光と影 35-36話あらすじ

生まれ変わったように出直すギテです。

出演 アン・ジェウク、ナム・サンミ、イ・ピルモ、ソン・ダムビ、チョン・グァンリョル、アン・ギルガン


35話

チョヨンたちが記者会見で、ギテを待っていたが・・中情に連行されるギテと、チョ・テス。

スヒョクの条件は、「ギテを自由にしないこと」だった。キム部長はギテたちに、船で韓国から離れろと言う。

涙でギテを見送るジョンヘ。

1980年春

サンテクは団員を連れて、余裕で生活している。スヒョクが、ハンビッ会をまとめて信頼も得ていた。

ソン・ミジンの香港投資の件を、横取りするミョングク。後ろ盾がないので、身を引けと言われ弱気になる。

スヒョクに相応しい女になったと、告白するミョンヒ。

36話

チョン将軍に、中情の部長代理として動く事を提案するスヒョク。

政治資金に悩むスヒョクは、チャン・チョルファンと会う。
「在日韓国人たちが、韓国への投資を考えている。」
韓国に銀行を設立すれば、莫大な資金を出してくれるだろうと言う。

キム・プンキルと会うことにするスヒョク。
昔は敵だったが知り合いであり、法的な代理だとキム部長が来る。

ビクトリアを潰す気のミョングク。高利貸しに手を出しても、借金を払う気のミジン社長。

ミジン社長に、「私が攻撃する番だ」と、お金を差し出すキム部長。自分のせいで、困ってるのを知っているから援助する部長。

4年間を無駄にしない、成功すると母に言うギテ。

シン団長に頼まれ、サンテクと共にクラブで仕事を任せるミジン社長。ビクトリアは、経営困難と心配するサンテク。

ミョングクがマンガンを使い、ビクトリアの営業妨害をしてくるが、ギテとチョ・テスが危機を救う。

ギテの容疑はキム部長が晴らし、ソウルに戻って来たので動揺するチャン室長。

「ギテなど、恐れる事はない」と、言うスヒョク。
「ギテより生意気なスヒョクを消せ!」と、怒鳴るチャン室長。
今は、スヒョクに逆らえないと言うミョングク。

ジョンヘに一緒に暮らそうと言うが、拒否されるスヒョク。

ショウブラザーズの契約が欲しいミジン社長はギテに頼む。

続く・・

経営困難なビクトリアを救うギテでしょうね。
女性はメイクで雰囲気がかなり、変わって来ました。ジョンヘは大女優になってます。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年08月29日 | Trackback(0) | 光と影

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌