お願い、キャプテン 11-12話あらすじ

ジウォンの過去が暴かれてしまいました。ユンソンの苦悩もいつか知るダジンでしょう。

出演 チ・ジニ、ク・ヘソン、イ・チョニ、クララ、ユ・ソン、チェ・イルファ、イ・アヒョン


11話

ダジンを家に入れるジウォン。
「なぜ、あなたが?」と、聞くダジン。
「ヨリを戻したと伝えたはず。」と、答えるジウォン。

「あなたに人を愛する資格はないわ。特にキム機長は・・」と、言うダジン。
「彼の何を知ってるの?」と、聞くジウォン。
ユンソンのすべてを知ってるかのように自慢する。

「あきらめて。」と、言うジウォン。
「勘違いしないで。服を返しに来ただけ。」と、帰るダジン。

ユンソンが家に戻ると、自分の服に着替えているジウォン。

ユンソンがいない間に、ダジンが来ると予想してシャツに着替えたのよ。そして諦めるように言うなんて。何も知らないユンソン。

家に戻り1人泣くダジン。

上着が家にあったので、ダジンが返しに来たと考えるユンソン。自分を避けるダジンに「無用な誤解は不快だ。」と、言うユンソン。

飛行中、ケガをした夫に会いに行くと言う女性が騒ぎ出す。「早くおろして。夫に会いたいの。伝えたい事があるの。」
飛行機の遅れで、動揺する女性に声をかけるジウォン。ユンソンは救急患者がいるので、優先着陸を要請する。

ユンソンに「機長にとって、守るべき人はチェ・マネージャーですか?上空と同様、地上でも機長を信じれば守ってくれます?」と、聞くダジン。
「僕は自分自身も守れない。」と、言うユンソン。

デートするマルジャは、ポソンをユンソンに預けてしまう。ジウォンも来て3人でいる時、ダジンが迎えに来る。
気まずいジウォン、ユンソン、ダジン。

ユンソンの家に、ジウォンがいるのを見て、
「姉さんを殺した人間がどうしてここにいるの?あんたは幸せになる資格はない。姉を殺し、遺族を苦しめた報いよ。」と、責めるマルジャ。
ユンソンが来て止める。

翌日、仕事を休むジウォンを心配するユンソン。熱で寝込んでるので看病する。

ユンソンに「機長が誰と付き合おうと構いません。でも、チェ・マネージャーだけはダメです。」と、言うダジン。

ダジンに「キム機長はあんたに気があると思った。あの2人は怪しい。仲を引き裂く。」と、言うマルジャ。
とめるダジン。

ダジンに、借金の返済を済ませたと告げるドンス。
「なぜ?何様のつもり?」と、怒り出すダジン。
「ごめん・・身勝手だった・・」と、言うドンス。

ジウォンの看病で、仕事を休むユンソン。ユンソンの携帯に出たジウォンなので、誤解するダジン。

「私のせいで、仕事を休んだの?そばにいて・・」と、言うジウォン。
「昔とは違う・・」とジウォンを拒むユンソン。

「ハン副機長のせい?先輩が好意を寄せたりしたら・・彼女を2回、殺すことに・・」
「君をみるたびに・・事件を思い出す。来るのは最後だ。」と、帰るユンソン。

ユンソンの家に来て、「私もそばにいたい・・会いたい・・」と、つぶやくダジン。車から、ダジンを見守るドンス。

帰って来たユンソンに「彼女に借りを作るな。あんたに惚れてる。関心を持ってやれ。」と、言うドンス。
「おせっかいで、血の気の多い女は嫌いだ。」と、言うユンソン。

「彼女をこれ以上、待たせるな。苦しめるな。」と、ユンソンを殴るドンス。

とめるダジンに「ハン・ダジン。2度と待つな。」と、言うユンソン。

ダジンの事故を知り、慌てて病院に行くユンソン。
ダジンを見て突然、キスをする。

12話

ユンソンとダジンのキスを目撃するドンス。

Wエンジェル選抜大会を企画するミジュ。

ジウォンと話すユンソン。
「私が平気になるまで食事したり、お茶して。私が先輩を手放せるまで、静かに見守って。」と、言うジウォン。
「出来ない。ダジンに近づくのは罪だから・・僕は彼女を引き離すのに精一杯なんだ。」と、言うユンソン。

パルボンが、マルジャのCDデビューの夢を叶えてくれたので、ラブラブな2人。

苦悩するユンソンはダジンを避ける。

ユンソンにプレゼントを買うミジャ。「会ったら、挨拶するだけの仲でいよう。」と、拒否するユンソン。

ジウォンの事を調べるミジュ。当時の事を知る女性から話を聞く。

乱気流と初フライトとはいえ、ジウォンが転ばなければ、赤ん坊は敗血症にならなかった。出血多量の産婦も、気づくのが早ければ助かった事を。

ドンスを慰めるダジン。
「俺じゃないだろう。慰める相手は・・」と、言うドンス。
「見てみぬフリをしてよ。」と言うダジン。

「ドンスも機長も・・誰も傷つきませんように・・」と、願うダジン。

Wエンジェル選抜大会、1位になるジウォン。悔しいジュリに、声をかけるミジュ。

「あなたも惜しかったわ。つらい過去に打ち勝った彼女に対する・・天からのご褒美かもね。でも、会社としては・・あんな人が選ばれたのは納得いかない。」と、言うミジュ。
「チェ・マネージャーの過去・・?」と、聞くジュリ。

ジウォンの周囲で、噂話をする仲間たち。
「7年前、自分の不注意で乗客を死なせておいて、笑うなんて普通できません。」と、言うジュリ。
笑うミジュ。

噂を知り、ジウォンを心配するユンソン。

ドンスに、ダジンへの愛は本物かと聞くユンソン。
「僕が彼女といれば・・僕も彼女も苦しむ事になる。彼女のそばに君がいてあげてください。」と、ドンスに言うユンソン。

「なぜ、自分に嘘をつく?俺は・・これからはやりたいことをやる。彼女を守る。」と、言うドンス。
最後まで、戦うと言うドンス。

ドンスの言葉、「つらいなら機長に言え!」と、思いだしユンソンに会いに行くダジン。

ダジンに会いに来るユンソン。
「勝手に航路を変えたくせに・・雷雨が怖くて逃げた。卑怯よ。混乱させないで!」と、言うダジン。
ダジンを抱きしめるユンソン。

続く・・

「自分の気持ちを変えたのなら、貫いてください。」と、言うダジンでした。

キスしたり、避けたりと迷うユンソンなので混乱したダジンでしょうね。

ジウォンの過去を暴き、追いだしたいミジュなのかしら。会社には必要だと思うのだけど。
ホン・インテはこの11、12話は登場しませんでした。

【送料無料】【輸入盤】 お願い、キャプテン 韓国ドラマOST (SBS)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌