スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

太陽を抱く月 5話あらすじ

星宿庁の国巫という立場、存在を守るため大妃ユン氏に従うノギョンでしょうか。

出演 ヨ・ジング、キム・ユジョン、イ・ミンホ、イ・ウォングン、キム・ソヒョン、チョン・ミソン


5話

世子嬪(世子妃)に選ばれたヨヌは、別宮で礼儀作法を学ぶ。手紙でヨヌを励ます世子(フォン)。

大妃ユン氏は成祖に対抗するためにも、ヨヌを消すことに。国巫チャン・ノギョンに、ヨヌを殺せと命じる。
ヨヌの着た服を使い、呪術をかけるノギョン。

だが、「天が定めた寿命を、すぐに消す術はありません・・」
原因不明の病が長引き、命を落とすであろうと言うノギョン。

ノギョンの呪術が終わり、ミナ公主に、「恐れる事はありません。これで、公主の思い通りになりますよ。」と、笑う大妃ユン氏。
この子も知ってるなんて。

突然、病気で倒れるヨヌ。宮中に病人をおけないと、ヨヌを追いだせと意見が出る。

「病人を王世子の妻にはできません。」
病気を隠したヨヌを廃妃にして、別の妃を選ぶべきと言うユン吏判。ヨヌ父のホ・ヨンジェ、ヨムも罰する必要があると。

命令で、伝染病の可能性があるからと、すべて焼却。宮中から追いだされるヨヌ。

宮殿を去るヨヌを見て泣き叫ぶフォン。

悲しみのフォンに、あの娘を忘れなさいと言う大妃ユン氏。
「あの娘が、不幸になるのは世子のせいです。兄が活躍できないのも世子のせいです。世子が逆らうと、周りに迷惑をかけます。」
言われた通り、黙って従えと言う大妃ユン氏。それが道理だと。

フォンの政治力を抑えるためにも、幼いうちから経験者に従えと、圧力をかける大妃ユン氏だわ。

ヨヌに会いに来るノギョンは、神霊が宿っていると言う。神霊を断ち切る方法はあるが、代償をヨヌの死で払う必要があると。

「あの娘は生きて、宮殿に戻ってくることはない。死んだ霊魂が墓場から出て来ないかぎり・・」と、言うユン吏判。
聞いてしまうボギョン。

世子嬪を廃妃に!と、意見で怒りと葛藤のフォン。
病人の父という事で、ホ・ヨンジェも入宮を認められない。「宮廷の中には味方がいない」と、嘆くフォン。

キム・ジェウンを護衛に、ヨヌの家に来るフォン。病気のヨヌに会いに来る。

幻だと思っていたが、本物のフォンで驚くヨヌ。
「これは太陽を抱く月だ。私の心の妃はそなた1人だ。」と、鳳凰のかんざしを差し出すフォン。

初めて会った時、泥棒と間違えてしまった事をあやまるヨヌ。
「とても幸せでした・・ご自分を責めないでください。すべて私が悪いのです」
「そんな事をいうな・・」

旅の途中、ヨヌの病気を知り戻るヤンミョン。

ヨムに家を離れ、叔父の家に行くよう指示する父。ソルにヨヌを託し、家を出るヨム。
将来、世子を守るためにも今、従えと父の意見。

ヨヌの病気が治るまで・・と、他の家に出されるソル。

「この方法だけが、死んだあとで神霊を断ち、苦しまずに目をつぶれる唯一の方法です。」
ヨヌ父に薬を飲めば、苦しむことはないと言うノギョン。

「旦那様、申し訳ありません。一生、罪を償いながら生きていきます。」
ノギョンは本当にヨヌを殺す気なのかしら!

最後の力をふりしぼり、フォンに手紙を書くヨヌ。

宮殿
眠るフォンは、ヨヌが別れの挨拶に来た幻を見る。

ヨヌの家
薬を渡せない父を見て、「楽になりたいのです。」と、薬を飲むヨヌ。眠るように目を閉じてしまう。
悲しみの父と母。

ヒョンソンから、ヨヌが眠るように目を閉じて、今日が葬儀だと言われるフォン。

「まだ、話すことがあったのだ」と、泣き叫ぶ。

続く・・

ええ?ヨヌは死んでしまった?
この5話は驚きの展開でした。ノギョンがヨヌに呪術をかけるシーンも。

ノギョンは、ヨヌの味方だと思ってたので意外です。星宿庁を守りたい気持ちもわかるけれど。
大妃ユン氏の言いなりですね。

大妃ユン氏役の女優、キムヨンエさんは「ファンジニ」の師匠役。ノギョン役がチョン・ミソンさん。チニの母役ですね。懐かしいキャストです。

薬を飲んで、違うヨヌに生まれ変わるのだと予想です。死んでいないようなので。
そろそろ、子供時代も終わるようですね。

突然な感じで、ノギョンと大妃ユン氏がヨヌに呪術をかけるシーン。カットされてる気がします。KNはノーカットとは書いてないから。
ミナ公主がなぜ、あそこにいたのかなあ。

韓国ドラマ キム・スヒョン、ハン・ガイン主演「太陽を抱く月:監督版」DVD(初回限定版/15DIS...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年09月03日 | Trackback(0) | 太陽を抱く月

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。