お願い、キャプテン 7-8話あらすじ

飛行機という空間の中、逃げ場もなく痴漢にも耐える乗務員は大変だと思いました。

出演 チ・ジニ、ク・ヘソン、イ・チョニ、クララ、ユ・ソン、チェ・イルファ、イ・アヒョン


7話

「もう、我慢しません。勝ち戦をします。」と、インテに言うユンソン。
「お前は昔も今も、将来も・・私の世界に入れない。」激怒するホン・インテ副社長。

「彼がいなければ私は死んでいたわ。彼は私のせいで、やけどを負い、養家を追われた。私が兄さんを助ける。」と、父・インテに言うミジュ。

(回想)
怒るホン・インテは、眠っているユンソンを起こして施設に置き去りにした。
「父さん、ごめんなさい・・」と泣いてすがるユンソン。
「お前は息子ではない。」と、去るホン・インテ。

残酷な事をするわ。ほんと、悪いやつ。ミジュを助けてくれたのに。火事を起こしたと、ミジュの嘘を信じてるのかしら。

TY空港のスカウト後、ユンソンの過去を調べさせ、辞職か免職か、理由を突き止めろと言うインテ副社長。

チャン・ミナ(イム・ソンオン)、ホ・ジェス(チュ・ソンミン)と一緒に、ユンソンの特別訓練を受けるダジン。

初めて飛行機に乗り、息子に会いに行くというおばあさんと話すダジン。

ユンソン、ジウォンらと共に、イギリスへ飛行中、子供が騒ぎ、あやしてくれるおばあさん。

機内で、隣の子供に声をかけるユンソン。

「独り人ぼっちに思えても、多くの人に見下されても、この世界で君が1番、貴い存在であることを忘れるな。寂しいなら寂しいと。病気なら病気といえ・・それが大人への道だ。」と、言うユンソン。
聞いているダジン。

息子に会えないと言い出すおばあさん。35年前、国際養子に出していた。運良く見つかったが、対面を拒んだ息子ジョンス。

おばあさんのため、息子に会いに行くダジン。人捜しをしてるダジンを見守るユンソン。

息子ジョンスに会い、韓国語を覚えたのは母親に会いたいからでしょうと、説得を続けるダジン。捨てられたと怒るジョンス。

おばあさんに、事情を説明。息子の家の写真を渡すダジン。

息子の家に行き、泣いて謝罪するおばあさん。帰りの飛行機の時間があり、おばあさんを迎えに行くダジン。

ダジンとおばあさんを見守り、迎えに来るユンソン。

飛行機の時間が迫り、ユンソンとダジンが来ない。勤務地離脱・・クビかもしれない・・と、心配するジウォン。

渋滞の車、走った方が早い!と、ユンソンに言うダジン。おばあさんが倒れ驚く。

8話

倒れたおばあさんを、病院に運ぶユンソンとダジン。糖尿病だった。

機長のユンソンが来ないので離陸が遅れ、文句を言う乗客。ユンソンとダジンがおばあさんを連れ、遅れてくる。

「お客様は家族だから、見捨てる事が出来ませんでした。」と、クレーム客に言うジウォン。
見ているダジン。

「おばあさんが気の毒で、放っておけなかった。」と、ユンソンに言うダジン。
「君の方が気の毒だ。人の役に立ちたいなら、自分の足場を固めるべきだ。君のはおせっかいだ。」と、言うユンソン。
ダジンのせいで、300人の時間が遅れたと。

ヨンジェが身体検査で不合格になる。

クレーム客はトニーブライアン。注意人物なので、ジウォンが消化剤のかわり・・と、気遣う。

乗務員の体に触る男(痴漢)に気がつき、注意するジウォン。トイレでジウォンを脅す男・・ユンソンが助けに入る。

ユンソンを告訴すると怒る男。証人になると言うジウォン。男を殴ろうとしたユンソンを止めたダジン。

おばあさんのため、イギリス便に乗る友人に息子への連絡を頼むダジン。

「十分だ。あそこまで拒む理由を?親に捨てられた子の気持ちを考えるべきだ。」と、言うユンソン。
「2人とも傷ついてます。もう、和解して良いころでは?会いたい時に会えるのは幸せなことです。」と、言うダジン。

おばあさんが入院してる病院へ来る息子。家族写真を見せ、母と抱き合うジョンス。
見守るユンソン。

ダジンは、ユンソンがジョンスを説得してくれた事を知る。

「僕も孤児だ。父が亡くなり、母に捨てられたのです。おせっかいな同僚の気持ちを伝えたい。僕のようにならないで・・」と、ジョンスに言ったユンソン。

口止めされたが、ダジンに話したと言うジョンス。ユンソンに感謝していた。

ユンソンの家にお粥を届けるダジンは、ミジュと会う。

ジウォンに、ダジンとの事を教えて欲しいと言うドンス。「彼女を傷つけないで。」

韓国系アメリカ人のトニーは厳格な監査官だった。

困ってる乗客を助けたのは良いが、操縦士が遅刻、乗客に暴力をふるった・・と、報告を受けるインテ副社長たち。
痴漢相手なら、当然の対応と言う社長かな?

痴漢相手の行動を責められるユンソン、ジウォン、ダジン。最善を尽くしたと言うユンソンを怒るインテ副社長。
「私が機長だ。すべての責任を取る。」と、言うユンソン。

「痴漢に耐えるのもサービスですか?」と、言うジウォン。

痴漢男が来て告訴すると言う。
ジウォンに謝罪を要求、土下座しようとするジウォンを連れ出すユンソン。

続く・・

痴漢相手にもサービス!本当ですよね。
あんな客にも対応する乗務員も大変です。飛行機の中という空間。逃げ場がないので苦労してるのでしょうね。

ジウォンは謝罪しようとしたけど、ユンソンは謝る必要はない!と、態度でした。

カツラのおじさん。あの人が助けてくれそうな気がします。

輸入盤CD スペシャルプライスお願いキャプテン 輸入盤 【CD】

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌