ファントム 1話あらすじ

原題は「幽霊」。「サイン」のスタッフが描くサイバーサスペンス!早くも犯人が気になります。

ファントム DVD-BOX 1
ファントム DVD-BOX 1
ポニーキャニオン 2013-07-02
売り上げランキング : 26869


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


SBS 2012年 全20話
出演
キム・ウヒョン (ソ・ジソブ)チーム長
ユ・ガンミ   (イ・ヨニ)ウヒョン部下
パク・ギヨン  (チェ・ダニエル)新聞記者
チェ・スンヨン (ソン・ハユン)記者

イ・テギュン  (ジオ)刑事
ハン・ヨンソク (クォン・ヘヒョ)刑事

チェ・ヒョンミン (オム・ギジュン)セガン証券代表

クォン・ヒョクチュ(クァク・ドウォン)班長
ピョン・サンウ  (イム・ジギュ)部下
シン・ヒョジョン (イ・ソム)女優

脚本 キム・ウニ
演出 キム・ヒョンシク、パク・シヌ



1話

性接待疑惑の女優のシン・ヒョジョン(イ・ソム)が、「死にたい。さよなら」と、ツイッターに書いて飛び降り自殺する。

10日前

天才ハッカー・ハデスを追う警察庁サイバー捜査隊のチーム長・キム・ウヒョン(ソ・ジソブ)。部下のユ・ガンミ(イ・ヨニ)。

パソコンの操作は疎いが、正義感の強い刑事ハン・ヨンソク(クォン・ヘヒョ)。サイバー分野の捜査能力の高いイ・テギュン(ジオ)。

ハデスを追い、マンションに到着した瞬間、自殺したシン・ヒョンジョン。ハデスは、ヒョンジョンの部屋をハッキングしていた。

「証拠の収集はデータよりも指紋!」と、言う道谷署・強力班のクォン・ヒョクチュ(クァク・ドウォン)班長。
部下のピョン・サンウ(イム・ジギュ)。

「デジタル機器はシンの考えがわかる証拠・・・」と言うウヒョンを、目の敵にしているクォン班長と言い争う。

ハデスの対象は今まで、政府、警察、国会、大統領だった。
ハッキングして、国家の重要情報ネットに公開していたが、女優を相手にした理由を考えるウヒョン。

トゥルーストーリー新聞社のパク・ギヨン(チェ・ダニエル)が、駐車場でヒョンジョンのツイッター遺書を
「本人が書いたものではなくて、別人が書いたと噂がある。」と、ガンミに言う。

ヒョンジョンのパソコンデータをコピー。
調査すると、ツイッターに接続してるが、遺書を書いてない事がわかる。

携帯は修理に出していた。しかし、ツイッターはハッキングされていない。他の端末を調べる。

「シンは自殺でなく、他殺です」と、警察に情報の電話が来るが、イタズラと信じないクォン班長。

シン・ヒョンジョンのパソコンを調べ、遺書を書いた時間はメールしてた事がわかる。

「パスワードを知っていれば、ツイッターは他人が書いたものかもしれない。他殺かも・・他人が書いたとすれば・・シンに殺意を持っていた人物だろう。」と、言うウヒョン。
容疑者はハデス・・と考える。

警察はシン・ヒョンジョンを自殺と発表する。性接待リストの存在は不明と。

突然、ウヒョンや人々の携帯に「シンは他殺だ」と、メールが来る。

街の電光掲示板に、シン・ヒョンジョンが部屋の窓から、誰かに突き落とされる動画が流れる。

電光掲示板の動画を流してるのは、ハデスとわかるが経路は不明。無線ハッキングのメールは、半径50メートルに届く。
「ハデスはビルの中にいる。」
ビルの監視カメラで、怪しい人物を発見するウヒョン。

男を尾行、ホームで捕まえるとパク・ギヨンだった。「ハデス!」と、呼ぶウヒョンに認めるギヨン。

「なぜ、シンを殺した?」
「俺はハッキングしただけだ。シン・ヒョンジョンのパソコンの中の動画、ファントムを捜せとメールが来た。」と、言うギヨン。

ヒョンジョンは、「重大な犯罪の動画です・・」と、メールを書くが送信前に死んだ。
ヒョンジョンを殺した男が、メールを削除したと説明するギヨン。

ファイルの中身は、「俺の正体がわかるほどの大物を窮地に追い込む内容だ。ファイルを見つければ、シンを殺した犯人がわかる。」と、言うギヨン。
接待リストか?と、考えるウヒョン。

ハッカーである自分の存在を、知った相手を知りたいと言うギヨン。
「俺が犯人なら、動画を流さない。殺人犯は別にいる。犯人は世界地図の腕時計をしていた。」

警察で、すべてを話せと言うウヒョンだが逃亡してしまうギヨン。

警察の調査で、シンヒョンジョン殺害の容疑者は、パク・ギヨンと発表される。警察学校で、ウヒョンと同期であり、ルームメイトだったギヨン。

トゥルーストーリー新聞社を捜査、ギヨンの部屋はヒョンジョンの資料と写真が多数あった。
「動機はある。ストーカーだ!」

警察はハデスを追跡、動画の真偽を捜査中と、人々は知る。動画を調べると、ガラスに映ってる人物はギヨンだった。

ガンミの調査で、ヒョンジョンは妊娠検査薬を当日、購入してた事がわかる。一緒にいた相手は世界地図の腕時計を。

犯人は、接待の相手、ヒョンジョンとパスワードを共有するほどの関係・・と、考えるウヒョン。

シン・ヒョンジョンの部屋に行くウヒョン。

ウヒョンのIDカードで、警察に侵入するギヨン。

続く・・

面白いですね。
「サイン」のキム・ウニ作家で、雰囲気や流れが似ています。特に回想シーンは同じ演出のようです。

犯人を追うストーリーなので、続きが気になります。ジソブ氏も久しぶりです。

イ・ヨニは「パラダイス牧場」と違い、大人の雰囲気です。
チェ・ダニエル氏は、「童顔美女」を視聴。ラブコメディとはこれも別人。すごくクールでステキですね。

サイバー捜査隊、ネット社会が当たり前になっている今、驚きが多いです。アドレスを知らないのに、メール送信やハッキング。
怖いですね。
確かに現在では、パソコンや携帯の中を見れば、その人がわかる事が多いでしょう。

自殺と思われた女優も殺されていたとは。
この事件も、韓国で実際にあった事件と似てますね。

ソ・ジソブ氏、なんと刑事役は初との事、これも期待しています。
KNTVを視聴、毎週書いていきますね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



2012年11月03日 | Trackback(0) | ファントム

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌