スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

棚ぼたのあなた 45話あらすじ

やけくそなマルスクが面白いのです。セグァンも呆れてます。

棚ぼたのあなた DVD-BOX 1
棚ぼたのあなた DVD-BOX 1
ポニーキャニオン 2013-04-02
売り上げランキング : 75768


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 キム・ナムジュ、ユ・ジュンサン、カン・ミンヒョク、キム・サンホ、ユン・ヨジョン、チョ・ユニ


45話

チョンエがヤンシルと会う・・と知り、慌てて追いかけるユニ。

カフェ
ヤンシルと会うチョンエ。
「死ぬほどの罪を犯しました・・お義姉さまに会うのは最後・・」と、言うヤンシルに驚くチョンエ。

「離婚するから、遠くへ行く?」と、考える。言い出せないまま、ユニがやってくる。

久しぶりに外出したので、カードを使ってくださいと渡すユニ。遠慮するチョンエ。席を外した方が・・と、言われ帰るユニ。

ヤンシルが言うつもりと、判断するユニは電話で、
「話したい気持ちもわかりますが・・これは許されることではありません。お義母さまに、苦痛を与えるだけです。自分の荷を下ろすために傷つけるんですか?考え直してください。」と、頼む。

ユニに言われ、離婚で遠くへ行くと言うヤンシル。
「親切にしてもらった事は忘れません。」
「家族なのよ。グィナムがいなくなった時、必死で探してくれたわ。大事な家族なの。」と、言うチョンエ。

言いたいことがあったが、言えない、過去に戻りたいと泣き出すヤンシル。
ユニに止められ、言うのはやめたヤンシルなの。

イスクに「休みの日は何をしてる?」と、聞いて妄想するジェヨン。

マニが電話で、姑の事を話してるのを聞いてしまうチョンエ。

姑同士、言いたい事を言い合ってしまう2人が面白い。いずれ、セグァンとマルスクが結婚する流れなら、マルスクを可哀想に思うチョンエでしょうね。

チョンエは、家事が出来る嫁が当たり前と思っているが、マニは仕事が出来るユニで満足している。家事は代行に頼めばいいと考え。
そんなマニは、古い考えのチョンエを朝鮮時代の人と。姑としての考えが、完璧に違うマニとチョンエ。

屋上で、セグァンと話すマルスクは手を繋いでしまう。目撃するイルスクが怪しいと感じる。
「何を考えてるの?親戚でしょ。」と、言うイルスク。

チャンスに「いつ、ヤンシルの事を知ったんだ?これはあんまりだろう。」と、聞くマクレ。どんな思いかやっと、わかったと。

チョンエに申し訳なく、頭が上がらないと言うマクレ。
「1年だけ、ここを離れてすべて忘れて暮らしなさい。」と、言う。
以前、その話は断られたと言うチャンス。
2人だけの時間を、作ってあげようと思ったマクレね。

チャンスに提案するジョンベ。
オリンピックで、夜中まで起きてる人が多い。だから、かき氷を配達しようと。自分が配達すると、言い出すジョンベが宣伝もする事に。

ユンビンのファンクラブの会員も増えてくる。オバサンファンは、会場でバッグを放り投げて席取りをする。
若いファンを相手に、頑張るおばさんファンなの。

ジファンに会い、パパやママと離れて寂しい思いを話すグィナム。
自分の事があるから、重ねてしまうグィナムなの。

優しいグィナムに泣き出すジファン。
「ジファンが悪いんじゃないんだぞ。ジファンのパパとママも愛してるんだ。」と。
うう、ここは泣けてしまったわ。

マルスクと会うユニ。
結婚を考えていると知り、呆れるユニは「ユニの結婚条件」の文を読ませる。苦労したので、セグァンの嫁にも守らせると。

「あなたのモノは私のモノ。姑と嫁が争うように仕向けるのは義姉として、当然の行為と思え。嫁は姑に、逆らうことは認めない。命日など行事は嫁がやること・・」など。
すべて、マルスクがユニに言った事であり、不満はあるかと聞くユニ。

マルスクが、ユニとセグァンの事を知らない時、偉そうにユニに言った内容ね。
「考え直して。」と、言うユニに、「結婚出来るなら、すべて了承します」と、言うマルスク。

ジャングンのため、ロミオとジュリエットの台本を書くセグァン。内容はテスト用であり、台詞で暗記させたいセグァン。
台詞だと覚えるジャングンが面白い。

夏の休暇を教えて欲しい、一緒に旅行にと積極的なジェヨン。キスしたけれど、まだ彼氏ではないのでやや、強引なジェヨン。

ギュヒョンと話すイスクは、「俺たちはダメか?」と、聞かれる。「店長を好きなわけではないけれど・・」と、ハッキリ言えないイスク。

イスクのジェヨンへの思いを、愛だと言うギュヒョン。気持ちの整理が出来たらまた、友達で会おうと別れる。

ギュヒョンと殴り合うジェヨン。
「俺のことを好きなのか・・クマが・・」と、喜ぶ。
ギュヒョンの嫉妬で、イスクの思いを理解するの。

セグァンに契約書を見せて、結婚出来るなら何でもいい・・と、言うマルスク。入隊しても待つと。
「私の愛を見下す人にみせてやる」と、言うマルスク。

酔った勢いで、ユニの家に行くマルスク。マニを「お義母さま・・」と、呼ぶ。

「私は彼氏がいるんです・・相手は・・この人です・・」と、言うマルスク。
そこへ来るセグァン。
慌てて、マルスクを止めるユニとグィナム。

続く・・

セグァンの母マニにも、話してしまうマルスクですね。

ヤンシルは離婚して、本当に離れて行くのかしら。いつかはチョンエも、事実を知る時が来そうです。

セグァンに夢中なマルスクと、ユンビンとイルスクのカップルが可愛いですね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年12月03日 | Trackback(0) | 棚ぼたのあなた

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。