アラン使道伝 5話あらすじ

幽霊は桃が苦手のようです。

アラン使道伝-アランサトデン- DVD-SET1
アラン使道伝-アランサトデン- DVD-SET1
ジェネオン・ユニバーサル 2013-05-10
売り上げランキング : 4884


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 イ・ジュンギ、シン・ミナ、ユ・スンホ、ヨン・ウジン、ハン・ジョンス、ファン・ボラ


5話

人に戻ったアランに、かんざしを要求するウノ。

「あれはあの世に置いてきたわ。今は人なの。幽霊のものは持てない。」
「なぜ、置いて来た!」
「いいじゃない。今は人なんだから。どうせ本物じゃないわ。」と、言うアラン。

「お前のような幽霊にわかるか!」と言うウノ。
「そうね。母親にも酷い事をいったんでしょうね・・あんたにうんざりして出て行ったのよ。」
言い合い、出て行くウノは母を思い出す。

「眠れないと害がある・・」と、目の下にクマを作っているアラン。
笑うウノに、言い過ぎた・・・と謝るアラン。

「あれは母のかんざしだ。俺があげたものなんだ。」
「なぜ、私が?」
「俺がそれを聞きたい。母上が渡したか・・お前が奪ったか。2人で力を合わせよう。」

「母親を見つけても、私の真実は明かせない。」と、言い出すアラン。

「母上が消えたのも3年前、イ・ソリムの失踪も3年前・・。
ソリムは母上のかんざしを持ち、すでに死んでいた。お前の死と、母上の失踪は関係あるのかも・・」と、言うウノ。

助けてくれたのが、母親捜しの為とわかり、ガッカリするアラン。

帰りたいと言うトルセだが、ここに用事があり、残ると言い出すウノ。連れてきた娘もここに置くと。師匠の娘と嘘をつくウノ。

怒るトルセの独り言を聞いて、商売を始めるウリ。「古い知り合いに捨てられた・・原因は娘か?」と言う。
図星で驚くトルセ。
ウリはトルセを好きになったみたいね。


「どうせ、使道に頼むつもりだった。肝ばかり太くて、薄情な使道だけど・・どのみち、私も死の真実を捜さないと・・悪くない。」と、つぶやくアラン。

使道の手がかりがアランのように、アランの手がかりも使道だからと。

ウノに力を合わせようと言うアラン。
桃園の誓い、人間になったから食べてみろと言うウノ。そっと、桃を触るアランは感激する。
幽霊は桃が苦手みたいね。

母を思い出すウノ。
「あいつを決して許さない!必ず、仇を・・」
母を残し、祖父母、いとこ、叔父たち皆、同じ日に亡くなっている。

アランの胸を刺し、運び出すジュワル。

真夜中に、アランが消えたので捜すウノ。

(回想)
女性が来て、
「お前の名は今日から、チェ・ジュワルだ。閏月の満月ごとに、魂の清らかな娘を連れて来て。」と、ジュワルに言う。

(回想・終)
「満月は久しぶり・・」と、女が来る。魂は封じ込めたかと、聞く。

消えたアランの遺体・・「確かに、屍はここに置いた。この手で殺した。」と、言うジュワル。

惨めな生活から抜け出すため、取引をしたジュワルの様子。牛の餌を食べ、笑われる日々だった物乞いジュワル。
女は魂を食べる妖怪かも?

意識を戻し、逃走するアラン。
アランの記憶を取り戻すため、玉皇上帝たちの計画なのかも。

ウノに会い、「刺された・・逃げて・・」と、意識を失うアラン。

トルセと怪しい場所を捜して、アランが置かれた場所へたどり着くウノ。

「陰の気が強いのに幽霊がいない。なぜ、あいつが狙われる?まさか、正体を知る者か?あり得ない・・」と、考えるウノ。

かんざしをみつける。
「どうして・・これがこんな所に・・?」

続く・・

ウノのお母さん、殺されたのかしら。あの女に。

魂を欲しがる女は妖怪だと思うのだけど。幽霊が登場するドラマだから、妖怪もいるかなあと。
刺されたアランなので驚きました。

話題の「アラン使道伝(サトデン)」をコミックで!イ・ジュンギ、シン・ミナ「アラン使道伝」 ...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年11月12日 | アラン使道伝

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌