武神 1-2話あらすじ

歴史的史実、高麗時代に生きた金俊(キムジュン)の生涯。奴婢の子から最高権力者への人生。

2012年 MBC 全56話
キムジュン  (キム・ジュヒョク)
チェヤンベク (パク・サンミン)
チェウ    (チョン・ボソク)
ソン・ギリュ (チョン・ホビン)
ウォラ    (ホン・アルム)
ソンイ    (キム・ギュリ)
マンジョン  (ペク・トビン)
キムヤクソン (イ・ジュヒョン)
コジョン   (イ・スンヒョ)
チェヒャン  (チョン・ソンモ)
チョン氏   (キム・ソラ)
スボプ    (カン・シニル)

演出 キム・ジンミン、キム・フンドン
脚本 イ・ファンギョン

武神 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤)
韓国TVドラマサントラ パク・ワンギュ Super Junior (スーパージュニア) TRAX (トラックス)

B008FTEADQ
Pony Canyon (KR) 2012-07-20
売り上げランキング : 17678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1話
1217年、高麗時代中期

寺にホジンが反乱だと知らせに来る。契丹と戦っていた多くの僧侶たちは亡くなっている。

反乱は都房の長、チェ・チュンホンとキム・ドンミョンを討つためと言う。不満が爆発して、開京へ向かおうと反乱が起きた。
僧侶が戦うのは無理だったと言うホジン。

スパイにより情報は漏れ、逆賊として殺された僧侶たち。チサンを捕まえた兵が、ここに来るので逃げてくれと言うホジン。

逆賊として村人、僧侶を殺され、抵抗するムサン(キムジュン)。幼なじみのウォラも連れていかれる。

反乱の黒幕は?と、僧侶を拷問にかけるチェ・ジュンムン大将軍。
僧侶たちは寒さ、餓えなどの不満からだと言うが信じない。

チョン将軍の密命を受けたのだろうと聞く。拷問に耐えられず、チョン将軍の指示だと言う僧侶。

祝霊寺は今回の反乱事件に深く関わっている、大逆罪を犯したので、身元確認をすることに。本当に僧侶なら、僧籍があるはずと。

逃げ出した罪人か、奴婢だと拷問にかけられる村人たち。

僧になる前の籍を聞かれ、偽物の僧侶だといわれるムサン。

2話

ムサンの身元確認が出来ず、拷問にかけられてしまう。
仲間の僧侶が、耐えきれずにムサンを、チェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢だと言ってしまう。

「お仕えした奴婢キム・ユンソンの息子です。」と、説明するスボプ。
ユンソンは亡くなったが、奴婢の反乱を主導した1人だと。ムサンは赤ん坊の時、父親に抱かれて寺に来たと。

尋問されるウォラは、私奴婢だと説明する老人。(私奴婢・個人所有の奴婢)
スボプが連れて来たと言う。

チェ・チュンホンに、殺した僧侶は800を越える、やめて欲しいと頼む守其大師。キム・ドンミョンを狙ったような僧侶だったと。

出任せの言葉で陰陽術を使い、チェ・チュンホンを補佐しなかったせいで、僧侶の不満へ繋がったという。

僧統のいる興王寺まで、反乱に関わっている。この国には僧侶が多すぎると怒るチュンホン。僧統が悲願するのなら・・と、許す。

チェ・ウは攻撃の目が、自分に向かっている事を感じている。

「チェ・チュンホンの長男チェ・ウは、この頃、正三品の枢密院副使だった。
弟のチェ・ヒャンは兄より、位の高い従二品の参知政事に就き、王族と結婚したため、宝城伯という爵位も得た。

チェ・ウは武人ながらも、公務に長け、チェ・チュンホンの家臣団はウの台頭を恐れた。
ゆえに家臣団はヒャンを推し立て、なぜか父までもが、息子のウを冷遇するようになっていた。」

ムサンは逃げた奴婢とわかり、焼き印と斬首の刑だったが、ソンイがうちの奴婢だと止める。

しかし、逃げた罪として労役場送りになるムサン。ウォラは下女として、都房の厨房に送られる。

死ぬ権利はあるが、病気になる権利はない・・それが役目だと言うチャンモ(女の奴隷たちの長)。ウォラにこの世界の常識を教える。

使用人になったウォラに、一目惚れするチェ・ウ長男のマンジョン。

ムサンの母は亡くなり、父親が赤ん坊を抱いてチェ・チュンホンの家から逃走。守其大師の弟弟子、寺のスボプに託す。
寺の子として育てられ、僧侶の道を歩むムサン。同じ頃、引き取られ、一緒に育ったウォラ。

イ・ジャンヨンは、チェ・チュンホンも老体だから、早めに側近のキム・ヤクソンと、イ・ギュボを始末した方が良いと、チェ・ヒャンに提案する。

チェ・サンボと言う陰陽術の道士を呼び、チェ・ヒャンを占うと、大望と成し遂げ、国を掌中に収めると言う。

過酷な労働を命じられ、街ですれ違うウォラとムサン。

続く・・

執権者・チェ・チュンホンに不満を爆発させた僧侶たちです。
チュンホンは、この国には僧侶が多すぎる。僧侶は税を払わないと、次々と理由をつけて殺しています。

反乱の首謀者は、チェ・ウ義父と言われてましたが、そんな事をする人ではないと、否定してたチェ・ウです。

守其大師の弟弟子スボプに育てられたムサン(キムジュン)が主役です。ヒロインは幼なじみのウォラ。

チェ・チュンホンの長男チェ・ウは、良い人のような雰囲気ですね。弟のチェ・ヒャンが残忍な人でしょう。

チェ・ウの娘ソンイが、ムサンに優しく声をかけ、彼を好きになるようです。ムサンは奴婢の子なので、隠したかったスボプ和尚ですね。

チェ・ウの息子たちは女に手を出すのが早いので、注意されたウォラです。
兄のチェ・ウを蹴落とし、最高権力者になりたいチェ・ヒャンでしょう。

萬宗、萬全と、チェ・ウの長男、次男が同じ名前、マンジョンってわかりにくいです。字が違うだけのようです。
難しいので、カタカナで書いていきますね。

奴婢の子、奴隷が官位を得て政権を掌中に収めるストーリーのようです。
チョン・ボソク氏が好きで見始めたドラマ。内容としては「大王の夢〜王たちの戦争」の方が興味あるんですが。

時代ものは専門用語が多くて複雑です。
でも、リタイアは避けたいですね。
KNTV視聴、多忙のため「王女の男」「太陽を抱く月」「ケベク」「根の深い木」のように書けないけれど、簡単でも感想程度は頑張って書きたいと思います。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

スポンサーサイト



2012年12月19日 | Trackback(0) | 武神

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌