スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

アラン使道伝 9話あらすじ

ホンリョンの正体はもしかすると、死神ムヨンの知り合いなのかも。

出演 イ・ジュンギ、シン・ミナ、ユ・スンホ、ヨン・ウジン、ハン・ジョンス、ファン・ボラ

フィルムコミック



9話

「骨の墓を隠蔽した!」と、言うウノ。
「戦乱時に虐殺があったのだ。」と説明するチェ大監。
皆、知ってて悲劇なので黙っていた事なのだと言う。

「トラのいぬ間に、キツネが我が物顔で振る舞うとは!」と、言うウノ。
「お前こそ、トラの威を借るキツネだ。キム大監に、お前のような庶出の子がいるとは・・それも奴婢の子か。」と、笑う大監。

「その上、母親は逆賊の娘だ。」
そんな奴が使道とは、認めないと言うチェ大監。「両班のマネをして居座るのか。わしだったら帰る」と。

チェ大監に生まれはどこよ!と、強く言い返すアラン。怒るチェ大監から、アランを守るウノとジュワル。

周囲にはジュワル、役人、アランもいる。震えて怒りを我慢するウノ。

「死ねばみんな同じよ。庶出だって人間なのに・・」と、ウノを心配するアラン。

ホンリョンに会うチェ大監。
「ジュワルを放っておくのですか?」
「私はあなたさまのため、何十年もこの家を守って来た」と言う。
「わかった、任せなさい」と言うホンリョン。

巫女のウリに、幽霊アランが九尾狐だと思うから、確認して欲しいと連れて来るトルセ。

夜、元気のないウノを花見に誘うアラン。
「花は好き・・何度も見たけど、使道と見るのは初めて・・桃をちょうだい。」と、言うアラン。
桃が目的・・と、呆れるウノ。

「なぜ、母親を捜すの?使道の言う通り、私は両親の記憶がないから・・なぜ、使道が必死になるかわからないの。」と、言うアラン。
「母上が消えたのは俺のせいなんだ。”逆賊の娘”・・そう烙印を押した奴を、母上は恨み続けていた。俺のことは眼中になかった。そんな母上が哀れだった。」と、話すウノ。

「だが・・俺は母上を恨んでることに気がついた・・」と、言うウノ。

子供の頃から、憎しみで生きた母親を恨んでいたウノだったのね。でも、いなくなれば恋しい。母親だから。

突然、村のごろつきに襲われるウノ。
チェ大監の仕業だわ。

死んだ男の霊を連れて行く男たち・・「死神じゃない!」と、尾行するアラン。
ムヨンに助けられるけど、ムヨンは怨霊を追ってるのよ。

消えたアランを心配するウノ。
「1人で行くな。そばにいてくれ。気になるだろう・・頼むから・・」と、アランに言うウノ。
アランもウノが気になって仕方ない。

翌日、母親を捜すために自分が必要・・だから、あんな事を言ったのだと理解するアラン。

アランが「不死の存在・・あり得ない」とホンリョンにアランの正体を聞くジュワル。
「命じた事に従え!」と、ジュワルの質問を無視するホンリョン。

不死の存在とはあり得ない様子。アランも、何かの方法で死ぬのかも。ホンリョンを捕まえるための存在が「アラン」みたい。

ジュワルといるアランが心配なウノ。
「本当にイ・ソリムの事を知らないのか・・聞くつもりよ。」と、言うアラン。

子供の父親が、チェ大監の家に閉じ込められ、ウノに助けを求めてくる。
放っておけないウノ。

続く・・

ウノが先にアランを意識してますね。アランの方はまだ・・って感じです。

ホンリョンが作った死神をも殺す剣、あれならアランも死んでしまいそうな気がします。
ホンリョンを捕まえるため、アランを蘇らせた天界の2人でしょうね。

【韓国盤CD】【初回限定ポスター】 アラン使道伝 Part.1 - OST (MBC韓国ドラマ) [イ・ジュンギ...

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年11月26日 | Trackback(0) | アラン使道伝

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。