赤道の男 1-2話あらすじ

男の復讐、友人同士だったジャンイルとソヌ。ヨンベとノシクのせいで、憎み合う展開になりそうです。

出演 KBS 2012年
キム・ソヌ役  (オム・テウン/イ・ヒョヌ)
ハン・ジウォン役(イ・ボヨン/キョン・スジン)
イ・ジャンイル役(イ・ジュニョク/イム・シワン)
チェ・スミ役  (イム・ジョンウン/パク・セヨン)

チン・ノシク役  (キム・ヨンチョル)
マ・ヒジョン役  (チャ・ファヨン)
パク・ユンジュ役 (キム・ヘウン/ペ・スルギ)
チャ室長役    (イ・スンヒョン)
ムン・テジュ役  (チョン・ホビン)
キム・ギョンピル役(イ・デヨン)
クムジュル役   (パク・ヒョンジュンイ・チャノ)
Mr.クン役    (チョ・ヒボン/キム・スヒョン)
イ・ヨンベ役   (イ・ウォンジョン)
シン・ジュノ役  (カン・ジソプ)
チェ・グァンチュン役(イ・ジェヨン)

演出 キム・ヨンス
脚本 キム・イニョン

赤道の男 韓国ドラマOST (KBS)(韓国盤)
V.A.
B0083OZETW



1話

クラスで優秀なイ・ジャンイルの父親ヨンベは、借金取りに追われていた。妻を亡くして、酒とギャンブルの生活だった。

ある日、借金取りが試験中の学校に来てしまい、みんなに知られてしまう。
「親父の借金と息子は関係ないだろう!」と、言うキム・ソヌ。

キム・ソヌはケンカばかりの日々。
借金取りに絡まれるヨンべ、ジャンイルを助けて、ケンカになってしまう。借金取りを殴り、仕返しをすると言うジャンイル。

検事になり、借金取りたちを見返すと言うジャンイルに、復讐は止めろと言うソヌ。

ケンカがバレて、停学処分になってしまうソヌ。誰とケンカしたか聞かれ、1人でやったと答える。
聞いていたジャンイルは名乗ることもせず。自分たちを助けてくれたのに事実を言わない。

しかし、申し訳ないと思い、自分に出来る事としてソヌに勉強を教える。代わりにソヌは、ジャンイルにケンカを教え、親しくなる2人。

肝ガンと知り、古い友人のチン・ノシクに電話するギョンピル。会おうと言うが断られる。

ノシク昔の恋人ウネには、子供がいたと教えるギョンピル。
驚くノシクに引き取って欲しいというが、「2度と電話をするな」と冷たく拒否される。

肝ガンだとわかり、ソヌに告白する父ギョンピル。
「今は、ガンでも克服する人が多い。死なないで父さん。」と、言うソヌ。

誕生日には、6時までに来いと言う父。行かないと逆らうソヌを叩くギョンピル。自分は長くない。大事な人に会わせると。
ここで、本当の父親であるノシクに会わせるつもりだったのでしょう。

車の窓を壊すジウォンと会うソヌ。

昔の知り合いチェ・スミと再会するソヌ。

チェ・スミと雨の日、出会うジャンイル。

ノシクに会いに行くギョンピル。
妻とは別れ、配送業で息子を育てたと話す。

「ウネさんが生んだノシクさんの息子が、孤児院にいるのを引き取りました。罪を償うために・・。文書を偽造して、印鑑を作り、あなたに指示されるままにやってました。ウネさんの家まで潰すとは・・思わなかった。」と、言うギョンピル。

「ウネは私を裏切って、テジュの子を身ごもった」と、言うノシク。

「思い込みです。ノシクさんは、テジュさんを嫉み、嫉妬していた。テジュさんと私を、横領と詐欺でぶち込んだ時、”死ぬまで会いたくない。復讐する価値もない”と・・決心しました。」と、言うギョンピル。

「ガンで、先が長くないから、あの子を引き取ってほしいのです。」とギョンピル。
「金が必要なら、土下座しろ。」と、言うノシク。

「あの子を引き取ってくれ。」と、土下座するギョンピル。
「ウネは一晩、遊んだだけの女と同じだ。妊娠しても、引き取る理由はない。」というノシク。

「妊娠した婚約者を捨てるなんて・・私はムン・テジュの子であってほしかった。でも、テジュさんはそんな人じゃない。だから、彼女も愛したんでしょう。」
怒り、ギョンピルを殴るノシク。

「ウネさんのお父さんも、あなたが殺した。」
「お前たちが手伝ってくれた。」

チン・ノシク会長は、妊娠したウネを捨て、父親も殺した様子。父親を殺した時、手伝ったのがギョンピル。息子のために、今まで黙っていた。
会長の座は不正、詐欺、陰謀で掴んだもの。秘密を知っているギョンピルを殺せば、怖いものはなさそう。


「あなたのような父親なら、孤児で生きた方がマシだ。息子に手を出すな。」と言い出すギョンピル。

不正をばらす!と、言うギョンピルを殴り、首をしめ殺すチン・ノシク。

窓から目撃していたイ・ヨンベ。

ギョンピルと約束の場に行くソヌは、首つり自殺している父親ギョンピルをみつける。

ジウォンの家は、ノシクにお金を借りてるのかも。母親がノシクに頭を下げるのが嫌なジウォン。

2話

救急車を呼ぼうと言うヨンベに、息子ジャンイルの面倒を見ると、取引を提案するノシク。
「秘密にしよう。息子は大物にしてやる。埋めろ。」

ギョンピルを山に運び、つり下げようとするが、息を吹き返すギョンピル。
「助けてくれ・・」と、言われるが、「援助する」と、ノシクの言葉を思い出し、殺してしまう。

警察に行くソヌは、ギョンピルが病気を苦に自殺したといわれる。遺書も見つかり、自殺だと断定する警察。

父が自殺するはずはないと、考えるソヌ。

ジャンイルに、会長が奨学金制度を作ったので、ソウルの大学に行けると話すヨンベ。借金も無利子で貸してくれたと。
喜ぶジャンイル。

ノシクに挨拶に行くジャンイルは、ジウォンと再会する。叔父と思ってくれと、お小遣いもくれるノシク。

父の死を信じられず、警察に言うが相手にしてくれないソヌ。ジャンイルが、奨学金でソウルに行くと知る。

スミの父・チェ・グァンチュン(覡)の祈祷中、
「助けてくれ・・約束の場所にいけなかった。あいつが俺を殺した」と、聞いて信じるソヌ。

グァンチュンは、ヨンベが生きているギョンピルを殺害、首つり自殺にした事をすべて見ていた。
「ソヌと約束したんだ・・」と、言っていたギョンピル。

ソヌに、あいつ(ヨンベ)は誰かと聞くグァンチュンだが、知らないと言われる。

父の遺書を見て、生前の文字と違う事に気がつくソヌ。表記が違うと、ジャンイルに話す。
警察に再調査を頼むと聞いて、不安になるヨンベ。

ソヌを心配するフリで、家に侵入。遺書を盗み、燃やしてしまうヨンベ。

遺書を探すがみつからないソヌ。

タイにいるテジュに、ギョンピルから手紙が届いていた。ウネの息子は生きていると。

韓国大、法学部に合格するジャンイル。ジウォンも、英文科に合格したと知る。

レストランで食事するジウォンは、父親から今までのような贅沢は出来ないと言われる。
「卑怯なパートナーのせいよ」と言うジウォン。

自宅の部屋で、父親ギョンピル、ノシク、テジュ?3人の写真を見つけるソヌ。

ヨンベの働く店に行き、ヨンベ腕の傷跡に気がつくグァンチュン。ギョンピルの最後を目撃した日、腕の傷跡の男が犯人とわかっている。

合格祝いに来たソヌに、「俺が検事になって調べてやる。他殺なら、犯人を捕まえる。」と、言うジャンイルの言葉を聞くヨンベ。

ソヌとジャンイルが友人同士と知り、驚くグァンチュン。ソヌの父親と、ジャンイルの父親は親しい?と、考える。

ヨンベの借金取りの男がソヌを拉致する。
以前、ジャンイルが殴った仲間が回復していない。あの時、本当はジャンイルが殴った事をバラすと言う。

ジャンイルを庇い、1人で罰を受けたソヌだろうと。
男の望みは、死なない程度にジャンイルを殴れという事だった。

続く・・

従わないと、事実をバラす!大学にも言うと言われるソヌ。またも、ジャンイルを守るために指示通りに殴るつもりなのかも。

ノシクが手をまわして、2人を引き裂くための罠ね。
ヨンベが始末(殺したとは思っていないノシク)したギョンピルの息子。ヨンベの息子と親しいのは危険だと。

ノシクは、自分がギョンピルを殺したと思ってるはず。まさか、あの時、生きていてヨンベが殺したとは思っていない。

ソヌは誰を殴りに行くのかしら。
ジャンイルを守るため、男の指示に従うと思うのだけど。

チェ・グァンチュンは、覡を仕事にしてる様子。娘のスミは適当な事を言ってる思っているの。
でも、ギョンピルの死に関しては目撃したのだから、真実を言うことになるわね。
KNTV視聴です。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年10月09日 | Trackback(0) | 赤道の男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌