キング Two Hearts 15話あらすじ

ジェハたちの頑張りで婚約成立です。でも危険な予感が・・

出演 イ・スンギ、ハ・ジウォン、イ・ユンジ、チョ・ジョンソク、ユン・ジェムン、イ・ソンミン


15話

WOC
敵の通信所などを爆破、降伏させる方法を提案するジェハ。
与えられた物を使い、ハンアが交渉中、爆破。鍵を入手するジェハ。

「ただの競技だ!」と、言うアメリカチームに
「愛する人がかかってるのよ。王位も・・・家族が離ればなれになったことは?」と、言うハンア。
しかし、降伏はしないと言うアメリカチーム。

敵が降伏しない場合、20時すぎる前にボタンを押せ・・と、言ったジェハ。ギリギリに装置を設置、脱出してたジェハだった。
安堵で泣き出すハンア。

ソウル
ジェハ母に、クラブMの件は解決したと言うウン秘書室長。

「解決はしていない。力に屈しただけよ!」と、言うジェシン。
シギョンも謝罪したと知り、胸を痛める。

シギョンに、「好きなの・・しっかり見守って。治療を再開するわ。辛くて中断してたの。思い出すわ。」と、言うジェシン。
「辛いなら・・やめても・・」と、言うシギョン。

「見捨てないで・・あなたをそばに置きたいの。だから、ワガママを言って困らせたの。」と、言うジェシン。

平和済州フォーラム
会場で、発言するアーサー(キム・ボング)。
「韓国は悲劇を克服出来ず、過敏になり、大切な客に非礼を犯した・・礼儀をなくしてしまったのです・・」
停戦協定を、平和協定に替える水準ではないと。

ジェシン国王代理・・と、車椅子のジェシンが紹介される。

「私は今、10分しか立てません。でも、いつか、完全に立てる日が来るでしょう。今、韓国は戦争をなくすため・・WOC合同チームや、南北の結婚を実現し、平和を築きつつあります。」

皆様の助けが必要・・と、言うジェシン。見守るシギョン、ジェハ母、ウン秘書室長。

WOC
爆破した事により、会議が続くがその間にアメリカチームと、南北チームが親しくなる。

南北チームは準決勝で敗退となるが、1回戦でアメリカを破り4位となる。

2回戦まで勝ったので、婚約するというジェハを笑うアーサー。

シギョンに電話するアーサーは、父親を信じてるのか?と、聞く。

ソウルに戻るジェハと会うアーサー。
「けん制しあうのも疲れるから、終わりにしよう。僕が悪かったってことで。」と、言うアーサー。
「人を殺しておいて、悪かった?」と、呆れるジェハ。

「僕の方が損害が大きい。1000億だ。あんたの兄貴と帳消しにしてやる。」
「恥を知らないお前は豚だ・・ヒマじゃないから、無視をする。」と余裕で言うジェハ。
挑発され、怒りのアーサー。

ジェハとハンアの婚約式が行われる。

結婚式には出席すると、リハビリを頑張るジェシン。

先王の映像で婚約を誓う2人。

次のターゲットはクイーンとキング・・カードで笑うアーサー。

続く・・

次はジェハたちが?危険な男ですね。
権力とお金があるからって、王室が阻止出来ないのかしら。

先王を殺したと、自分でも言ってるアーサー。
ジェハの言葉で、怒ってるので何をするか怖いですね。

【送料無料】キング 〜Two Hearts DVD-BOX2 [ イ・スンギ ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年11月01日 | Trackback(0) | キング〜Two Hearts

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌