらと一緒に、酒の席に来るジョンヘ。大統領の前で、歌えと言うチャン室長。

寵愛を受けるか・・と言われ、心外だと答えるジョンヘ。
有名な人の前で歌えば、出世出来るかもしれないから来たと本音を言う。

ジョンヘに「閣下にかしづけば、出世のチャンスをやる。」と、言うチャン室長。条件を断るジョンヘを諦めるが、個人的に気に入る。

「あなたはなぜ、あそこへ?汚らしい人たちと?」と、ジョンヘに言われ、返す言葉がないスヒョク。

シン団長と一緒にお酒を飲むヤン・テソン。
ノ・サンテクを釈放させたのは、チャン・チョルファンだと教える。

「サンテクは最強の後ろ盾を作った。」と言うテソン。
チャン室長は、映画界と歌謡界に目をつけ、業界のサンテクのバッグについたと。

通禁時間に出歩き、身分証を持っていなかったので捕まるギテ。ジョンヘが保証人になってくれる。

ハンチャン物産、御曹司のコ室長はチョヨンのスポンサーと知るギテ。

ミョングクに呼ばれ、「あんたの裏切りを知らないギテに同情する。」と、言うテソン。
望みはなんだ?と、聞くミョングク。

ノ・サンテクにやられ、ウンザリだと言うシン団長は、ビンナラショー団と免許をギテにやると言い出す。

考えるギテは、やる気のある団員とショーをやると決意する。

スヒョクは、ジョンヘを歌手として育てて欲しいと、ノ・サンテクに頼む。チャン室長との関係が気になるノ・サンテク。

テソンの言葉が気になるも、会えないギテ。

ミョングクは自分が裏切った事をギテには隠したいようです。事実を知るのは先になりそうです。

12話

パーティに行くギテはチョヨンから、電話番号をもらう。「待ってます」と、言うチョヨン。

チャン室長の「チョ社長とは長年の苦労を共にした・・」と、言葉で何かを感じるギテ。

「いつからだ?親父の生前から?」と、聞く。
「チャン室長とは同郷だ。この事業に賭けている。後ろ盾をお願いしただけだ。不愉快だ。」と、誤魔化すミョングク。

疑うなら縁を切ると言うミョングク。

スヒョクと話すミョングク。
「バレてもギテには何も出来ない。ヤン・テソンは、ギテの家と財産を奪った事しか知らない。」と、言うミョングク。
ギテ父の死に関しては、テソンも知らないと言う。

「いつかはバレるという罪悪感と不安でばれる。」と、言うスヒョク。

ヤン・テソンと取引で、ギテの家の事は言わない約束をしたミョングク。しかし、テソンがギテに話しそうで不安を感じる。

部下に「テヤン社に外国映画の輸入枠を与えろ。」と、指示を出すチャン室長。法律違反になると心配される。

「俺が法律だ。従え!」と、怒鳴るチャン室長。ミョングクの事業に力を貸す。

ギテがチャン室長と、自分の関係を疑っていると言うミョングク。

ギテが団長として、やる気のあるショー員を集める。母に家を担保にして、お金を作りたいと言うギテ。

ノ・サンテクと、正式に契約するジョンヘ。

ビンナラを引き継いだ、ギテにスターにすると言われるジョンヘ。

「力を貸してくれますよね?」と、言うギテ。
「ごめんなさい。セブンスターと契約してしまいました。」と、謝るジョンヘ。
早くに知っていれば・・と、言う。

ミョンヒと話すスヒョク。
「なぜ、あんな所で働いてる。他の仕事を紹介しようか・・」と言うスヒョク。

「私、ユンさんの仕事を知ってます。」と言うミョンヒ。
「その話は口外するな。今の君と同じように・・将来のために耐えている。光りある所には必ず、影があるんだ。」と、言うスヒョク。

シン団長は、ノ・サンテクがジョンヘを引き抜いたと知り、何か企みがあると考える。引き抜くほどの歌唱力もないジョンヘ。

キャバレー、クラブの劇場を紹介してもらうギテ。メインにならないと、お金にはならない。交渉次第といわれるギテ。

団員を集め、正式にビンナラを引き継ぐと、発表するギテ。
ギャラと仕事を約束するが、シン団長が諦めたのに、素人のギテを信用出来ないと言い出すスネ。

スネを先に説得すべきといわれるギテ。
ミョングクとチャン室長の関係を、ドンチョルに調べてもらう。

ギテ母が詐欺にあったと噂を知り聞くと、ソウルに来て生活が苦しいとき、お金を預ければ高い利子を保証すると言われ、家を担保にお金を借りた。
だが、預けたおばさんが逃げてしまった。

家の名義はミョンヒなので、勝手なことをした母を怒るミョンヒ。

元金を払わないと、家を明け渡さないといけない・・と、泣き出すギテ母。

謝るギテ母に「家長として俺が解決する」と、言うギテ。

事情を知り、スヒョクに助けてあげて欲しいと頼むスヒョク母。

ミョングクに事情を説明、ギテの力になって欲しいと言うスヒョク。
「社長への罪滅ぼしだと思って・・」と。
「ギテは俺を疑ってる。滅ぶのを見届けろ。」と、言うミョングク。

マンスが見つかり話すギテ。ミョングクを恐れ、殺されそうだから逃げていたと言うマンス。

「シン団長をさらったのは誰の差し金だ。」と聞くギテ。

「チョン・ミョングク。ショーが中止になるまで監禁しろと言われた。あとでわかったが、黒幕はチャン・チョルファンだ。親父さんの遺産を奪った高利貸しも・・チョが雇ったんだ。チャン・チョルファンの命令で・・家業を倒産させ、財産を奪った。」と言うマンス。

事実を知り、放心状態のギテ。

続く・・

裏切り者のミョングクとチャン・チョルファンとわかったギテです。
でも、今の彼は何も出来ません。

《送料無料》光と影<ノーカット版> DVDBOX1(DVD) ◆20%OFF!

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年06月06日 | Trackback(0) | 光と影

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌