お願い、キャプテン 1-2話あらすじ

女性パイロットがヒロインです。フライト・ラブストーリーでしょうね。

出演 
ハン・ダジン   (ク・ヘソン)
キム・ユンソン  (チ・ジニ)
カン・ドンス    (イ・チョニ)
ホン・ミジュ    (クララ/Clara)
チェ・ジウォン  (ユ・ソン)
ハン・ギュピル  (キム・チャンワン)
ヤン・ミヘ    (イ・フィヒャン)
ヤン・マルジャ  (イ・アヒョン)
ハン・ダヨン/ポソン(カル・ソウォン)
ホン・インテ   (チェ・イルファ)
チャン・デヨン  (ソン・ヒョンジュ)
全20話 2012年 SBS
演出 チュ・ドンミン
脚本 イ・ジェヨン

キャプテン


1話

飛行中、キム・ユンソン(チ・ジニ)は、自動操縦を間違えて解除してしまい揺れる機体。

乱気流で、転倒した産婦ヤン・ミヘ(イ・フィヒャン)が大出血となる。出産したが出血が止まらない。

「300人の命がかかってる。産婦は私の妻だ。」と、言うハン・ギュピル(キム・チャンワン)機長。安全に着陸出来るサンフランシスコへ向かう。

近くの空港に着陸申請もせず、天候と条件の良い安全な道を選択する機長。

キャビンアテンダントのチェ・ジウォン(ユ・ソン)が、芸能人の対応を先にして、産婦を後回しにしたので後悔するでしょうね。

解除ミスをした自分の責任と、反省するユンソン。
「なぜ、見捨てたんです?あれが最善の選択ですか?」と、聞く。
「君もキャプテンになればわかる。」と、言うギュピル。

ハン・ギュピルは伝説的な機長。冷静な判断を常に求められ揺るがない。

亡くなる産婦。母を失い悲しみのハン・ダジン(ク・ヘソン)。

「パパ、それがパイロットなのよね。乗客の安全を優先する・・”仕方なかった”」と言うダジン。

生まれた子供は敗血症。
これもジウォンがハサミを落としたからかも。

お墓参りの帰り、事故で亡くなるハン・ギュピル。両親を1度に失うダジン。

父のようなパイロットになると誓うダジン。

7年後

遊園地で出会うユンソンとダジン。
スター機長と副機長として組んで、フライトに臨むが、ダジンのミスを怒るユンソン。

キム・ユンソンを引き抜いたウイングエア社。

故障機を牽引中と言う航空管制官と、手術を控えた患者がいる緊急状態のダジンの操縦する飛行機。

下降を始めた飛行機に、事故機が動かず慌てて、着陸不可能なサインを出す仁川タワーの航空管制官、カン・ドンス(イ・チョニ)。

ドンスに管制官のミスと怒るダジン。「君は最悪の落ちこぼれだ。」と怒るユンソン。

乗客を優先させるのが、1番だと言いたいユンソンでしょう。亡くなったハン・ギュピルが、ダジンの父とは知らず。優秀なパイロットとして育てるのだと思います。

2話

「君は失格だ。操縦室には”最善”はない。"最高”だけが座れる。」と、ダジンに言うユンソン。

社長から、ダジンを優秀な女性パイロットに育てて欲しいと言われるユンソン。

ダジンの家に叔母・ヤン・マルジャの借金取りが来て「債務者ハン・ダジン」と、書類を見せて暴れる。

空港の近くに豪邸を準備されるユンソン。
副社長のホン・インテ(チェ・イルファ)と再会するが、忘れたと言われる。2年、一緒に暮らしたというユンソン。

腕の火傷で、子供の頃を思い出すホン・ミジュ(クララ/Clara)。ユンソンの背中には大きな火傷跡がある。
子供の頃、ユンソンが火事の中、ミジュを助けたと思う。

歌手希望だが、詐欺に遭ってばかりのダジンの叔母・ヤン・マルジャ(イ・アヒョン)。

ダジンは両親を亡くし、1人で妹を育てていると知るユンソン。

大家に家を追いだされ、妹のポソンと一緒に、父の友人の家に泊めてもらうダジン。

シムテストで、不合格を出す先輩機長。
「本来なら300人の命を奪っている殺人者です。原因は慢心です。不合格はラッキーです。」と、言うユンソン。

シュミレーションで、飛んでるようなシーンで操縦するテスト。

チャン・デヨン(ソン・ヒョンジュ)機長も、不合格になる。
「精神状態が腐ってます。辞めるのが人助けです。」と、言うユンソン。
「酷すぎます。」と、言うダジン。

ダジンにパートナーを変えて、生き残れと言うユンソン。

シムテストに2回、落ちたらクビになるパイロット。2ヶ月に1度、身体検査、カンパニーチェック、シムテストが行われる。

シムテストに落ちたと、バカにするドンスに意見するダジン。

妻を亡くし、1人で7歳の子を育ててるチャン機長に、パートナー変更を告げに行くダジン。

「あきらめた・・」と、言うチャン機長に諦めないでくださいと言う。自分も妹を育てていると話す。

「制服姿の私が・・あの子の自慢なんです。パイロットのプライドを守ってください。」

パートナー変更せず、チャン機長とシムテストを受けるダジン。

シドニーへ向かう途中、チャン機長の息子ポラムが、飛行機の扉を開けて、天国の母に手紙を送ろうとする。
「扉は開きません。」と、事情を説明、謝罪するチャン機長。
機長を辞めると決意していた。

ポラムのために・・と、セスナを借りて欲しいとユンソンに頼むダジン。チャン機長の操縦で、セスナから手紙を送るポラム。
見守るユンソン。

海外研修を終え、復帰するジウォン。

続く・・

ジウォンは復帰したんですね。
あんな事故があれば、辞めてしまいそうです。

ヒロインのク・ヘソンが、明るく前向きで頑張るストーリーでしょうね。
20話と長いので色々、ありそうです。

優秀で真面目なユンソンを演じるチ・ジニ氏のドラマも久しぶりです。
スカパーKNTVの視聴です。サイトの相関図には、ダヨン(妹)になってますが、ダジンの妹は字幕では「ポソン」になってます。

↓CD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌