「華麗なる遺産」21話あらすじレビュー

ラストはハッピーエンド!と、わかってるストーリー展開だけど面白いですね。ハン・ヒョジュちゃんの着てる服が売り切れになる!とはわかるドラマでもあります。2人の気持ちは通じてるけど、まわりに迷惑をかけたくないウンソンは身をひいてしまいそうです。

ハンヒョジュ


21話

「代表取締役、解任要求?」と、驚くおばあさん。
「引退されるべきかと。」と、パク理事。
ウンソン、ファンたちも驚く。病気が記事になり、株価も下がった。
自分の会社は最後、自分でカタををつけたかったとおばあさん。ファンも怒る。

臨時株主総会が行われる。ファンはスンミに会社の資料を頼む。
「あんな短い期間で株が下がるはずはない。」と、ファン。

2号店に呼ばれるファンは、社員の給与削減、社員の株を集めて社長チャ・スクチャは、会社にとって必要と、総会で示そうと提案され同意する。株主の心にうったえようとする。

ソンヒは「ファンには好都合」と、おばあさんは引退とスンミに話す。
ウンソンに会社を取られたら、ファンは留学するはず・・スンミも行けば良いとソンヒ。

おばあさんが、会社から追い出されれば、遺言状も無効とソンヒ。
ファンは社員に「社長の孫です。」と、挨拶で社員の心に事情を説明する。

「いずれ引退するが、それは自分でさせたい。皆さんの協力が必要です。」と、ファンは社員に説明、これを録画で多くの社員にみてもらう。みんな、社員は株を出すと同意してくれる。安堵のウンソン、ファン。
おばあさんの誠意が社員に通じたのよね。

委任状をあずかるウンソン、ファンはこれを集めて株主総会に向かう。
パソコンで、会社の帳簿を見るスンミは、これをコピーする。特別な帳簿があるのを発見(二重帳簿)驚く。工場地の土地売買の契約書もみつける。

ジュンセは父から、ジュンセ名義で購入したチンソン食品の株をいわれ驚く。
この時点で、チャン社長とパク理事の持ち株は互角。ジュンセが社長解任に賛成すれば、おばあさんは社長をやめなければならない。驚くジュンセ。
賛成しなければ、父が追い出されると父パク理事。

経営権を奪いたいと父に「出来ない」と、ジュンセ。父に脅されるジュンセは悩む。(パク理事は会社のお金で一時、株を購入?自分が経営権を握れば会社にお金を返すという)

ジュンセが賛成すれば、おばあさんは社長をクビになる。すると遺言状も無効。
ウンソンもおばあさんの側にいる理由もなくなる・・・と、母の言葉を思い出すスンミ。ファンに連絡、帳簿はみつからなかったとウソをつく。

帳簿のコピーを、ジュンセに見せるスンミはパク理事が関与してるという。
明日、社長解任しないと、この二重帳簿の存在を明らかにすると、脅すスンミ。ジュンセもウンソンが、ファンから離れた方が良いだろうとスンミ。

翌日、ファンは株主総会に出る。おばあさんも社長として参加。
遅れるジュンセも来る。安堵のパク理事。

ファンは、社員135人の委任状をもち、発言を認められる。社員に支持されてる社長であり、社員から愛されている社長と説明するファンは頭をさげる。
(社員の8割が同意している。社長解任に反対の声)

ジュンセは父を守るため、社長解任に賛成したが投票用紙を握りしめる。ウンソンとファンを見て自分を恥じる。父を守ったと、いいわけに自分を説得するジュンセはファン、ウンソンの姿をみて苦しむ。
社長は無事、解任から逃れることが出来る。喜びのおばあさん。

息子のジュンセを怒るパク理事、
「女のために父を裏切った」と、怒る父だがジュンセは「俺は父さんを救ったんだ。(でも、ウンソンを裏切った。)父さんは社員を裏切って破滅にむかった。俺は後悔していない。苦しんだんだ。」と。

社長解任は否決となり、驚くソンヒ、スンミ。

「社員は心で支えてくれて、それをウンソンとファンが協力してくれた」と、安堵のおばあさん。
帳簿を見つけた!と、報告をうけるおばあさん。

ジュンセが辛い立場を理解したウンソンは、ヘリから部屋を借りる敷金の半分はジュンセが出してくれたと知る。

ジュンセが投票を棄権したと、ソンヒに告げるパク理事は「ジュンセではなく、社長に負けた」と、認める。自分1人で罰を受けると、ソンヒを巻き込まないという。
おばあさんの経営方針は間違っていなかったとパク理事。

二重帳簿で脅迫されたことは、いわないとジュンセはスンミにいう。
スンミは帳簿を見せないだろうし、これ以上惨めにさせないとジュンセ。

苦しむスンミに、自分で気持ちをいうべきとジュンセ。スンミも後悔の日々。
酔ったスンミは、ソンヒにすべてを告白しようか?と、いうが寝なさいとソンヒ。

翌朝、ジュンセはおばあさんに頭を下げに来る。
ジュンセの苦しみを理解するおばあさん。愚かな判断をしてしまい、許してほしいとジュンセは父を守りたい。

今まで苦労をともにしてきたパク理事なので、おばあさんはジュンセの気持ちに応えてあげる。パク理事は辞表をだし、自首をするとおばあさんに出すが、
「お前の罰はすでにジュンセが受けている。ジュンセに免じてお前を許す。お金は会社に返しなさい。」と、送り出す。

ジュンセを心配するウンソンに怒るファン。
「自分の手で父親を葬ったと同じよ。」、とウンソン。ウヌのビラも作って配ってくれ、いつでも相談に乗ってくれたジュンセをいうウンソンは涙を流す。ウンソンは祖母に呼ばれてると告げるファン。

ファンの家に来るウンソン。
おばあさんは、病気を認め、これからは残された時間で会社を整理したいという。
ウンソンは無事、2号店の売り上げを達成、本社に来るようにウンソンにいう。これに怒りだすヨンナンは、ウンソンを信じていない。

「家に戻ってくるんだ。」と、おばあさん。ウンソンは
「遺産は受け取りません。会社はむりです。会社の経営には犠牲がともないます。責任が大きすぎます。」と、遺言状を取り消してほしいという。これに驚くヨンナンたち。

遺産をいらないと言ったのは本気であり、これに困るおばあさん。
「孫は成長したし、社員も能力が高い人(意志を継いでくれる人)がいます。私は好きな仕事で平凡に行きたい。」と、ウンソンはウヌを探してくれるのを待ち、メニュー開発をしたいという。このウンソンに納得するおばあさん。

ファンの家をでるウンソンは、隠れてるスンミを見つけるが、知らないふりをして帰る。これに泣き出すスンミ。「助けてウンソン。お願い・・」と、スンミの言葉を思い出すウンソン。

ウンソンはジュンセに「私も辛い時、そばにいてくれた。力になりたい。」と、いってお返しをしようとするが、ジュンセは
「見返りは求めない。俺にはプライドもある。」と、断るジュンセ。

店長に、会社をやめる決意を告げるウンソン。残念だと店長。
ファンはお給料でウンソンに借金を返す。会社をやめると知ったファンは驚き、ウンソンを引きとめる。
「遺産をうけとる気もないのに、ここにいる必要もないわ。」と、ウンソン。

「俺が待ってろと、いっただろう?俺たちはどうなる?俺が知ってる真実、みんな話したのか?スンミには考える時間をやった。信じて俺を待ってろ。」と、ファン。

ウンソン父のピョンジュンは、ウヌの探し人のビラを見つけて驚く。
ソンヒを怒って呼び出す。
「俺は自首する、準備しておけ。ウンソンはウヌとは一緒じゃない。」と、ソンヒにいうピョンジュンに驚くソンヒ。
ウヌは1人で生きられない、子供のために自首するとピョンジュンはもう、ソンヒを信じられないという。ヘリには両親はいない。親子で海外移住はウソと指摘するピョンジュン。

これを脅すソンヒは
「これは元々、全部、あなたのせいよ。」と、逆ギレする。

スンミはファンに話があると、ファンに告げて友人ヨンソクの所へ向かう。
そこには「ヨンソクの甥ヨンジェ」と、つけられたウヌがいる。

「チョコ牛乳くれた人は悪い人だ。」と、記憶してるウヌをみつけるスンミは愕然とする。

スンミも段々、追い詰められていきますね。
ファンを見てびっくりのスンミでしょう。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年03月26日 | 華麗なる遺産

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌