紳士の品格 8話あらすじ

「イケメンでしょ?俺に任せてみては?」なんて魅力的なドジンなのです♪

出演 チャン・ドンゴン、キム・ハヌル、キム・スロ、キム・ミンジョン、イ・ジョンヒョク


8話

「話があるなら俺に聞け、知らない人もいるだろう。」と、テサンを止めるユン。
兄として認めたくない状況、複雑なテサンなのかも。ユンはステキだけど、40男だものね。
店を出て行くメアリ。

「ユンが俺に ”手を離せ” っていったよな・・」と、ショックのテサン。
「ユンは1番、賢くてお前が信頼してるやつだ。そのまま見守れ。」と、言うドジン。

家に戻るセラはイスと会う。避けようと思ったが、会ってしまった2人。

「あんたの自尊心を守れなくて悪かったわ。あんたのおかげで、テサンさんをすごく好きな事がわかったの。」と、言うセラ。
「あんたがテサンさんに言ったこと、私は知らなかったことにして。」と、言うイス。

家を出た方が良いかと聞かれ、それが楽だけど渡すお金がないと言うセラ。賞金をもらえるよう頑張ると言う。

テサンにプレゼントするはずの手袋を捨てるイス。

Bar
「チェ・ユン、俺はお前を信じてる。」と、言うテサン。

「お前が心配するようなことはない。死ぬほど努力してる。そうなってから・・かなりたつ。」と、言うユン。
ユンとテサンの会話を見ているドジンとジョンロク。

メアリがどこにいるかわからない。しかし、誰といるかはわかる・・と、言うドジン。

サウナでメアリと話すイス。
兄の顔を見たくない・・と、サウナにいるメアリ。

イスの携帯で、ドジンに居場所を教えるメアリ。ドジンとジョンロクが迎えに来る。

家に帰れないと、ジョンロクはメアリを連れて行けば、妻が家にいれてくれると言う。
「私たちはセットよ。」と、言うメアリ。

ルームメイトとケンカと知り、イスも一緒にレジデンスに連れて来るドジン。

ジョンロクが、イスといるのを目撃するパク・ミンスク。尾行して、イスがへジュだと誤解する。
ドジン、メアリも部屋にいたので、間違いだと気がつくパク・ミンスク。

買い物するユン。
ユンはずっと、メアリが好きだったのね。死ぬほど我慢してるなんて。

イスとワインを飲むドジン。
2人きりになり、「どれほどこの瞬間を待ったか・・」と。ジョンロクがいなくなってから言う。

「年下の男に会いましたか?・・俺がなぜ、嫌いなんだ?」
「・・」
「イケメンでしょう?」と、言うドジン。
「ええ。」と、答えるイス。
「越えれば、一気に進みそうだな・・この女は。」
「私のタイプじゃないけど。」

「拒否できない好みってのもある。」
「自信があって好きです」
「勇気をふるわせることばだ。理性じゃなく感性に自分を任せてみるのはどうです?・・それとも・・俺に任せてみるとか・・?」と言うドジン。

イスにキスしようとするドジン。ジョンロクが来てしまい、慌てて寝たふりをするイス。

寝てるイスだと思い、抱いて部屋に寝かせろと言うジョンロク。イスを抱いて、部屋のベッドに投げ出すドジン。

「俺はソファで寝れない。」と、言うドジン。
「じゃあ、もう1度抱いてメアリの部屋に!寝たふりがバレてしまう。」と、言うイス。
「2回は出来ませんよ。何キロなんだ?」と、からかうドジン。

一緒に寝たと誤解される・・と、言うイス。
起きたフリで部屋を出て行くイスなの。

ドジンが家に戻ると、「料理を趣味にする・・」と、ユンが朝食を作っていた。

ジョンロクに、「ユンに恋愛をさせよう。欲求不満か俺に気があるのかも。エプロンまでしてる。」と、言うドジン。
聞いて怒るメアリ。

イスの携帯に、「テサン、俺は今。ソ先生と同じ部屋にいるんだがこの女、かなり可愛いぞ。抱けば押し倒しそうだ。どうすればいい?」と、メールが来る。

このメールは昨日、イスと部屋にいた時、ドジンが書いたものよね。携帯の電源が切れ、遅れて届いたのだと思います。
「テサン」と書いてるけれど、本音をイスにメールで、伝えてるドジンでしょうね。可愛い。


ドジンたちに汚い手を使い、嘆願で噛みついて来たパク・キョンドゥク。違法行為を探し出し、同じ手で噛みつこうと言うドジン。

不法な建て増し、建築法に反する建物を指摘。訴訟は取り下げないと言うドジン。
「土方やろう」と、言葉に激怒するテサン。

5センチでも、違法ならば5千万の罰金になる。多数の建物を所持してるので違約金も多い。
「明日までに、未納金を完納して嘆願を取り消せば、身分復帰は可能だ。」と、パク・キョンドゥクに言うテサン。

胃けいれんで、病院にいるセラを心配するイス。イスがテサンに電話するが、「その程度なら・・」と、拒否するテサン。
咄嗟に「地方にいるんですね。」と、セラに誤魔化すイス。
気まずい2人になってるわ。テサンとセラ。

メアリにユンの事は言わず、「お前がいない2年間、会いたくて死にそうだった。」と、言うテサン。

試合に行くセラに、ストレスを受けず頑張って・・と、応援するイス。体が不調でも、賞金のために試合に行くセラ。

ユンの事務所
イ・ミギョンから誕生日のお弁当が届く。
「私のプレゼントは受けないの?イ・ミギョンって誰?」と、言うメアリ。
「義母さまだ。」と、答えるユン。

卒業アルバムに、テサンの写真を戻すイス。
「私はセラの味方よ。捨てる事も出来ないし、燃やす事も出来ないから。元の場所に戻すの。」と、言うイス。

セラの本気を知り、テサンをセラに託す決意のイスでしょう。だから、嫌いとかじゃなくて、テサンの写真を戻した。

「テサン、ソ先生が俺の電話に出ないんだ。悲しいな。なぜ、出ないのかって責めちゃダメだよな。片思いって辛いな。」
メールを受け取るイス。

また、テサンと書いてるけれど、自分の思いを知って欲しいドジンでしょうね。

セラが初試合で1週間、家を空ける間にホームバーを作ると言うテサン。
「じゃ、ソ先生1人か?」と、驚くドジン。
仕事をドジンに任せ、一晩で出来ると言うテサン。

「ソ先生が俺を好きだそうだ。お前はそれを知っていた。なぜ、言わなかった?」と、言うテサン。
「・・言った所で揺れないだろう?」と、言うドジン。
「揺れたら?」と、答えるテサン。

そこへ来るイス。

続く・・

テサンはセラを思ってるので、イスに揺れるはずはないと思います。でも、ドラマ的に三角関係の方が盛り上がるから、どうでしょ。

今回、驚いたのはユンのメアリへの思いです。ずっと、努力するほど耐えていたなんて。大人ですね。メアリと結ばれて欲しいわ。

でも、テサンとしては信頼出来るユンでも複雑なんでしょうね。愛する妹の彼氏を認めることは。

ジョンロクの妻、ミンスクは離婚するといいつつも、友達の冴えない旦那を見て、ジョンロクを自慢したかったのです。
そんな妻の思いに見事に応えて、颯爽と登場。友達の前で見栄を張るミンスクでした。
そんな形でも、あの2人仲良くして欲しいですね。

前半、ドジンとイスの絡みが1番楽しい。キスしそうだったのに、ジョンロクが起きて来てダメでした。
大人のラブコメディというジャンルでは、「最高の愛」よりも大好きな作品です。
続きが気になりますね。永久保存版です♪

CNBLUEのジョンヒョンも出演している"紳士の品格"サントラ!!チャン・ドンゴン、キム・ハヌル「...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年07月13日 | Trackback(0) | 紳士の品格

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌