スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

愛情万々歳 ブラボー!マイ・ラブ 39-40話あらすじ

ドンウの秘密はジュリにも関係してると予想です。

出演 イ・ボヨン、イ・テソン、チン・イハン、ペ・ジョンオク、ピョン・ジョンス


39話

ジュリが突然、別れると言ったのを納得出来ないドンウ。何かあると考え、母と寺に行ったことを聞く。

「あの日、母と何を話した? ”約束は守る” ってどういうことだ?」
「私と結婚すれば、縁を切られると言ったわ。」と、誤魔化すジェミ。

ジュリは恥も捨て、ヒョンドに戻ってもらおうと決意する。

ジェミのため、健診センターでお粥の大量注文を頼むヒョンド。会話を聞いてしまうジェミ。

ヒョンドを呼び、「仕事も家庭も失って・・そんな姿は見たくなかった。酷すぎるわ。見ていて胸が痛むわ。」と、泣き出すジェミ。

ヒョンドの家に行き、ジョンヒにヨリを戻すと言うジュリ。
「力を貸して。」
「チャンスはあったのにあなたが拒んだ。彼の心が離れてるのよ。無意味よ。」と、言うジョンヒ。

「娘のセラから、父親を奪う気?お金なら出すわ。」
「父親がいなくても、子供は育つわ。」
ジョンヒに土下座して頼むジュリ。

お粥のフランチャイズ、一次通過するジェミ。次で潰すと言うジョンス。

母を尾行するドンウ。

40話

寺に行くクリスタルを尾行するドンウ。亡くなった子の位牌がある事を知る。

クリスタルに事情を聞くドンウ。
「お前の上に子供がいたの。ジュリとお前・・どちらかが、私の生んだ子じゃないの。亡くなった子の代わりに養子にしたの。」と、言うクリスタル。
驚き、「どっちだ?」と、聞くドンウ。

「ジェミは道理のわかる子だったわ。事情を知れば、別れるといってくれた。これで、お前の聞きたい質問の答えになる?」と言うクリスタル。

「それでも結婚すると言い張れば、親不孝に・・恩知らずになってしまう」と、言うドンウ。
親の事は聞きたくない、秘密は知られたくないと。

ヒョンドの事で、ジョンヒと会うジュリ。
離婚も止めた、彼の心まで動かすことは出来ないと言うジョンヒ。「協力しないのね?」と、怒るジュリ。

ジョンスに1週間で、新メニューを作るのは無理だ・・と、言うヒス兄。また、ジェミから盗もうと言う。

ジョンスがメニューを盗む・・と考え準備するジェミ。同じメニューの場合、一次の点数が高いジョンスが有利。

セリと鶏肉のお粥でなく、童顔粥を準備するジェミ。

ヒスは妊娠高血圧症であり、入院を勧められるが拒否するジョンス。夫のそばにいたいと言うヒス。

サニーは所帯持ちと付き合い、子供を生んだが育てられず、捨てた様子。
探しても、遠くから見るだけで十分と言うサニー。

夫に「ドンウが養子だと話したの。ジェミとは別れるわ。」と、言うクリスタル。
「子供にそんなひどい事を!」と、怒る夫。

養子はドンウじゃなさそう。離婚するのはジュリだけでいいと、クリスタルだから。

「気持ちは変わらない」と、言うジェミに会うドンウ。結婚写真を見せ、思い出す2人。

「君は言った。別れの理由を知っても変わらないと・・諦める。愛してくれてありがとう・・振り返れば、何もかも有り難い。永遠に忘れない。」と、言うドンウ。

突然、病院長から誘われ、中国からの整形患者を担当して欲しいと言われるヒョンド。外科長に・・と、喜ぶジョンヒ。

ヒョンドに謝罪に来るジュリ。
メイクも薄め、地味な雰囲気で真面目にあやまる。

「私のせいよ、許して。セラにも会わせるわ。あなたとの結婚に失敗しても、人生には失敗したくない。」
今後も、支えて欲しいと言うジュリ。

「そうよ、私があなたを離さない」と、1人つぶやくジュリ。

続く・・

病院長からの誘いは、ジュリの計画だと思います。恥をかかせる気なのかも。

ジョンスも、ジェミがわざと捨てたレシピをマネしそうです。

【送料無料】【輸入盤】 愛情万々歳 韓国ドラマOST (MBC) [ Various Artists ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。