スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

太陽を抱く月 3話あらすじ

子役時代から初恋を温めてる作品ですね。国巫チャン・ノギョンの存在も興味深いです。

出演 ヨ・ジング、キム・ユジョン、イ・ミンホ、イ・ウォングン、キム・ソヒョン、チョン・ミソン


3話

ミナ公主の学友として、大提学ホ・ヨンジェの娘・ヨヌが宮殿に来る。ユン・デヒョン吏判の娘・ボギョンも来る。

ボギョンにあの事は忘れ、仲良くしましょうと言うヨヌ。
「敵を作るな。それが政治だ」と、父に言われた事を思いだし、笑顔で「仲良くしましょう」と、返事するボギョン。

世子(フォン)はヨヌに会いたいので、手紙を送る。

手紙を受け取るが、ヒョンソンに聞かれた時、「違います」と、言ってしまうヨヌ。
ヒョンソンは、世子が慕う娘はボギョンだと勘違いする。

国巫ノギョンに、世子妃の人相を占うよう指示する大妃ユン氏。

ヨヌとボギョンを見て占う国巫チャン・ノギョン。「将来、交泰殿の主、王妃になられます」
ユン吏判の娘ボギョンがなると言う。

しかし・・
「王妃の相であるのに、王妃になれない運命」のヨヌ。
「王妃の相ではないが、王妃になる運命」のボギョン。

2つの月、2つの太陽と、死の気配を感じるノギョン。これは大妃ユン氏には伝えていない。

蹴まりを見学するミナ公主、ヨヌ、ボギョン。世子を見つめるヨヌに気がつくヤンミョン。

成祖はミナ公主の学友、ヨヌとボギョンに会う。
ヨムが好きなミナ公主は、ヨヌが特に好きだと言う。成祖の質問に答えられず、悔しいボギョン。

宮殿で見聞きしたことは、外で語ることはならぬと言う成祖。

ヤンミョンは成祖に、「好意を抱く女性がいます。」と告げる。
婚礼の計画があるのなら、自分の希望も考えて欲しいと言うヤンミョン。「最初で最後のお願いです・・」
相手はヨヌと聞いて、考えると答える世孫。

成祖は、ヤンミョンを避けてる感じがするけれど、宮殿に来るなとは言ってないの。慎重にと思い。冷淡な訳ではなさそう。

ヨヌは、世子の手紙の意味がわからなかった。「お前のせいで眠れなかった。使いを送るから会おう」
ソルに聞くと、果たし状だと言われ驚く。

ボギョンを迎え、世子に会わせるヒョンソン。ヨヌが違うと答えたので、ボギョンを呼んだ。

「入宮したと聞いて・・会いたかった」と、言う世子。顔を見るとボギョンなので、間違いだ!と、告げる世子。

世子の言葉から、呼んだのは自分ではなくてヨヌだと考えるボギョン。

父・ユン吏判に、ヨヌはイ・フォンという男から、手紙をもらったと話すボギョン。

大妃ユン氏に、ボギョンが世子妃の相であっても、成祖に気に入られてる大提学の娘・ヨヌがいると言うユン吏判。
国婚を急ぐ事に。

「なぜ、ヨヌが嘘をついた?」と、考えるヒョンソン。
最初に世子が、身分を誤魔化したので、存在が薄いのだと説明する。

ヨヌ頭の中を分析するヒョンソン。
兄のヨムが7割。ヤンミョン君が2割。キム・ジェウンが1割。世子は目くそほどの点の存在だと。怒る世子。

世子が、ボギョンと会った事を成祖が知る。
世子を呼び、事実確認をする。
「誤解です。会いましたが、思いを寄せてる人は違います。」と、言う世子。

好きなのはヨヌであると告げる世子。
「あの娘を政治の犠牲にして良いのか?聞かなかった事にする。」と、怒る成祖。

ヨヌに世子に呼ばれ、コッソリ会ったと話すボギョン。

宴会
「逃げてください。お嬢様には運命を受け止められません。」と、言うノギョンの姿を見るヨヌ。

ヨヌを連れだし、
「覚えているか・・?私が誰か・・王世子・・イ・フォンだ。」と、ヨヌに言う世子。

「すまない・・忘れられない。」と、笑顔の世子。
見ているヤンミョン。

続く・・

世子は本当にヨヌが好きなのです。で、ヤンミョンもヨヌが好き。この初恋が、大人になってもラブラインとして続くでしょうね。

ノギョンが見ると、ヨヌは王妃になれる相でありながら、運命的にはダメなようです。
ヒロインはヨヌと、ウォルという2役らしいので、今後の展開も気になりますね。
ヨヌは死んじゃうのかしら。そしてウォルという人物が登場なのかなあ。

ヤンミョンはずっと、片思いで切ないキャラでしょうね。
ノギョン役のチョン・ミソンが出演すると、ドラマはヒットする・・と、記事で読んだ事があります。
この作品も大ヒットなので、楽しみです。

韓国音楽 キム・スヒョン、ハン・ガイン主演のドラマ「太陽を抱く月」Special Edition O.S.T

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年08月26日 | Trackback(0) | 太陽を抱く月

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。