太陽を抱く月 7話あらすじ

巫女となったウォルを見て子供の頃を思い出す国王です。

出演 キム・スヒョン、ハン・ガイン、チョン・イル、ソン・ジェリム、ソン・ジェヒ、ユン・スンア、チョン・ミソン


7話

王様の行列を見に行くヨヌとソル。

輿の中にいるフォンに何かを感じ、涙を流して走り出すヨヌ。走りながら、フォンと手を繋いでいた事を思い出す。
これは幼い頃のヨヌの記憶。フォンを見た事で、無意識に思い出したのね。

王様の行列を見ていたヤンミョンは、走る姿にヨヌを思い出す。
数年ぶりでもヨヌを感じるの。

宮殿
輿から見た村人は絹の服を着て、きれいだったと納得しないフォン。ウンと一緒にお忍びで、貧しい人々たちを見る。

母親が亡くなった子供と出会い、父親はポヨン楼の工事で戻らないと知る。ヤンジ村のピ・ハンドルが子供の父親。
探してやると約束するフォン。

領相のスパイに尾行され、護衛のウンと逃走するフォン。森で、ヨヌの幻を見て追いかけ迷う。

導師と会うチャン・ノギョン。
「会うべき運命なら、避けても会う。強い恋しさは協力な呪術になるという・・」

殿下の体調は悪く、恋しさも強い。恋しさは切れなかった。守るべき者が、任務を果たさないから良くならないと。
ヨヌは記憶を失ったがいずれ、記憶は戻ると言われるノギョン。

自分が見た記憶は「あの方のもの・・・私にも霊力がついた」と考えるヨヌ。

霧のため、森で迷うフォンはヨヌの幻を見つけたと思っていた。ヨヌを感じるがそれは巫女だった。

迷うフォンを家に入れ、お忍びで来ているので、話しかけないようにする。
巫女の言葉から、死んだはずのヨヌが生き返った?と感じるフォン。

「なぜ、余が国王だとわかった?」と、聞くフォン。

今日の行列で見たから、国王だとわかったと言うヨヌ。子供の時、神降ろしをして巫女だと説明する。
巫女(ヨヌ)の言葉から、幼い頃のヨヌを感じるフォンなの。

「名前はありません。神母さまが縁を結ばぬよう、付けなかったのです」

「短い関わりだが、これも縁だ。余はお前に月(ウォル)と名付ける。酒の礼だ。」
ヨヌと知らず、ウォルと名をつけるフォン。

数年ぶりにヤンミョンと再会するフォン。
まだ、あの子を思ってるのかと聞くと、「この世にいないだけ・・」と、答えるヤンミョン。

ポヨン楼の工事に、大量の炭が使用された、用途、内訳、動員された者の名簿を提出せよと言うフォン。幼い子供のいる父親を、冬にかり出せとはいっていないと。

臨時の巫女を呼び出し、近いうちに国巫にすると言うユン領相。

ミナ公主との夜とぎを忘れるヨム。夫婦であり、うちを救ってくれた恩人だと言うヨム母。

夜、フォンに会いにくる王妃は世継ぎのため、国を思い、後宮(側室)を迎える提案をする。
すぐに迎えると返事するフォン。

「余は王妃の偽善が嫌いなのだ。心にもないことを言うわざとらしさも嫌いだ。」

「いつまで亡霊にしがみつくのですか。死者の恋敵として生きていくのですか?」と、つぶやく王妃。
突然、苦しみ倒れるフォン。

「生きていたら・・似ている」と、ウンにウォル(ヨヌ)を探すよう指示するフォン。

国王が病弱なのは、巫女の力が足りないと、チャン・ノギョンを呼べと言う大妃ユン氏。

大妃ユン氏の使者から、星宿庁に復帰するよういわれるノギョンだが断る。

手ぶらで、帰れないと神娘のウォル(ヨヌ)を拉致する男たち。

輿の中、身動き出来ないウォルは、棺の中で苦しんだ事を思い出す。

「これは誰の記憶なの?」

続く・・

フォンは賢くて、民を本当に思ってる国王ですね。
あれだけ若くて優秀だから、妬む臣下も多いのでしょう。

フォンが倒れたのは、都巫女のクォン氏が埋めたお札のせいだと思います。

それにしても、王妃のボギョンにきつい言葉を言いますね。怒りを抑えてアレだから。子供は出来ないでしょう。
側室には、ウォル(ヨヌ)を指名する流れなのかしら。

大妃ユン氏は今の臨時・巫女に納得出来ず、霊力の強いチャン・ノギョンを8年ぶりに呼び出すようです。
その前に、拉致されるヨヌ(ウォル)です。

霊力はないけれど論理で、人を見る能力があるヨヌですね。
自分の直感を霊感と感じてるけれど、それは「フォン」に対してだけのモノ、記憶だと思います。

今後、記憶が戻れば「ヨヌ」となりそうなので、今は「ウォル(ヨヌ)」と、書くことにします。

韓国音楽 キム・スヒョン、ハン・ガイン主演のドラマ「太陽を抱く月」Special Edition O.S.T

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年09月09日 | Trackback(0) | 太陽を抱く月

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌