スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

棚ぼたのあなた 32話あらすじ

マルスクとセグァンも、いい感じで交際が復活しそうです。

出演 キム・ナムジュ、ユ・ジュンサン、カン・ミンヒョク、キム・サンホ、ユン・ヨジョン、チョ・ユニ


32話

酔ったグィナムに呼ばれ、迎えに行くユニ。スジが一緒なので、不愉快を感じるが顔には出さない。

妻といるより、職場にいる時間が長いので、オフィス妻・・と、スジの冗談が気に入らないユニ。

翌朝、グィナムに嫌みをいうユニ。
悩みをスジに話して、「妻の自分には話せない事があるの?」と。

ユニに黙っていたグィナムは、過去を調べてると告白する。「誰かの意図で、行方不明になったかもしれない。」
驚き、協力すると言い出すユニ。

母の誕生日が近づいたと言うオク。気遣い、オクの母に会いにいくジョンベ。

妊娠してるオクだから、病院に来てやってほしい・・と、言うが「死んだと思ってる子よ!」と、冷たい母だった。
「オクは可哀想だな。優しくしてあげなきゃ・・」と、つぶやくジョンベ。

オク母の家はお金持ちなの。なぜ、娘を死んだように思ってるのかしら。ジョンベとの結婚に、反対だったのかなあ。
妻を不憫に思っているジョンベなの。


会社
自分を無視して、キャスティングを決めようとしていた上司を怒るユニ。
「飲み会はともかく、会議は我慢出来ません。次があったら、協賛もキャスティングも白紙にして辞めます。」と、言うユニ。

妊娠を理由に、自分を仲間はずれにして、仕事を進めることは許せないという考えね。敵にしたら、怖い相手と言われた事があると。

ヤンシルと会うユニ。
「もしかして、うちの家族を恨んでる人はいませんか?彼は自分が、行方不明になった事を調べてるんです。手違いかもしれないけれど・・誰かが連れ去ったのかと・・」
ユニの言葉に驚くヤンシル。

マクレに、グィナムが行方不明になった時は、酷い事をいったが、これからは仲良くしようと言われるチョンエ。

ユンビンと会うチョンエは、イルスクの母と名乗る。夫がいるのに、一緒に仕事をしている事を心配するチョンエ。
学生の頃、ユンビンを追いかけて勉強もしなかった・・と、文句をいうチョンエ。

イルスクが来て、
「好きなようにさせて。ユニさんのように賢くないけど、私もバカじゃないわ。」と言う。
戸惑うユンビンなの。

オーデションで、ライバルのシゲンと再会するユンビン。「つらい人を助けよう」が番組のコンセプト。
意地を捨て、正直に再起にかける想いを伝えようと言うイルスク。

オーデション
家賃30万の屋根部屋に住んでいると言うユンビン。地下暮らしだと、告白するシゲン。

不幸自慢をする2人なの。通過して喜ぶイルスク。

ギュヒョンに誘われ、オシャレして向かうイスク。しかし、ヘスといるギュヒョンを見て帰って来てしまう。

クラブにいるセグァンに会いに行くマルスク。
「プライドも捨てるわ。あなたが好き。つきあって・・あなたの為なら、何でもできるわ。スッピンでも・・あなたも、私に気があったはず・・」と、告白するマルスク。

「好みじゃない。姉の影響もあって、気の強い女はいやだ。」と、言うセグァン。
「死ぬほど好きだから、何でもできるわ。」
マルスクの手を握り、抱きしめるセグァン。

ヤンシルと会うグィナム。
「僕がいなくなった日、手術はしても、入院まではしませんでしたね。叔父さんは、叔母さんが入院したと・・・思い出したんです。」
グィナムの言葉に驚くヤンシル。

「あなたが正しいわ。あの日、あなたは私に会った。一緒にバスに乗ったの。わざとじゃないの・・。あなたの事を必死で捜したわ・・・」
あの日は、正気でなかったと告げるヤンシル。

ヤンシルと一緒に、お店で話してるのを目撃するユニ。
泣いてるヤンシルに、グィナムの言葉を思い出す。

続く・・

ヤンシルは認めましたね。
あの日、流産を告げられショックでぼんやりとして、グィナムを忘れてバスから降りてしまったと思います。

捜したけれど、見つからず、誰にも言えないまま苦しんだのでしょう。

グィナムの行方不明で、母親のチョンエがマクレに怒られ、言い出せないまま・・って思います。それでも、隠してるのはダメですよね。

チョンエや、マクレの苦しみを知ってるのだし、あまりにも長い月日です。怒るグィナムだろうけれど、ユニの方が激しく怒りそうな気がします。

落ち込んだイスクを見て、よけいに好きになりそうなジェヨンも気になるわ。

輸入盤CD スペシャルプライス棚ぼたのあなた 輸入盤 【CD】

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年10月21日 | Trackback(0) | 棚ぼたのあなた

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。