スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

イニョン王妃の男 13話あらすじ

朝鮮時代と現代、2人の恋は叶うのでしょうか。

イニョン王妃の男 DVD-BOXI
イニョン王妃の男 DVD-BOXI
バップ 2013-09-18
売り上げランキング : 746


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 チ・ヒョヌ、ユ・インナ、キム・ジヌ、カ・ドゥッキ、チン・イェソル、パク・ヨンリン


13話

朝鮮時代
ブンドに言うユンウォル。
「女人の所へ行くのですか?こんな結果を望んで、お札を頂いた訳ではありません。旦那様の安全のためです。すべてを捨てるためではありません。女人に惑わされて・・もうひとつ・・お札は悪用すると、災いがあると言われました。」

ブンドの安全を願い、毎日お祈りをしていたユンウォル。信心深く立派なので、手助けをしようと言う住職。

ブンドは賢いが困難が多い人生。
「現世では、生き長らえるのが難しい運命だ。」
お札を書いてくれた住職だった。

「ここを去るのに使えば、お札を作った当初の意思に反します。悪用することになりませんか?」と、言うユンウォル。
これじゃ、何も言えないブンドね。

義禁府から、新しい事件が起こり、実家にいた王妃が狙われた報告を受けるブンド。王妃が狙われ、激怒で調査せよという王。

犯人の似顔絵を見て、チャスだと思うブンド。王妃の家を狙った者は、両班の服を着てた事を知る。

突然、刺客に襲われるブンドは、現代にタイムスリップしてしまう。
ブンドの周囲にいた義禁府の者たちは、消えたブンドに驚く。

ブンドが消えたのは義禁府も見てる!と、王に報告されるはずと、考えるミン・アム。

「お札1つで、生き長らえたなら、お札1つで破滅しないとも限らぬ。」
王妃の家に出入りしていたブンド。証拠を見つけた今、同じ状況を作れば良いと考える。

「信頼するキムと王妃が・・死に値する罪を犯したら・・王は激怒する」
計画するミン・アム。

現代
矢が刺さった体で、現代に来るブンドは傷を抑えて、服を隠した場所へ向かう。携帯とヒジンが用意した財布を見つけ、タクシーで図書館を目指す。

「白昼、堂々と狙うのは・・罠だ。」と、考えるブンド。

途中、倒れてしまい病院に運ばれるブンドは緊急手術となる。

ブンドのお金で携帯、財布、服などを用意するヒジン。
「スキャンダル女王と言われて、幸せなの?」と、呆れるスギョン。
「私は幸せよ。」と、言うヒジン。
「お金持ちなのが幸いね。」とスギョン。

撮影
ドンミンが怒り、粛宗役をスタッフにさせ、演技するヒジン。

ブンドの携帯に連絡するヒジンは病院へ向かう。手術中とわかり、心配するヒジン。

朝鮮時代
矢を2本受けたキム・ブンドが消えてしまい、探すが見つからない。血痕も足跡も見つからない。

現代
2本も矢を受けたブンドとは何者?と、スギョンに聞かれ驚くヒジン。

台本が修正となり、ドンミンに文句を言うヒジン。
「登場人物は実在した人よ。それを勝手に書き換えないでよ。」
「イニョン王妃の死を早めたのは俺じゃない。」と、怒るドンミン。

ブンドの言葉を思い出すヒジン。「実録の確認を・・」

図書館に行き、確認するヒジンは驚く。

ブンドの意識が10日ぶりに戻る。
実録を確認したヒジンは、
「”キム・ブンドは矢を受けて消えた。その日以来、行方不明に・・” こっちに住み始めたんだわ。」と教える。

「自分が歴史を変えたとでも?そういう人はナルシストと言うのよ・・」と、言うヒジン。

看護師から、検査と身元確認が必要なブンドと言われる。

お札を探すが見つからず、病院を脱走するブンド。図書館へ行き、実録を確認する。

「”矢を受けたキム・ブンドは消えた・・王妃の実家に侵入した者は・・キム・ブンドに似ている。・・謀反の日が来たと下男が証言した。・・キムは邪術を使い・・王妃と不義を働いたと噂が・・」

王妃は何も答えず、激怒する王。
「私を惑わせ、王妃に復位した。これは大逆罪である。」
獄中のミン・アムを釈放、キムは見つからないまま、廃位した王妃は打ち首となる。

実録を読み、衝撃のブンドはユンウォルの言葉「災い」を思い出す。

ヒジンに電話して、お札を探すブンド。
「お札は燃やした。王妃が打ち首になったのよ。行けば死刑になるわ。行かせられない。頭が悪いから、それしか思いつかなかった。」と、言うヒジン。

「嘘が下手だ。そなたは頭が悪いわけではない。知識が不足なだけだ。」

お札が半分に切れたとき、記憶を失ったブンドであり、ヒジンは同じ人生を繰り返した。
燃やせば、どんな事が起こるだろうか・・と言うブンド。

「お互いを・・永遠に思い出さないかもしれぬ。」

ヒジンの部屋で、お札を見つけるブンド。
「待って。行かないで・・こんなの酷い。責任を取るんでしょ・・」
「あの言葉は嘘じゃない。王妃さまを命がけで守るといった・・それなのに汚名を着せてしまった・・責任はすべて取る。必ず、戻ってくる。」

続く・・

まさか、歴史が変わってしまうとは。
ミン・アムに、お札の事が知れたのがまずいですね。

今の状況、戻れば王妃は打ち首なのだから、ブンドも死刑になるはず。それを汚名挽回出来るのでしょうか。
ヒジンにしたら不安ですよね。

スギョンとヒジンのやり取りが楽しい。お茶目な女子たちですね。

このドラマと「キング Two Hearts」「太陽を抱く月」「棚ぼたのあなた」が面白いですね。

チヒョヌとユインナ主演「仁顕王后の男」サントラ!!チ・ヒョヌ、ユ・インナ「イニョン王妃の男...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年10月06日 | Trackback(0) | イニョン王妃の男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。