王女の男 19話あらすじ

切ないスンユの目が悲しげでステキです。NHK BSプレミアムで放送されたらすごい人気になると思います。

出演 パク・シフ、ムン・チェウォン、ソン・ジョンホ、ホン・スヒョン、イ・ミヌ、イ・スンジェ


19話

ミョンに顔を見せ、「お前とスヤンを殺す!」と、去るスンユ。

兵士に「義挙が知られた・・今夜、牢を襲う!」と言うスンユ。この人数で・・と言われてしまう。

妓楼に戻るスンユは、セリョンに「協力します。」と言われる。

「そなたの父を殺すのだぞ。」と、言うスンユ。
「これ以上、犠牲が出るのを見ていられません。」と、言うセリョン。

キョンヘに会い、ジョンは捕まったがスンユが助けに行くと告げるセリョン。

義姉とアガンを見て胸を痛めるスンユは、ソクチュに家族を頼む。

「助けた命だ。勝手に死ぬな。俺も一緒に行く。」と、言うソクチュ。ノゴルも行くと言い出す。

「キム・スンユが生きていた!」と、驚くスヤンたち。人質事件も、黙っていたセリョンを思い出す。

スンユとセリョンの事が知られるのはまずい。消えたセリョンを捜させる。

イ・ゲ、ジョンらを拷問にかけ、スンユの居場所を聞くスヤン。
「玉座を盗んだスヤン!」と、言われてしまう。

「キム・スンユの事はよい。私を王と受け入れれば、罰に問わぬ。考えるのだ。」と、言うスヤン。

王様と呼ばず、「スヤン」と、呼ぶ重臣に腹が立つ。

「王様・・あの世で復位させます。命尽きても永遠に・・王様の臣下であり続けます・・」と、叫ぶジョンたち。
「あの世でスヤンの悪事を報告します・・」

激怒するスヤンは「この者たちを八つ裂きの刑に!」と、叫ぶ。

投獄されるジョンから、目をそらすミョン。

セリョンは見つからず、スンユといるはずと考えるミョン。処刑は明日、セリョンの護衛を装い侵入するスンユたち。
「離れていても、心はおそばにいます・・」と、スンユに言うセリョン。

セリョンが来たので怪しいと感じるミョンは、牢の兵を引かせる。見張りがいないのは妙だと感じながら、ジョンとイ・ゲらを牢から出そうとするスンユ。

「明日が処刑なのは知っている・・我々はこの身が朽ちても・・歴史に名を残す道を選んだ。我々の名が歴史に記されば・・後世の人々にスヤンが犯した悪行を知らしめられる。」と言うイ・ゲ。

「いけません。ジョンや先生まで失いたくありません。」と言うスンユ。

「王女さまを頼んだぞ。」と、言うジョン。
「あとはそなたに頼んだぞ・・」
愕然のスンユを連れ帰るソクチュたち。

セリョンに
「スンユに会いました。あの者を見逃すのはこれが最後です。スンユをこの手で殺します・・婚礼を準備をしてください。」と、言うミョン。

最後にジョンらと、会わせてあげたミョンだったのね。というか、逃がすつもりだった。

父・スヤンに処刑をやめてくださいと、頼むセリョン。
「玉座を捨ててください。そうすれば私は一生、そばにいます。」と、言うセリョン。庶民であれば、こんな辛い思いをしなくて済んだと言う。


脱獄しないジョン、イ・ゲだと知り、驚くミョン。
「なぜ、逃げぬのですか?スンユを捕らえなかったのに・・」

「一族という名分で、友に刀を向けたお前には一生、理解出来ないだろう。」と、言うジョン。

「ミョン、スンユにも情けをかけてやってくれ。殺し合うのではなく・・友として・・」と、言うイ・ゲ。

キョンヘに会い、「決意が固く・・説得出来ませんでした・・」と、告げるスンユ。衝撃で座り込むキョンヘ。

玉座を狙う者は許さないと言うスヤンは上王を廃位、流刑すると決意する。

キョンヘがスヤンに会いに来る。
「どうか、チョン・ジョンの死罪を免じて、私と一緒に流刑に・・王様・・」と、言うキョンヘ。

2度とスヤンの前に現れず、静かに暮らすと約束するキョンヘ。
「約束を破れば、お前の目の前でジョンを八つ裂きにする。」と、言うスヤン。

死刑寸前、ジョンは身分と田地を返上、光州に下がれと王命が出る。

「なぜだ?私の命も奪え。先生と一緒に・・」と泣き叫ぶジョン。キョンヘが命乞いをしたとわかる。

「私のために生きてください・・」と、泣くキョンヘ。

上王を廃位に!と、叫ぶハン・ミョンフェたち。

イ・ゲたちは処刑されたと知り、胸を痛めるセリョン。

父に会いに来るセリョン。
「本当に上王様を廃位なさるのですか?結局は自害をお命じになるのでしょう・・もう、親子ではいられません。お父様との縁を断ちます。」

小刀で髪の毛を切るセリョン。

「親子の縁を切ったので、私を娘だと思わぬように・・宮殿を出ます・・」と言うセリョン。
驚くスヤン。

続く・・

親子の縁を切るセリョンでした。これは想像出来なかったわ。縁を切れば、スンユとの思いも叶いそうな気もしてきました。

このままではまた、ジョンやキョンヘも危ないと思います。ジョンがおとなしくしてるとは思えない。
キョンヘが命乞いした事が、無駄になる日が来そうです。

上王は廃位になりそうですね。可哀想なタンジョン。

スンユが逃がしても、イ・ゲたちは戦う事より、歴史に名を残すのを選んだのですね。

すごい展開です。ミョンがスンユに情けをかけてくれたら、少しは勝てそうかしら。
今のままじゃ、ソクチュたちだけなので心配なスンユです。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年06月20日 | Trackback(0) | 王女の男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌