太陽を抱く月 15話あらすじ

記憶を取り戻し、事実を知ると辛い事が重なるでしょう。王に対する嫉妬心があるヤンミョン。

出演 キム・スヒョン、ハン・ガイン、チョン・イル、ソン・ジェリム、ソン・ジェヒ、ユン・スンア、チョン・ミソン




15話

隠月閣に入れた巫女は生きていたと、大妃ユン氏に報告する臣下。

「邪悪な魂を受け入れたので、神霊さまが怒ってます。」

怒りを静めないと、隠月閣に入れた者たちにも災いが・・と、言うウォル(ヨヌ)。星宿庁で、祈祷する必要があると言って抜け出す。

ソルに会い、過去を思い出したと言うウォル(ヨヌ)。嘘をつくソルを問い詰め、8年前のあの日の事を聞く。

両親が薬を飲ませたのは、助けるためだとわかる。
神霊の宿った娘を世子嬪候補にした・・大罪になると。死んだ事にするしかなかったと言うソル。

薬を飲ませ、墓から出す事を計画してた父は生存を知っていた。
家族には、生きている事を知らせる事が出来た・・と、言うウォル(ヨヌ)。

命が危なくなるので、生きてる事はノギョンに口止めされてたと言うソル。
父親は、本当に死んだと思い込んだのかしら。

ソルに聞くウォル(ヨヌ)。
「私は神降ろしを受けていない。それなのに、神母さまは、私を星宿庁に入れた。身代わり巫女としても・・おかしい。」と、考える。

8年前、大妃ユン氏が後ろ盾だった星宿庁の国巫がなぜ、自分を助けた?と、考えるウォル(ヨヌ)。
「何の病気だったのか・・」

王の説得により、ヤンミョンは自由の身に。

ウンと会うヤンミョン。
王はあの娘と、巫女と混乱しているが自分は違うと言う。「巫女のウォルを心に留めたのだ。だから、私のものと言えるのではないか。」
ウンに言うヤンミョン。

活人署に連れて行かれたウォル(ヨヌ)は、ヤンミョンと再会する。医書を読んだというヤンミョンは人々を助ける。

弟子を公平に真心で接してくれた・・と、父の事を聞く。
ヤンミョンの師匠は大提学だから、ホ・ヨンジェだと思うのです。

ホン・ギュテが、大殿に出入りするのを怪しいと考えるユン領相。

当時、世子嬪の教育を担当していたノ尚宮を探せと、ギュテに言う王。

ウォル(ヨヌ)の指示で、ノ尚宮を訪ねるソル。あの夜、ミナ公主が嬪宮を訪ねて来た事を知る。

ノ尚宮に会いに来るギュテは襲われ、ノ尚宮はすでに殺害されていた。実体はなくても、生きた敵は存在すると考える王。

ソルと一緒に、父のお墓に行くウォル(ヨヌ)。

夫・ホ・ヨンジェの墓参りに行くヨヌ母。
ヨヌに似た娘をみかけ、世間の人に後ろ指を指されてるのでは・・と悲しむ母。

「あなたと共に、安らかに過ごしていると・・そうでしょう?」と、号泣する。

ヨムに、父は病気ではなく娘を殺したと責めて、自決したと告白するヨヌ母。

裏で聞いていたウォル(ヨヌ)は、自分の死には黒幕があるので、生きている事を隠すと言う。

「私のせいよ。父を殺してしまった。あの時、生きたいと言えば良かった・・必ず、黒幕がいるはず。それまで・・ホ・ヨヌは死んだ人間なの。」
母に会いたい、生きていると伝えたいのを我慢する。

夜とぎのお守り巫女と会い、ウォルが身代わり巫女で、活人署に行ったと知る王妃。

子供を相手に、遊ぶヤンミョンに誘われるウォル(ヨヌ)。
ウォル(ヨヌ)の言葉で、ヨヌかもしれない・・と、感じるヤンミョン。

様子を見に来た王に、ウォル(ヨヌ)を会わせず、抱きしめるヤンミョン。

王と酒を飲むヤンミョンはなぜ、活人署に行くのかと聞かれる。
「思い人がいるのです。困っているのを放っていけない。王族という名誉など、いつでも捨てられる。」と、答えるヤンミョン。

内密にウォル(ヨヌ)を呼び出す王妃。
余裕の笑みを浮かべるウォル(ヨヌ)に驚く。

続く・・

ヨヌの父は薬を飲ませた時、墓から出すことを知ってたんですね。これは驚きでした。
あれはすべて、ノギョンの計画だと思ったからです。

でも、お墓参りでヨヌ母は、父は病気でなく自決・・娘を殺した苦しみでと言ってました。
生存を知ってたのなら、苦しむ必要はなかったのでは。
いずれ、会える事が出来るだろうから。
死んだと思ったのかなあ。

ヨヌ母の悲しみを聞いて、ミナはどんな気持ちなんでしょうね。泣いてたけれど、事実を知られたらヨムも怒るのでは。
優しいヨムだから、ミナを許しそうです。

自分に薬を飲ませたのは助けるため・・それでも納得出来ないウォル(ヨヌ)は黒幕を探すでしょう。

ノギョンも、大妃ユン氏に逆らえない立場であり、星宿庁を守る必要もあった。けれど、ヨヌに呪いをかけるのは邪道ですよね。
これをヨヌが許すのでしょうか。

ラストのヨヌ、あの顔は余裕で、微笑んでるように思えました。
呼び出し、虐めるつもりの王妃も驚いてましたね。

【送料無料】太陽を抱く月(下) [ チョンウングォル ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年10月07日 | Trackback(0) | 太陽を抱く月

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌