太陽を抱く月 1話あらすじ

最高視聴率42.2%の国民ドラマ。「王女の男」逆のような出会いの世子フォンとヨヌでした。王と巫女の史劇ロマンス。KNTV視聴です。

出演 2012年 MBC 全20話
イ・フォン  (キム・スヒョン/ヨ・ジング)
ホ・ヨヌ   (ハン・ガイン/キム・ユジョン)
ヤンミョン  (チョン・イル/イ・ミンホ)
ユン・ポギョン(キム・ミンソ/キム・ソヒョン)
キム・ジェウン(ソン・ジェリム/イ・ウォングン)
ホ・ヨム   (ソン・ジェヒ/イム・シワン)

成祖     (アン・ネサン)
ユン・デヒョン(キム・ウンス)
大妃ユン氏  (キム・ヨンエ)
ヒョンソン  (チョン・ウンピョ)
ノギョン   (チョン・ミソン)
ミナ公主   (ナム・ボラ/チン・ジヒ)

演出 キム・ドフン、イ・ソンジュン
脚本 チン・スワン

↓スペシャルエディション



1話

昔、太陽も月も2つあった。そのため、昼は暑すぎて夜は寒すぎた。

「天地の万物が混乱し、民が苦しみあえいでいた時、英雄が現れ、太陽と月を1つずつ、弓矢で射落とすと・・ようやく平和が訪れた・・」と、言う大妃ユン氏。

ユン・デヒョンに、
「英雄になりなさい。主上の立場を察して、功臣になるのです。天に太陽は1つ、大殿に国王も1人・・ウィソン君はその存在が国王の脅威となる・・必ず、落とすべき太陽なのです。」と、言う大妃ユン氏。

血縁だからと、主上はウィソンを甘やかしたと指摘する。

成祖の異腹の弟、ウィソン君は襲われ、ユン・デヒョンに殺害される。大司憲も暗殺するユン・デヒョン。
ウィソン君に国王を後ろ盾にすると言う。

星宿庁の巫女アリが、ウィソン君殺害を目撃、追われて崖から落ちてしまう。
アリはノギョンと同じように霊感の強い巫女。

星宿庁の巫女アリが、すべてを見たと知る大妃ユン氏。
星宿庁の国巫は、大妃ユン氏の支配下なので、どうにでもなる。

イ・ハンと、ホン・マノが死んでるのを見つける役人。

上奏を読み、驚く成祖。
「逆賊の間で内紛があったようで・・大司憲ホン・マノが過ちに気づきイ・ハンを殺害後、自害したようです。」と、報告を受ける。
悲しむ成祖。

札は太陽の気が強いと、成祖に告げる国巫。アリが書いたものだと言う。アリを探せと指示する成祖。
札もウィソン君殺害も、ユン・デヒョンの計画。

アリはイ・ハン家の使用人であり、主と恋愛関係だった様子。

負傷、逃走するアリを助ける大司諫の妻(貞敬夫人シン氏)。輿の出血は臨月だから・・と、嘘をつく。

感謝して、お腹の子は高貴な運命の女の子・・と、言うアリ。「死んでもお嬢様をお守りします。」と。
両班の娘でも、波瀾万丈な人生と分かるアリ。

捕まり、拷問を受けるアリは札に見覚えもない、知らないと言う。
「逆賊に頼まれた証拠がある。」と、言うユン・デヒョン。

「逆賊だと?私だけが見たのではない。天の月がお前を見ていた。お前の刀にはあの方の血だけでなく、あの日の月光が染みついたのだ。いつか・・お前の醜態が月明かりに照らされ、お前の息の根を止めるだろう・・」と、叫ぶアリ。

牢に来るノギョンに、「私の代わりに守って欲しい子がいるの。太陽を近づけたら災いを招き、滅びてしまうけど・・太陽を守らねばならない・・運命を背負った子よ。」と、言うアリ。

国の王になるフォンを守り、そばにいるべき子ヨヌの事でしょう。

アリの処刑の日。「2つの太陽と1つの月・・3人が無事でありますように・・」

処刑の日、ヨムの妹が生まれる。母親はアリを助けた貞敬夫人シン氏、娘の名はホ・ヨヌ。

数年後

世子・イ・フォンは着替えて、部屋から逃げ出す。

兄ヨムの放榜礼を母・貞敬夫人シン氏と見に来るホ・ヨヌ。科挙に合格するホ・ヨム、キム・ジェウンたち。

放榜礼(科挙の合格者が王から褒美を受け取る儀式)

蝶を追いかけ、宮殿に入り込むヨヌは、塀を越えようとするイ・フォンと出会う。

荷物を持っているフォンを泥棒と言うヨヌ。兵士が来て、一緒に逃げる2人。

ヨヌに、自分も首席合格者だと嘘をつくフォンだが、事実を言う。

「兄上に会いたかった。誰よりもあたたかく・・文武に長けていても、科挙を受けられないのだ。国を支える人材だが出仕はできない。父親の愛を受けられない・・」と、言うフォン。

「自分を責めないでください。若様が嫡子であることも、兄上が庶子であることは、自分では決められません。」と、言うヨヌ。

若様に温かい人なら、とがめることはないでしょうと。嫡子、庶子の問題は法にあると言うヨヌ。
「私はこの国の・・内侍だ。」と、言ってしまうフォン。

ヨヌを探す母と会い、宮中を去るヨヌ。
「話したい事が多く、話せないのが悔しい。」と、文をヨヌに渡すフォン。

宮殿を抜け出すフォンを怒る成祖。
「ヤンミョン兄上に会い、学問を論じたかった・・」と、言うフォン。

国を継ぐ世子のため、ユン・デヒョンの責任は大きいと言う大妃ユン氏。

フォンのため、ヤンミョン入宮の許可を求める王妃ハン氏。フォンが寂しいだろうと。

「民を守るべき者が、自分を抑えられなくてどうするのだ!」と、言う成祖。


ヤンミョンは8歳の子が、脈も見ずに病を当てると噂を聞く。

「星宿庁のチャン・ノギョンを越える・・子供巫女だ。万病を治す神秘の石・・」と、宣伝する男。

子供を使った悪事・・と噂を聞いて来るノギョン。

診てもらうヤンミョンは、子供と男の詐欺を暴き、子供を助け出す。

「2つの太陽・・」と、ヤンミョンを見て感じるノギョン。

フォンが出した謎解きを考えるヨヌ。
「太陽・・?邸下・・ご存じですか・・もう会えないことを。」とつぶやく。

「また、会えて嬉しい。ホ・ヨヌ・・」と、見守るヤンミョン。

続く・・

登場人物が多いので、名前が間違ってるかもしれません。6話くらいまで、子役時代のようです。

ヨヌは運命を背負った子なんですね。そして太陽とは、世子フォンとヤンミョンの事だと思います。

厳しい成祖の言葉で、外出禁止になるフォン。ヤンミョンは婚礼前に追いだされ、入宮を認めてもらえないと入れないようです。

フォンとヤンミョンは異母兄弟のようです。ヨムはヨヌの兄。

悪いやつは大妃ユン氏と、ユン・デヒョン、前の国巫です。殺害されたウィソン君の親族も登場するのかしら。

フォンがヨヌに「世子」と、いえなくて隠すのは「王女の男」の逆バージョンのような雰囲気でした。
ヤンミョンとヨヌは知り合いみたいですね。

アン・ネサンが成祖だと、ハイキック3を思いだし、笑ってしまいます。

スカパーKNTVの視聴、2話までは先行放送です。本放送は8月からです。
良かったら、ブックマークして遊びにに来てくださいね。

「王女の男」は視聴、レビューも終えてます。カテゴリを見てください^^

↓DVD
太陽を抱く月 DVD-BOXI
太陽を抱く月 DVD-BOXI
バップ 2013-04-24
売り上げランキング : 786


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年07月09日 | Trackback(0) | 太陽を抱く月

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌