イニョン王妃の男 6話あらすじ

ヒロインのヒジンがすごく可愛い。自然体で楽しめますね。

イニョン王妃の男 DVD-BOXI
イニョン王妃の男 DVD-BOXI
バップ 2013-09-18
売り上げランキング : 746


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 チ・ヒョヌ、ユ・インナ、キム・ジヌ、カ・ドゥッキ、チン・イェソル、パク・ヨンリン


6話

1964年3月23日 済州島
刺客と争い、危険なブンドは現代にタイムスリップする。

朝鮮時代では、ブンドの脱走を知り報告する役人。

現代の済州島
観光客が落としたバッグを拾い、ガイドブックを見る。傷の手当てをしてヒジンに電話をかけるブンド。

飛行機に乗るため、ブンドの身分証をユンチョルに作ってもらうヒジン。

振りまわされるだけで捨てられる恋愛・・と、ブンドの事を言うスギョン。
「心配しないで。これで最後だから。見逃せない事情があるの。」と、言うヒジン。

済州島で仕事をするドンミン。
ナジョンに、
「ヒジンと交際してないのは、ナジョンのレベルにあがるまで待ってる。」と、言う。

ヒジンとの出会いを偶然なのか・・と、考えるブンド。
「偶然などありません。現世に偶然はなく、因果のみがある。」と、和尚の言葉を思い出す。

済州島の空港まで来てくれるヒジン。
「感謝してよね。捕らわれの身を逃れたのよ。」と、ブンドに言う。

ドラマの予告を見て、王妃役のヒジンに驚くブンド。
「王妃役なのか?」
「そうよ。私はあなたが、命を懸けて仕えてる王妃役よ。」
「それが女優というものなのだな。」と、理解するブンド。

「初めて美人に見えた。韓服の方が似合う。」と、言葉に照れるヒジン。
やり手の意味がわかり、否定すると言うブンド。

2人が、同じ飛行機に乗るのを心配するスギョン。離れて座るというヒジン。
ブンドの身分証を届けるため、済州島へ来てすぐ、ソウルに戻るヒジンなのね。

スギョンはブンドのことを、芸能人のヒモになるタイプと、嫌がっている。マネージャーは家族同然と、ブンドに質問する。

両親は他界してるが、遺産で生活している成均館の大学生・・とわかり驚くスギョン。父親の仕事は高官、北村の伝統家屋に住んでると理解する。

公務を高官、北村を高級住宅地と判断するスギョン。お金持ちと・・と、納得する。

ヒジンとお茶を飲み、「なぜ、ここへ来た?」と、聞くブンド。
「身分証がないと言ったからよ。時間が出来たの。実録を読んで、気の毒に思ったの。無念の死を遂げたんだもの。感謝されるどころか質問なんて。世話になる分際で偉そうね。」と、言うヒジン。

「縁を感じているのだ。今回のことは、互いが望んだ結果、因果だ。お札を手にしたのが、”因”で、そなたに出会った。これは次の出来事の”因”となり、何らかの”果”を招く。」と、言うブンド。

うろたえるヒジンが可愛い。ブンドの言葉が意味不明なの。

カプチーノを飲むヒジンの唇についた泡を、指で取るブンド。

「”泡”をつけたのが”因”、拭いたのが”果”これが因果だ。難儀か?」
「あなたはやり手よ!あなたの行動が”因”・・私があなたをやり手と呼ぶのが、”果”・・やっとわかった。」と、言うヒジン。
笑うブンドも可愛い。

朝鮮時代
ブンドの言葉が気になり、苛立つ右議政。

飛行機の中
離陸する時、ブンドに飛ぶわ!とアクションで教えるヒジン。

「空を飛べたのは私のおかげだって、自伝を書かせよう。」と、つぶやくヒジン。

ヒジンと同じ飛行機に乗ってるドンミン、ナジョン。ファーストクラスが良いと、ワガママを言うドンミン。

同じ飛行機に、ブンド、ヒジンが乗ってるを発見。
「病院にいたストーカーだ!ヒジンに知らせよう。」と、考えるドンミン。

機内の中で逃げられないので、乗務員に告げ警察の手配をしてもらう。

動き出したブンドが、ヒジンと話すのを見て慌てるドンミン。
捕まるブンド。
「ストーカーに危害を加えられる所だった!」と、ヒジンに言うドンミン。

乗客には、共演者ヒジンのストーカーを見つけ、通報したと言い出すドンミン。ボディガードみたい!と、言われる。

連れて行かれるブンドを止めるヒジン。
「ストーカーではないの。知り合いよ・・私の恋人だから・・航空券は私のカードで買ったし、噂を避けたくて離れて席に座りました。警察に誤解だったと説明して。被害者はこっちよ。プライバシーの侵害だわ。」

ブンドの手を握るヒジンに呆れるスギョン。

「私にはわからないから教えて・・恋人になったのが”因”・・”果”はどうなるの?」
ブンドに聞くヒジン。

続く・・

ヒジンが可愛いので、感情移入して視聴してます。

現代に来たブンドは、何も知らないと思ったけれど大人ですね。ヒジンの方が、子供っぽいのが気に入ってます。

ドンミンもドタバタ系で明るいキャラ。ナジョンの意地悪も少なそう。

現代で、右議政に対抗すべき何かをすると思います。
戻ると、歴史が変わってしまいそうな気も。

チヒョヌとユインナ主演「仁顕王后の男」サントラ!!チ・ヒョヌ、ユ・インナ「イニョン王妃の男...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年09月15日 | Trackback(0) | イニョン王妃の男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌