キング ~Two Hearts 13話あらすじ

ジェハとハンアよりも、王女ジェシンとシギョンの恋が気になります。

出演 イ・スンギ、ハ・ジウォン、イ・ユンジ、チョ・ジョンソク、ユン・ジェムン、イ・ソンミン


13話

ジェハから贈られた箱を、パスワードで開けるアーサー。中のビデオレターを見る。

映像はクラブを貸し切りにして、アーサーの愛人タラと飲むジェハが映っていた。
「恋人?彼とは遊んでるだけよ。お金持ちだから。劣等感の塊なの。品性と知性はお金で買えないわ。つまらない男よ。」

ビデオレター・タラの言葉に驚くアーサー。映像を見て、愛人の裏切りを知り、銃で撃ち殺す。

「俺は信じてくれた人がいたから、やり直せた。お前も彼女を許してやれ。さもないと寂しいぞ。まさか・・殺さないだろうな・・お前には誰もいない。
もし、お前が殺したら、おしまいだ。人生で大切なのは人だ。俺の武器と力は ”人” だ。キム・ボングさん、俺を踏みつけろ。そうすれば、俺は強くなる。」

自分を信じてくれた人を、この手で守る・・と、映像のジェハが言う。怒りのアーサー。

公式行事に参加するジェハ。
先王の意思を継いで、WOCに参加すると発表する。一緒に訓練をした仲間と参加、2回戦まで進み、その前にダメになったら婚約はしないと。

愛するハンアだが、国民が北の女性と結婚する事を、不安に思っているのは知っている。南北が力を合わせれば、強くなると告げるジェハ。

反対する大統領に、WOCは外交と言うジェハ。

1ヶ月、大会に出る間はジェシンに代理を頼むというジェハ。しかし、宮殿の外に出られないと拒否するジェシン。

ジェハに言われたように、自分は1人だから、これからは平和を目指すと言い出すアーサーマイヤー。

ジェシンが外に出ないので、国民は気が触れたと思っている・・だから、兄を殺し、妹を傷つけた奴を放っておかない・・と母に言うジェハ。

相手は頭がおかしいが、権力を持っている・・と、母に言うジェハ。

「卑怯なマネだけど、何もなかったことにするわ。あなたまで失いたくないの。相手にするのはやめましょう。この胸にしまう・・」
悲しみの母を抱きしめるジェハ。

ジェシンに、キム・ボングは危険な男であり、WOCと結婚に反対している。
大会に出場すれば、彼を狙う・・あいつを阻止するには武器が必要・・今の武器はジェシンの記憶、証言だと言うハンア。

怯えるジェシンに、当時の事を思いだして証言して欲しいというの。

ハンアと話すジェハは、ウン秘書室長が嘘をついた事に気がつく。
公開裁判の時、ジェハに出るようにいわれたハンアだったが、実はウン秘書室長の嘘だった。

ウン秘書室長に、先王が行った静養地の暖炉の安全点検を忘れた事を指摘するジェハ。
うっかり、忘れたと認めるウン秘書室長。
老化を原因に忘れたと言うジェハなの。

1ヶ月だけ・・と、ジェハの代理をすると言うジェシン。

ジェハとハンアが大会に行けば、頼る人がいない・・と、シギョンにそばにいて欲しいと言う。
「思い出せないの・・逃げてる訳じゃないわ。努力してるの・・」
事故の日の事は、思い出せないと言うジェシン。

このジェシン、昔のように毅然としてきたわ。

シギョンに、先王の静養地の場所を知ってた者を捜せと指示するジェハ。内部にスパイが?と、考えるシギョン。

済州のフォーラムに、アーサーが参加、晩餐会にも出席すると、ジェハに伝えるウン秘書室長。
公式行事なので、何も出来ないだろう・・と、言うジェハ。ジェシンを託す。

夜、ハンアと一緒に食事をするジェハは、初恋の事を話す。

王族とは隠して、一般の学校に通って好きな子が出来たジェハ。冷たい子だったが、王族とバレてからは別人のように接近してきたと。

「それから、人を信じられなくて・・線を引いていた。」
ジェハの寂しさを理解するハンア。
「そばにいてくれてありがとう・・勝とう・・」と、キスするジェハ。

世界将校大会
南北チームの一員として、参加するジェハ。トーナメントの対戦国は、アメリカに決まる。

晩餐会
王族代表として、出席するジェシン。

続く・・

対戦相手がアメリカでは強いので、負けてしまうジェハたちになりそう。そうすると、結婚も出来ません。ここは勝つのかしら。
でも、細工してたアーサーです。

対戦より、ジェシンが出席する晩餐会が気になります。電動車椅子で行けば当然、足の事が知られてしまうから。
怯えるジェシンのそばにはシギョンがいます。

【送料無料】キング ~Two Hearts DVD-BOX2 [ イ・スンギ ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年10月27日 | Trackback(0) | キング〜Two Hearts

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌