スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

キング ~Two Hearts 12話あらすじ

制服姿でひざまずき、プロポーズするスンギ君はステキですね。

出演 イ・スンギ、ハ・ジウォン、イ・ユンジ、チョ・ジョンソク、ユン・ジェムン、イ・ソンミン


12話

外部と繋がっているリ・サンニョルが、怪しい動きを見せ、ジェハが危険だと言うハンア父。

「国王を使って事件を起こし、北南の緊張を高め、軍部の地位を固める気かと・・」
ハンア父の言葉を信じず、国王相手にそんな事はしないだろう・・と、言う委員長。

委員長も、リ・サンニョルを監視してたとわかり、「国王に何かあれば、北南は火の海になる・・」と、忠告するハンア父。

しかし、リ・サンニョルは逃亡、軍を総動員して警戒する。
父に、ジェハを早く帰すべきと言うハンア。

「忘れるのよ。あんなやつ・・」と、言うハンアだがジェハを心配する。

家に軟禁されるハンアは、ジェハが持ってきたおみやげの底に、化粧品があるのを知る。高級クリームの箱、底にあったのはジェハお手製のコスメ。

三段階で、傷ついたハンアのスキンケアを癒す。「ごめん、ありがとう。愛してる」
ジェハの誠意を感じるハンア。

ジェハの危険を知ってるので、視察中の公園に向かうハンア。

突然、敵に包囲され捕まるジェハ。爆弾を着用している敵は、死んだら爆発する仕掛けになっている。

「共和国政府は、直ちに南朝鮮に対し、軍事的措置を断行せよ!」
叫ぶ男の映像を見て、驚くウン秘書室長たち。

喜ぶアーサーは、自分の動画メッセージをジェハに見せる。「俺が仕組んだ」
事情を理解するジェハは、映像を通してアーサーに話しかける。

「おい、キム・ボング。その劣等感、どうにかならないのか。世界中の笑い者になりたいのか?直接、来るのが怖いから、動画メッセージを?俺はお前を愛していない。自意識過剰で、劣等感の塊野郎め。」
激怒して、「殺せ!」と、叫ぶアーサー。

ハンアとガンソクたちがジェハを助け出す。
このシーン、格好良くて感激。

無言で、去ろうとするハンアの前に来るジェハ。
「俺が好きか?毎日、キスをする・・仕返しだ。ストーカーみたいにつきまとってやる。何でも買ってやる。絶対に浮気はしない。涙も流させない・・世界中で、1番、幸せな王妃にしてやる・・死ぬまで・・君だけを愛する・・」

ハンアの前に跪き、手を握り
「よろしいですか?王妃さま・・今、プロポーズしてるんだよ。」
「この女たらし・・」と、泣き出すハンアを抱きしめるジェハ。

隠れ家
アーサー仲間と、電話で話すリ・サンニョル。
「約束は守ってください。実行はしたでしょう。お金とスイスの家と・・”裏で繰ってたのはクラブMだ ”と、全世界に暴露しますよ。」

ハンア父に、リ・サンニョルの潜伏先を教えるアーサー秘書。リ・サンニョルはハンア父に捕まる。

国王人質事件が、海外メディアに流れ、北朝鮮も事件を認めるニュースを流す。

ジェハが言ったキム・ボングは、南北の和解を妨害する勢力であり、個人の名前ではないと、発表するウン秘書室長。

キム・ボング(アーサーマイヤー)は、公式の場には出ないが、アメリカや中国の大物も恐れる悪党。
政治資金を渡して、弱みを握っている。

名前を出したのは軽率だと、ウン秘書室長に言われるジェハ。

「兄を殺され、姉も傷つけられ・・泣き寝入りはしたくない。」と、言うジェハ。
「本当は怖いのでしょう。後々のため、クラブMの仕業と、海外メディアに・・言えなかったのでは?」
ウン秘書室長に指摘され、何も言えないジェハ。

公務を終え、ハンアと一緒にソウルに帰るジェハ。
「まだ、怖いの・・南朝鮮の人々に受け入れてもらえるか・・」不安なハンアの手を握るジェハ。

王室に戻り、ジェハ母が国民からのプレゼントを見せてくれる。「あなたの体を気遣ってるのよ。」

安堵のジェハに、浮かれるのは早い・・と、言うウン秘書室長。
「わかってる。つけるよ。力を・・」と、答えるジェハ。

クラブMを調べるシギョンは、目撃者のような確実な証拠が欲しいと言われる。王女ジェシンは何かを見ているのでは・・と、考える。

治療も、思い出す努力もしてない?と、ジェシンに聞くシギョン。リハビリ、心理療法も受けたと答えるジェシン。
「同情を引きたくて、わざと思い出さないのでは?」
シギョンの言葉に怒り出すジェシン。

「記憶は取り戻さなくていいけど、以前の毅然とした王女さまに戻ってください。」
怒り、護衛を変えると言い出すジェシン。

遊園地の事件、黒幕はクラブMのキム・ボングと、シギョンから報告を受けるジェハ。

「ジョン・マイヤー、韓国名はキム・ボング」と、ハンアに話すジェハ。
大金を所有、新聞社、TV局も買っていると説明する。

「周囲の国も、南北の争いを願っている・・やり遂げるかな・・WOCと結婚・・」

無力を感じ、落ち込むジェハを元気づけるため
「そんな奴を倒せない男なんて、あんたは男じゃない。そんな男と結婚出来ないわ。願い下げよ。」
ジェハを励ますため、強く言うハンア。

父に電話して、キム・ボングを調べ、まずは居場所を!と、言うハンア。
「私の男を苦しめるやつは許さない!私がこの手で・・」

アーサーにプレゼントを贈るジェハ。
「これは開けるな。後悔するぞ。開けたいのなら・・パスが必要だ。単語ひとつ・・俺にあってお前にないもの・・これがヒントだ。」
メッセージを読み、驚くアーサー(キム・ボング)

パスがわからず、苛立つアーサーは箱を壊そうとするが、仕掛けで爆発する事を知る。仕方なくパスを考え、「人」で開ける事に成功する。

ハンアと一緒に公式の場に行くジェハ。

続く・・

キム・ボング、彼を捕まえるにはジェシンの記憶が必要なようです。思い出すのが辛い記憶。これがないと、証拠も手がかりもなさそう。

やっと、回り道をしてジェハとハンアの思いが通じました。ケンカをしながら、お互いを思う2人ですね。

シギョンが気になるのだけど、ジェシンに冷たいのは本当に心配してるから。立ち直って欲しい思いなんですよね。

ウン秘書室長がねえ。
王室を思っているけれど、先王の居場所をうっかり教えてしまい、その事をまだ隠しています。
次回で、これが明らかになりそう。

そんな人物でも、王室に長くいるし、ジェハには頼れる人なんですよね。
ジェハが襲われ、ハンアが助けるシーンはドキドキでした。

【送料無料】【新作ポイント5倍】キング 〜Two Hearts DVD-BOX2 [ イ・スンギ ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年10月24日 | Trackback(0) | キング〜Two Hearts

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。