棚ぼたのあなた 50話あらすじ

シン・セギョンがカメオ出演です。事実を知るチョンエ。

出演 キム・ナムジュ、ユ・ジュンサン、カン・ミンヒョク、キム・サンホ、ユン・ヨジョン、チョ・ユニ


50話

グィナムとユニ、2度目の結婚式がステキだった。
グィナムの言葉が良かったと、褒めまくるチョンエ、オク、ジヨンたち。肩身の狭い夫たち。

結婚式の次は新婚旅行!と、外出するユニとグィナム。

夜中に会いたいと、イスクを呼び出すジェヨン。会いたいと、セグァンに会いに行くマルスク。

4人が夜中に会ってしまい、イスクとジェヨンの交際が、マルスクにバレてしまう。

ヤンシルにグィナムの言葉を伝え、許すようよ・・と、教えるマクレ。

寝室
夫の広い心に感激するユニ。
「僕は幸せになりたい。だから、誰かを憎んでいたらダメだ。恨めば恨むほど辛くなるのは僕だ。それに、本気で後悔してるみたいだ。手違いだと思う・・僕は本当に幸せになりたい。」
グィナムの言葉に安堵するユニ。

1人、不安になるイルスク。
「スキャンダルが出れば終わりだ。」と、ナムグの言葉を思い出すイルスク。
「もし、やったら許さない!」と、考える。


店長と呼ぶイスクに、「お兄ちゃん」(オッパ)と、呼んでくれと言い出すジェヨン。


両親に演技をやめると言うジャングン。
理由は学校に、ファンがサインをねだりに来るからと。自分は勉強で成功したい、大事だと言うジャングン。

「演技の方があってる気がする」と、言うジョンベ。

ドラマ出演すれば、ギャラが入る・・と、家のお金事情を心配するジャングン。気にする事はない、裕福でないけれど貧しい訳ではないと、説明するオク。

監督に俳優を辞めると伝えようするも、楽屋にシン・セギョンが来て、「また、会いましょう」と、言われるジャングン。
その気になり、監督にはこれからも、演技を頑張るといってしまう。
シン・セギョンはカメオ出演ですね。

イルスクに元夫からのタレコミで、「ユンビンがイルスクの家庭を壊した・・」と、教える女性。

「事実無根です。祖母は優しい人は幸せになれるといいました。でも、優しいだけで飽きたら捨てる・・ヒマになったら、拾えばいいと思われてるだけですよ・・なぜ、こんな事をするのか。その男とは離婚してます・・」と、泣き出すイルスク。

優しいイルスクは、利用される事が多いのよね。

スネに、ユンビンとイルスクの事を聞かれ、家族の事を聞き出すチョンエ。両親と兄は日本にいるとわかる。

実家にマルスクを連れて来るセグァン。
しかし、反対してるマニ、ジヨンは驚く。食事は家族でするものと、明らかに嫌な態度を見せて、マルスクを泣かせてしまう。

高校教師のジヨンが、あれではイジメ・・と、反省する。
「気に入られたくて必死で笑ったのよ、情けないわ・・」と、泣くマルスク。

アメリカにいるグィナムの養父母が、韓国に来ることに。「面倒な家族付き合いが嫌いだったのに・・」と、言うユニ。

TV局
ユンビンに、事務所に所属する事を考えて欲しいと言うイルスク。元夫がスキャンダルを提供しようとしている・・と、事実を話す。

誤解されるネタは多い、マネージャーは他にもやりたい人はいるでしょうと。身を引く決意のイルスクに驚くユンビン。

ジョンフンが突然、家に来る。
金が必要なのに、ヤンシルが自分名義の土地をすぐに売った!返せと怒る。

止めるグィナムに、「本当の家族なら、あちこち嗅ぎ回る必要なかったんだ。アメリカで十分、裕福な暮らしをしてたんだろう。」と言う。
怒るマクレがジョンフンを叩く。

驚き、ヤンシルを庇うチョンエ、マクレたち。
「窮地に立たされてる俺に離婚届けを送りつけた。恐ろしい女だ。」と、言うジョンフン。
「もっと、前から離婚を決意してたでしょう。」と、言うヤンシル。

「この女が、過去に何をしたか知らないでしょう。グィナムを捨てた犯人だ!」
信じられないチョンエは、皆の顔を見て事実?と驚く。

続く・・

こんな形で、事実を知るチョンエは可哀想ですね。
裏切られた思いでしょう。ヤンシルが反省してるといっても。いつかは事実を知ると思ってたけど。
ユンビンのマネージャーを続ける事に、不安を感じるイルスクも可哀想です。

このドラマの登場人物って、韓国ドラマらしくない気がします。
グィナムは理想の夫ですよね。あそこまで完璧で、優しい人は少ない気がするのです。普通、酒癖が悪いとかありそう。いつもユニの味方をしてくれますから。

そして、イルスクのキャラも強い女性ではない。
ドラマのキャラは割と、強い女性が多いのでイルスク、イスクのように、自分を前に押し出さないタイプは珍しいと感じてます。

全58話なので残り少ないですね。
キム・ナムジュのドラマも、外れがないと思いますね。

公式グッズ


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2012年12月24日 | Trackback(0) | 棚ぼたのあなた

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌