スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

イニョン王妃の男 1-2話あらすじ

ケーブルチャンネルでは放送当時、視聴率1位を記録した人気ファンタジーラブストーリー。時空を越えた愛、「屋根裏部屋の皇太子」同様、好きな作品になりそうです。

2012年
出演 tvN 全16話
キム・ブンド (チ・ヒョヌ) 弘文館の校理
チェ・ヒジン (ユ・インナ) 女優
ハン・ドンミン(キム・ジヌ)俳優
チョ・スギョン(カ・ドゥッキ)親友
ユン・ウォル (チン・イェソル)キーセン
チャス    (イ・グァンフン)刺客
ユン・ナジョン(パク・ヨンリン)ライバル女優

脚本 ソン・ジェジョン
演出 キム・ビョンス

↓OST



1話

2012年4月
チェ・ヒジン(ユ・インナ)は売れない女優。
マネージャーのチョ・スギョン(カ・ドゥッキ)は親友でもある。

ドラマ「新・禧嬪張(チャン・ヒビン)」、イニョン王妃役のオーデションを受けるヒジン。

そこで再会したのは元彼のハン・ドンミン(キム・ジヌ)。
韓流スターであるドンミンとは同意で別れた。女遊びの激しいドンミンは、「新・禧嬪張」の粛宗役。

つまり、ヒジンがイニョン王妃役を得れば、元恋人と夫婦の設定になるの。

1694年4月 粛宗(スクチョン)20年

5年前、粛宗はイニョン王妃を廃妃した。これに反した西人を粛清し、張禧嬪(チャン・ヒビン)を王妃に据えた。

しかし、権力を握った南人の横暴ぶりを見て、粛宗の心が変わる。西人はイニョン王妃の復位をもくろむ。

南人の右議政ミン・アムは、イニョン王妃の殺害を企てた。この手紙をブンドに奪われてしまう。

王命を受け、イニョン王妃暗殺を阻止する弘文館の校理キム・ブンド(チ・ヒョヌ)。

王妃殺害の手紙を書いた右議政ミン・アム。

イニョン王妃に会い、ミン・アムの手紙を見せて、チャン・ヒビンの廃位を奏上すると言うブンド。

キーセンのユンウォルに手紙を預け、お守りをもらうブンドは宮殿へ向かう。

王に報告しようと宮殿に行くブンドは、弘文館で刺客チャスに襲われ、タイムスリップしてしまう。

現代の弘文館にタイムスリップしてくるブンド。

ドラマ「新・禧嬪張(チャン・ヒビン)」撮影中。
イニョン王妃役に決定したと、嬉しそうに話すヒジンと出会うブンド。

「ここはあの世か、夢なのか・・」と、ヒジンに聞くブンド。

「これが彼との出会いだ。300年もの長い時間を越えてきた彼の事情を・・私は知らない。だから、正直に答えた。あなたは・・頭のネジが緩んだの。」と、笑うヒジン。

出会いからワクワクですね。妙な事を言うブンドをからかうヒジンです。

ハン・ドンミンは大スター、浮気が原因でヒジンと別れ、ドラマで共演をきっかけに復縁を迫るようです。
なぜ、タイムスリップしたのかは、お守りの影響だと予想です。寺の住職からもらったお守り、これが秘密かも。

2話

俳優を夢みて挫折、おかしな事を言った・・と、ブンドの事を考えるヒジン。

イニョン王妃の役が決まり、スギョンとお祝いをするヒジン。

売れない時代が長く、これをきっかけに、スターのドンミンの名も借りて、売りだそうと言うスギョン。

突然、家に来たドンミンは台本を出して演技の練習を強要する。拒否すれば、役をおろす・・と、軽く脅されるヒジン。

仕方なく付き合って練習していると、キスしてくるドンミン。「役はお前のものだ!」と、帰って行く。

タイムスリップしたブンドは状況を理解出来ない。しかし、お守りの文字を読むと朝鮮時代に戻る。

お寺で傷の手当てをして、お守りの意味を聞くブンド。
「時間の道は未来へ通じ、その隙間が人を救う」
書いた和尚さまは、普賢寺にいるといわれる。

「奇異なことが・・死んだと思ったが生きていた。夢だと思ったがそれも違った。」
見た風景、状況が理解出来ないと言うブンド。

ブンドは両親を失っている。過去を思えば、何でも受け入れられると言う。

ユンウォルは、ブンドの亡き妻の使用人だった。
ブンドが助けにくるはず・・と、右議政ミン・アムに人質として捕まってしまう。

(回想)
ブンドは父親の陰謀を知らず、免罪になった。一族は厳罰に処された。右議政の提案で、慈悲として命は助けてもらう。
父親のいないブンドは無力だと考えた右議政。国王に気に入られてるブンド。

「キム・ブンドをなぜ、始末しない?」と、怒るチャン・ヒビン。
「キムは王様が目をかけた男です。今、やつを消せば、王様は後々、私どもを恨むでしょう。」と、言う右議政。
(回想・終)

撮影現場
ライバル役になるユン・ナジョン(パク・ヨンリン)に、挨拶をするが無視されるヒジン。

「どうやって役を得た?」と、聞かれ不安になるヒジン。

ドンミンに聞くと、後押ししたと言われる。
「俺とつきあうなら、知名度をあげろ。ナジョンより有名にしてやる」と、言うドンミン。

気分転換に散歩するヒジンは突然、馬に乗り現れたブンドに驚く。刺客も同時に現れ、殺害するブンド。

「血のりがついてる。これは撮影よね?この人は死んだの?」と、聞くヒジン。
「撮影とはなんだ?ネジが緩んでるといったな?正気でないということか?私は正気だ。そして生きている。ここはどこだ?」と、言うブンド。

制作発表会に来ないヒジン。

「私には理解不能なのだ。」と、言うブンド。殺害された刺客は灰となり、消えてしまう。
驚き倒れてしまうヒジン。

続く・・

面白いわ。
タイムスリップものとして、「屋根裏部屋の皇太子」を視聴終えてますが、笑えるシーンが多いですよね。
これも、時代が違うので戸惑うブンドになりそう。

悪党の右議政ミン・アムは南人。キム・ブンドは西人のようです。
このドラマでは、朝鮮時代と現代を行き来する事が出来るようで、それも先が読めない展開で期待してます。

「チャン・ヒビン」は見てないので、イニョン王妃の存在も知りません。
チ・ヒョヌは、「千回のキス」「セレブの誕生」「オーバー・ザ・レインボー」を視聴してます。

ユ・インナは「最高の愛 恋はドゥグンドゥグン」「シークレット・ガーデン」を。
他の俳優さんは初めての人が多いです。
ロマンチックなラブストーリーなので楽しみです。

イニョン王妃の男 DVD-BOXI
イニョン王妃の男 DVD-BOXI
バップ 2013-09-18
売り上げランキング : 746


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。