スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

赤道の男 15-16話あらすじ

すごい展開です。「その人の名前は・・」と、ハラハラです。

出演 オム・テウン、イ・ジュニョク、イ・ボヨン、イム・ジョンウン、チョン・ホビン、イ・ジェヨン


15話

手紙を読んだソヌは事実と確信して、ジャンイルを責めるがとぼけるジャンイル。

ジウォンに、再会出来て嬉しい・・と、本音を言うソヌ。
病院で検査を受けるソヌは、疲れると頭痛がすると医師に。無理をしないよう言われるソヌ。

グァンチュンと会うソヌ。「おじさんの手紙をみつけた。誰に聞いた?」
手紙を見せるが、違うと否定するグァンチュン。

スミのアトリエ
ソヌを襲ったジャンイルの絵を見て、衝撃を受けるグァンチュン。
「こんな絵を描いて、あいつを脅迫するつもりだったのか・・あいつだけはダメだ。ソヌが可哀想だ。絵を検察に渡そう。」と、言うグァンチュン。
「自分を見てるようなの・・好きよ。誰にも渡したくないから、彼を破滅させたかった。でも、無理なの・・」と、泣き出すスミ。

「出来ないのなら、あの夜の事をすべて、ソヌに話す・・」と、言うグァンチュン。怒り、「やればいい!」と、叫ぶスミ。

参考人としてヨンベが呼ばれ、家で練習をするジャンイル。ノシク会長と個人的な関わりは話さない・・と、ヨンベに忠告する。

スミのアトリエ
「シカゴに戻れ・・お前を信じられない。嘘を突き通すのは難しい・・」と、言うジャンイル。
「あなたは私と似ているわ・・」と、言うスミ。

デビットキムが、支援する議員のスクープを提供するジャンイル。

ジウォンに「陳情書を出しに行く時、誰かに殴られた・・」と、事実を告白するソヌ。
「殴った人は、お父さんの死と関係あるのね・・」と、考えるジウォン。

検察に呼ばれ、行くヨンベはジャンイルが教えた通りに答える。別荘の管理人として、話すヨンベを見るソヌ。

検察の帰りに、ヨンベを車に乗せるソヌは家の中を見る。ジャンイルも戻り、3人で夕食を食べる。
「おじさんが来た日、遺書が消えました。」と、当時の事を話すソヌ。
「なぜ、俺を疑う?」と、動揺するヨンベ。

「目が見えない時、おじさんの話を聞いたんです。ソヌの父親を見たのは2人きりの秘密ですと・・父を最後に見たのはいつですか?」
質問攻めのソヌを止めるジャンイル。

ソヌが持ってきた果物の中に、グァンチュンの手紙が入っていた。「ソヌのお父さんを殺したのは、イ・ジャンイルのお父さんです」と。怒るジャンイル。

グァンチュンがソヌの家に来る。
「ソヌ、許してくれ。お前には悪いことをした・・」
「手紙の件ですね・・?おじさん、何を知ってます?」

「スミがジャンイルを好きなんだ。あいつだけはダメだ。検察ですべて話す・・あの日、裏山で・・ジャンイルの父親がお父さんを殺したと・・」
すべてを話すグァンチュン。

「殴られたのか、お父さんはぐったりしてた。死んだと思い、自殺を偽装したのかも・・なのに・・生きてたんだ。」
「黙って見てるなんて!」
「怖かったんだ。最後に聞こえたのは・・”ソヌと約束した”・・と・・」
泣いてソヌに謝るグァンチュン。

「あなたも共犯だ!」と、衝撃を受けるソヌ。

「検察ですべて話せ!」と、ソヌに話すと答えるグァンチュン。号泣のソヌを抱きしめるジウォン。

入札価格が高く、価値がない鉱山と知るが誤魔化し、株価を上げれば良いと言うチン・ノシク。

ノシクに会いに行くソヌは、手紙を見せる。ジャンイルの父親に聞けばいい・・と、笑うノシク。
「もうすぐ時効・・」と、言うノシクに「時効は関係ない」と答えるソヌ。

「有能な弁護士を使い、たいした罪にはならないでしょう・・」と、言うソヌ。

「どんな罪を与えたい?」と、聞くノシク。
「あなたの大事なものを奪います・・」と、答えるソヌ。

すべてを知ったソヌでした。
グァンチュンが証言してくれるはずですが、殺されてしまう気もします。もし、そうなら他に証言してくれるのはスミだけでしょうね。


16話

「デビット・キム社長、私はあんたのような若造につぶされる男じゃない。帰れ!」と、言うノシク。

(回想)
TVを見ながら、最優秀検事賞を受賞するかも・・と、ヨンベに言うジャンイル。

「もうすぐ時効だ。誰も罪に問われない。これ以上、しつこくしたら・・放っておきません。俺をナメるな・・」
ヨンベに告げるジャンイル。
(回想・終)

ソヌに電話して、「今ごろなぜ、あの手紙を?」と、聞くジャンイル。
「13年前、誰かが俺に送った手紙だ。あの夜、お前の父親と父を見た人だ。当時は読めなかった。命拾いしたな。」と、言うソヌ。

謝罪でも、弁解でも本人から直接、聞きたいとジウォンに話すソヌ。

検事から、スミが事件前日、ギョンピルが金物店でロープを買った事を告白した・・と、教えてもらうソヌ。
「スミは観察力が鋭い。間違えるはずもない。事実なら言うはずだ。」
ジャンイルを好きなスミ・・と、考えるソヌ。

スミに会うソヌ。
金物店のロープの事はなぜ、言わなかった?と、聞くが後悔している・・と、言うスミ。今度、検事に呼び出されたら、正確な事を言えと言うソヌ。

グァンチュンがソヌにすべてを話した・・と、知り驚くスミ。検事に言うと、グァンチュンを引き止める。
「ジャンイルを諦めるから、話さないで。」
泣いて頼む娘を見つめるグァンチュン。
結局はジャンイルを守りたいのね。

事件の日、スミは美術大会で金賞を受賞、その大会は済州島で行われた。スミの証言は違う・・と、話し合う検事たち。

証言を待つが、スミとグァンチュンは連絡が取れない。スミを捜しにアトリエに来るジウォンは、絵を見つける。

スミが描いた絵・・と、ソヌに送るジウォン。ジャンイルがソヌを襲った時の絵。絵の公表を考えるソヌ。

外国から、陶器を輸入したいと言うノシク夫人ユンジュ。
担保をプギョン化学の持ち分にと、ユンジュの事業に投資すると言うソヌ。条件として、スミが描いたジャンイルの絵で、展示会をする事を提案する。展示会も投資すると。

スミの同意が必要・・と、言われるが絵のモデルは自分であり、すべての責任は持つと言うソヌ。似てる・・と、絵の展示を承諾する夫人。

チンノシク会長の捜査を押収すべき・・と、言うジュノ検事。先に手を回し、邪魔をするジャンイル。
時間を稼ぎたいジャンイルなの。

ソヌに頼むジウォン。
自分の父親がプギョンを失った時、傷ついて苦しんだ・・チン会長の家に火をつけようとも考えた。ジャンイルに絵を見せて、謝罪をさせようと。
彼もあなたも苦しんでいるはず・・2人が争うのを見たくないと言う。頼みは聞けないと答えるソヌ。

ジャンイルの部屋で、ソヌが送った手紙を読んでしまうヨンベ。「ジャンイルのお父さんが殺しました」

家で、ノシク会長の引き出しを見る夫人。「木に吊され、もがいてる姿が忘れられません・・」と、手紙を見つける。

株価暴落でソヌを恨むノシク。
秘密の取引資料、株価操作した連中の口止めをさせる。

スミがグァンチュンを連れ、時間を稼ぐ間にギョンピルの事件は時効成立となる。笑うジャンイル。

ジャンイルに会うソヌ。
「なぜ、あんな事をした。理由が知りたい。チン会長とお前の父親が父を殺したこと・・陳情書には覚えてないと書いたが・・覚えてる。お前が後ろから殴った。そして海の中に・・お前が落とした。お前を犯罪人にしたければ、今まで芝居する必要などない。お前の口から直接、聞きたかった。俺に謝罪しろ。」
ソヌの言葉に動揺するも、冷静を装うジャンイル。

「俺を本当に殺そうとしたんだろう・・お前が謝ったら、踏みにじってやりたいのに。お前がシラを切ったら?許したいのに・・2つの思いを今、お前が吹き飛ばした。」
2人の会話を聞いているジウォン。

展示会の準備をするソヌを見て、テジュに止めて欲しいと頼むジウォン。止められないと言うテジュ。

ジャンイルにも止めるように言うが、拒否するジャンイル。

アトリエに戻るスミは絵がない事に驚く。

弁護士番組に生出演するジャンイル。
電話相談として、
「以前、友達に殴られ死にかけました。木材で殴って、海に投げ込んだんです。この場合、殺人未遂ですか。それとも、傷害罪になりますか?」
電話で聞くソヌ。

「殺人未遂になります・・」と、答えるジャンイル。
「公訴提起できますか。でも、相手が法曹人だったら・・」と、聞くソヌ。
相手の名前を言えば捜査してくれますか・・と。

番組で名前を出すのは・・と、笑って言うジャンイル。
「その人の名前は・・イ・ジャン・・」と、電話を切るソヌ。

放送後、個人的に連絡すれば捜査すると、答えたジャンイル。

放送を見てソヌを殺し、自分も死ぬべきだった・・と、つぶやくヨンベ。

ソヌと会うジャンイル。
今後の計画を教えてくれと言われ、チン会長と父が会うのを見たと、ヨンベに言わせてほしいと。
「チン会長に罪を着せるんだ。」

断れば、ジュノ検事にジャンイルを殺人未遂で調べるよういうと脅すソヌ。時効は過ぎたが、株価操作、裏金で捜査されるチン会長だと言うソヌ。

「チン会長を攻撃するんだ。お前の父親でなく・・」
「・・チン会長が殺した。お前のお父さんを・・2人が別荘にいるのを父が目撃した・・」と、言うジャンイル。
笑うソヌ。

続く・・

あーー!そういう事?犯人を、チンノシク会長に絞ったソヌですね。ヨンベの罪は問わないって事かしら。

断れば、殺人未遂でジュノ検事に捜査される・・だから、ソヌの提案を受けるジャンイルでした。
意外な展開で驚きました。

もっとも残酷で、もっとも愛しい復讐劇オム・テウン 赤道の男 DVD-BOX 1 (日本版)

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2012年11月02日 | Trackback(0) | 赤道の男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。