王女の男 8話あらすじ

事実を知っても何も出来ないセリョンでした。

出演 パク・シフ、ムン・チェウォン、ソン・ジョンホ、ホン・スヒョン、イ・ミヌ、イ・スンジェ


8話

セリョンに感づかれたスヤン大君は、外出禁止を命じる。

スンユに知らせようとするが、母にみつかってしまうセリョン。

母に「なぜ、左議政の家族を見殺しに?」と、聞く。
「キム・スンユに知らせれば、私の家族が皆殺しにあう。家族を犠牲にしていいの?」と、言う母。

葛藤するセリョンは、ヨリに力を貸して欲しいと頼むが、何も出来ないと言われる。

王がキョンヘの私邸へ向かい、準備するスヤン大君たち。

苦悩するミョンだが、スヤン大君らと計画を聞いて、内禁衛の兵を始末する指示を受ける。

家を脱出するセリョンは、スンユの家に行き、キム・ジョンソと会う。
「お話があります・・スンユ様に借りがある者です・・」

しかし、ヨリと使用人が来てセリョンを連れ去ってしまう。
その場で言えばいいのに。家に案内とかしてる場合じゃなくてよ。
スンユとはすれ違いで会えない。女人が来たとだけ知るスンユ。

家に戻り、母に怒られ監禁されるセリョン。「あの方には罪はありません。」

スヤン大君から、キム・ジョンソに書状が届く。スンユが女官と情を交わしている。極刑に値すること・・家に行くと内容。

夜、遅くにスヤン大君が来ると知り、スンユを守ると言うキム・ジョンソ。

父・キム・ジョンソに良家ではないが、会って欲しい人がいると言うスンユ。

相手は女官だから、世間は認めないと言うキム・ジョンソ。想いを抱いたまま、他の女人と一緒になれないと覚悟を伝えるスンユ。

監禁されたセリョンは、自分の血でスンユへの文を書きヨリに託す。
「これを先生に渡して。どうせ、あの方とは結ばれない運命よ。でも、生きていてくだされば・・」

侍女ヨリから、セリョンの文を受け取り、血で書かれた文字に驚くスンユは寺へ向かう。

スヤン大君がキム・ジョンソの家に来る。
スンユの相手は、女官ヨリと名乗っている自分の娘だと、事実を説明するスヤン大君。

突然、襲われるキム・ジョンソとスンギュ。

左議政が謀反を起こしたと、王に伝えるため、逃走するスヤン大君。

寺へ行くがヨリがいないので、家に戻ると襲撃を受けていたので驚くスンユ。

続く・・

殺害されるキム・ジョンソ!と、分かっていたけれどハラハラでした。

アッという間に殺され、寺へ向かったスンユだけが助かったのです。
でも、スヤン大君の部下が見張ってるので危険な状態ですね。

【送料無料】実録!朝鮮王朝物語 「王女の男」編

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年06月09日 | Trackback(0) | 王女の男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌