アラン使道伝 最終回(20話)あらすじ

縁があればまた会える。幽霊でも見えたり聞いたりする事も。夢のあるファンタジーラブがほんわか気分になります。

アラン使道伝-アランサトデン- DVD-SET1
アラン使道伝-アランサトデン- DVD-SET1
ジェネオン・ユニバーサル 2013-05-10
売り上げランキング : 1819


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出演 イ・ジュンギ、シン・ミナ、ユ・スンホ、ヨン・ウジン、ハン・ジョンス、ファン・ボラ



最終話

「俺たちの縁を終わらせよう・・」
ウノ母の体から出てきたムリョンを抱きしめ、剣で刺すムヨン。消えるムリョン。
自分も剣で刺して消えるムヨン。

倒れたウノ母は「ありがとう・・」と、ウノに告げて亡くなる。

「あの方が死んでしまった・・」と、考えるジュワル。
アランを崖に投げ捨てた事を思い出す。
「どれほどの記憶が・・蘇るのか・・」と、怯えるジュワルは自殺する。

天上
閻魔大王と話す玉皇上帝。
「あいつは結局、ムリョンを救ったな・・消滅は奴にとって、もっとも厳しい罰というわけか・・」と、言う閻魔。
「とにかく、私が用意したものは大活躍だった。」と、言う玉皇上帝。
「まだ、賭けは終わっていない。アランはこの問題を解けぬだろう。」と、言う閻魔。

お墓
母のお墓参りに来るウノ、アラン。
「母上が死んでも、私の死の真実は明かされない。母上じゃなかったわ。このまま地獄行きでも、かまわない。だって地獄なら彼を忘れずにいられるから・・」と、考えるアラン。

アランに、「真実を知る方法を教えてくれ・・天上に送るつもりだ。」と、言うウノ。

ムヨンと話すウノ。
「アランの死の真実を知る方法がある。あの世の生死簿だ。アランの生死簿に犯人の名前があるはずだ。生者の分は天上にあるが、死者の分は黄金の泉の森・・倉庫にある。」

アランは行く事は出来ないので、自分が行くというウノ。三途の川の手前にあり、危険なので止めるアラン。
「天上には行かない」と、言い出すアラン。
「地獄に行く気か?」と、驚くウノ。

地獄でもいいから、使道を覚えていたいと考えるアラン。

黄金の泉の森には1人で行けない。アランの意識を連れて行く事を提案するウリ。

最後だと思い、幽霊たちを集めて願いを聞いてあげるウノ。使道としての仕事をこなす。

残された時間をアランと過ごすウノ。
「天上に行けば、私が使道を忘れる。地獄に行けば、使道が私を忘れる・・私はこの心だけを永遠に抱いていくわ・・たとえ、お互いが誰とわからなくなっても・・」
「俺はこの心で、お前を見つける。もしも、すれ違ったときにお前を見て、涙を流す男がいたら・・その時は気づいてくれ・・」
心で思うウノ。

「アラン・・愛してる」と、キスをする2人。

ウリに指輪を贈り、想いを告げるトルセ。

アランとウノを寝かせ、時が来たら鈴を鳴らして知らせるから戻るよう言うウリ。
「黄金の森・・覚えているか?」
「覚えてるわ。」
夜が明ける前に、戻らないと使道が死んでしまうと言うウリ。2人の意識だけで、森に行く事に。

森を歩くアランとウノ。
針母が来て、アランだけに母が亡くなった記憶を見せてくれる。泣き出すアラン。

死者の生死簿がある館につくウノたち。「知るべき事がある故、入れてくれ。」

時間内に戻らなければ、二度と戻れないという番人。覚悟してるというウノは中に入り、アランの生死簿を探す。

アランの生死簿を見つけ、「アランを殺したのはアラン自身・・」とわかるウノ。

キム・ウノの生死簿を見つけ、自分は6歳で死んでいた事を思い出すウノ。
「俺はすでに死んだ身だったんだ。何故、生かした?」

天上
閻魔と玉皇上帝に会うウノ。
「何故、俺を生かした?」
「お前の望みは何だ?」と聞く玉皇上帝。
始めたのはお前でも、母上をかんざしで刺したのは俺の選択だと言うウノ。

「アランを殺したのはアラン自身だった。死なぬ身だ。何故、解けぬ問題を?これでは真実の鐘を鳴らせない。」
さようだ・・と、笑う閻魔。
答えのある問題を出すべきというウノ。

「己の死の真実は自分が誰かと知るためだ。だから、あの娘の望みを叶えた。」と、いう玉皇上帝。
ウノの望みは、アランが鐘を鳴らせるようにする事だった。
「アランの代わりに地獄に行けるか?」と、聞かれるウノ。

ウリが2人を起こそうと鈴を鳴らすが、目覚めないウノ。森から逃走するアランと、はぐれてしまうウノは目覚めない。

目覚めたアランは、あの世への闇に引き込まれそうになる。
「使道が目覚めないのは私のせいだわ。私を死に導いたのも結局、私自身だったのね。だから、使道は黙ってたんだ。死ねない私はどのみち、地獄行きだったんだわ。」
目覚めるウノは、闇に引き込まれて消えてしまう。

天上
賭けに負けた閻魔にヤギになったムヨンを譲る玉皇上帝。

子供に戻るアランとウノ。
「私の名前はアランよ。覚えてないの?どこから話せば・・幽霊のアランと・・この!記憶喪失!」

「まだ、思い出せないの?何故、忘却の泉の水を飲んだの?飲むなと言ったのに!」
「お前がしつこいから、全部覚えたよ。」

「俺たちにとって、一番大事なのは今だろう・・?」と、キスする2人。

---------------完--------------------

ラストの子供のシーンが可愛かったですね。
アランに記憶喪失と呼ばれるウノでした。あんなに強く誓ったのに忘れるなんて。
子供という事は、生き返ったのかしら。

19話のラストで、アランの体に入るムリョンと戦うウノかと思ったら。ムヨンに消された展開でした。

ジュワルも最後、天上に戻ったのが彼だと思います。
縁があればいつか、再会できるというお話でしたね。

最後まで拙い文を読んでくださった方達、ありがとうございました。KNTV視聴です。

次回からは、キム・ソナ、イ・ジャンウ「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」です。

また、遊びにきてくださいね。
本宅ブログ・韓ドラの奇跡もよろしくお願いします。

このブログでは今、「メイクイーン」「五本の指」「ロマンスが必要2」「神々の晩餐」「I LOVE イ・テリ」「ファッション王」「ファントム」「棚ぼたのあなた」「シンドローム」をレビュー中です。

公式ガイドDVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2013年01月09日 | Trackback(0) | アラン使道伝

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌