I LOVE イ・テリ 11-12話あらすじ

ファンミンスとして生きるウンドンが可愛いわ。

出演 キム・ギボム、パク・イェジン、ヤン・ジヌ、ジュビ

I LOVE イ・テリ [ノーカット完全版] DVD-BOX 1
I LOVE イ・テリ [ノーカット完全版] DVD-BOX 1
ポニーキャニオン 2013-06-19
売り上げランキング : 9280


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




11話

「あなたの彼女になりたい」
ミンスにキスするスンシム。2人を見てショックを受けるテリ。

テリの部屋に行き、「かんざしを渡したいのはテリだけだ・・」と、言うミンス。

ミンスとスンシムのキスを思いだし、眠れないテリ。

ミンスは謝り、テリに優しくするが、公園でのキスを見たと怒るテリ。

14歳のウンドンの写真を入手、捜すと言うテリ。

ミンスに愛情弁当で、アプローチするスンシム。幼稚なスンシムに、「今のまま大人になれば、誰にも愛されない」と、忠告するテリ。

水泳合宿も終わり、友人が家に来るので寂しいミンス。
ウンドンの家出はおかしいと話すが、家出じゃないと説明するミンス。ウンドンは極秘恋愛中だと教える。

ホンシルとお酒を飲み、キスをしてしまうファン先生。

隠れてるファン先生に、ミンスと一緒に兄弟で住む事を勧めるテリ。

TVの生放送に出演するのが不安なテリに、アドバイスするミンス。
「彼に告白されたので今、答えます・・あなたの言葉に同感です。」と、言うテリ。

捜してる子がいると、生放送でウンドンの写真を出して呼びかけるテリ。
「私が帰国して最初に出来た友達なんです。」
驚くミンス。

駐車場
テリといるミンスに、「お前の本当の恋人を連れて来た。」と、言うスンジェ。

本物のファンミミンスの恋人なら、バレてしまうかも。

12話

スンジェが連れて来たスジは、ミンスを見て、捜してる人じゃないと言う。ファン先生から頼まれていたスジ。ミンスでないので、正直に言った。
ファン先生の写真を見せられても、知らないと答えるスジ。

スンシムはファンの前で、好きな人が出来たと告白する。

テリの家で暮らす事になるファン先生。
本物のミンスは女を一途に愛せる男。しかし、旅好きで帰ってこない。ミンスに、「元に戻る気がないのなら、本当の弟になるか?」と、聞くファン先生。
苦悩するミンス。

スンシムのファンが、嫉妬して卵を投げつける。テリの服も汚れてしまう。「なぜ、私がこんな目に?」と、戸惑い怒るテリ。
ミンスと離れるよう提案されるが、子供のおふざけ・・と言うテリ。

ファンの攻撃はエスカレートして、イタズラ写真を送られるテリ。

ファンにあんな事をさせる!と、スンシムを怒るミンス。
「こんな事をされたら嫌いになる。」と。
「やめない。」と、言い張るスンシム。

ファンの攻撃に呆れ、友人とネットで連絡を取るミンス。「Lを非難する書き込み全部に、反論のコメントをしろ。」
Lとはテリのこと。

ファン先生に年を誤魔化し、歌手活動をしてる悩みを打ち明け、事実を宣言する決意のホンシル。掲示板に謝罪と本当は20歳でなく、27歳だと事実を書き込む。

病院に記者をつれて行き、スンシムと話すテリ。
「あなたを悪評から守りたいの。私とあなたの誤解の釈明よ。ファンが暴走してるせいで、あなたのイメージががた落ちよ。」と、言うテリ。
スキャンダルは事実無根と認めるスンシム。

テリの弱点を突き、和解する2人。「今後は、ファンミンスの女、イ・テリと呼んで」


ファン先生に相談するミンス。
「本当の弟になるにはどうすれば?」と、聞く。
苦しんでいるテリを、大人なら解決出来るだろうと考える。

ファン代表としての書き込みを、妙だと感じるスンシム。掲示板で書き込んだのはウンドンのはず・・と、考える。
「まさか、ファンミンスがウンドン?」

驚き、ミンスに会いに行くスンシムはファン先生とミンスの会話を聞いてしまう。「お前はウンドンだ!」
驚愕のスンシムは、ミンスの言葉を思い出す。

本物のファンミンスを捜すスンジェは、ミンスが遭難したと知る。

日時計の前にいるミンスに、ウンドン!と、呼ぶと振り向くミンス。
「そうよね?ウンドンよね?」と、言うスンシム。
2人を見て、驚くテリ。

続く・・

これで、ミンスがウンドンとスンシムはわかったでしょうね。まだ、テリには内緒にするのかも。
本物のミンスは遭難のようです。

「マイプリンセス」のパク・イェジンは、ヒロインに意地悪をして嫌なキャラだったけど・・。
このテリはすごく可愛いですね。
元々、「善徳女王」に出演してたので演技は上手なのだと思います。

↓OST


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2012年12月30日 | Trackback(0) | I LOVE イ・テリ

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌