ラブレイン 17話あらすじ

将来のある子供たちジュンとハナを思い、愛を譲る大人の恋愛でした。

出演 チャン・グンソク、ユナ、チョン・ジニョン、イ・ミスク、キム・ヨングァン、キム・シフ

ラブレイン <完全版> DVD-BOX 2
ラブレイン <完全版> DVD-BOX 2


17話

ユニとイナに会いに来るヘジョン。
「結婚しないのは本当よ。あなたとは関係ないわ。今度、会う時は友達として・・」と、言うユニ。

イナに「結婚をやめた理由は・・ジュンに関係あることのようね。ジュンは私の子よ。絶対に手放さない。」と、言うヘジョン。
「その考えが間違っている。」と、言うイナ。

ハナと一緒に隠れ家に来るジュン。
「一緒にいよう。今日はお前とここにいる。」と、言うジュン。

ネックレスは捨てたと言うハナ。「指輪を捨てたでしょ。」と。指輪を出してみせるジュン。

「お前に渡すから・・もし、決心がついたらもう1度、俺にくれ。俺はもう、決めたから・・」と言うジュン。

ユニから電話で、大学の急用・・と、嘘をつくハナ。

テソンから、「ハナには好きな人が・・止めてください。彼女には合わない。」と、言われるユニ。

ハナの部屋にあるデジカメで、ジュンと一緒に写るハナを見るユニ。ジュンたちの言葉を思い出し、愕然とする。

夜を共に過ごすハナとジュン。
「・・運命じゃなくて・・お互いを見つめあって一緒にいよう。この恋が実るかどうか・・一緒にみよう。」と、ハナに言うジュン。

ジュンに指輪をはめるハナ。
「ジュンさんを選ぶわ。ジュンさんは私にとって・・いつも・・1番だから。ジュンさんの味方になる。」と、言うハナ。
抱きあう2人。

翌日、ジュンと一緒に戻って来たハナを見るユニ。

ジュンに会いに来て、イナが結婚をやめた理由を聞くヘジョン。


ユニに好きな人の事を話すハナ。
「ママ、ごめんなさい・・準備が出来たら会わすわ・・どんな人か。」

「ひとつだけ・・ママは愛する人の思いを優先させたわ。でも、ハナには自分のための恋をしてほしい・・ママからのお願いよ。」と、言うユニ。

テソンに会い、「彼の事しか考えられない。ごめんなさい。」と言うハナ。

イナに会うユニ。
「幸せな記憶はそのままで・・考えが変わったの。あんな風に別れても30年、生きて来たわ。一緒にいることだけが愛じゃない。子供たちにはケンカしても・・ずっと一緒にいてほしいの。愛する人と・・」と、言うユニ。

「知ったのか?」と聞くイナ。
「知ったわ。別れようと、決めてくれてありがとう。」と、言うユニ。

夜、ハナに会いに来るジュン。
「父さんを理解したくなかったけど、お前に出会ってから変わった。理解できる。」と、言うジュン。
「私も同じよ。ママは悲しんでいるけど・・ジュンさんに会うと私は幸せだから・・」

「それでも、一緒にいよう。永遠にずっと・・」と、ハナの手を握りしめて言うジュン。

翌日、イナに会いに行くハナ。
「ジュンさんの代わりに来ました。私たちの事を思ってくれて・・ありがとうございます。”ありがとう”も、”ごめんなさい” も言えないまま、考えすぎてるようです・・」と、言うハナ。
「わかってる。ありがとう。ジュンの恋人として会うのもいいな。」と、言うイナ。

ジュンの家に行くハナは、ヘジョンと会ってしまう。「あなたがなぜ、ここにいるの?」

ジュンと会うユニは、目の調子が悪くよく見えない。ユニの様子に驚くジュン。

続く・・

ユニもイナも2人の事を知りました。
結婚はやめて正解ですよね。子供たちを思い、自分たちは身を引くイナとユニです。

ヘジョンがまだ、ジュンとハナの事を知りません。知ればまた大騒ぎでしょうね。

大人のせいか、ユニとイナはアッサリと別れた気がしました。結婚だけが愛の形とは思えないので、ユニの考えに賛成です。

DVD付き 韓国ドラマ ラブレイン ビジュアルメイキングBOOK (1週間MOOK)
アミューズメント出版部
4063486451


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年07月22日 | Trackback(0) | ラブレイン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌