スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

メイクイーン 6話あらすじ

ヘジュの初恋相手はチャンヒでしょうね。いい感じの2人です。

出演 キム・ユジョン、パク・チビン、パク・ゴンテ、ヒョン・スンミン、アン・ネサン、ヤン・ミギョン、オ・ドクファ


ヘジュが来て、おじさん、何をしてるの?と声で振り向くギチュル。
そこへ借金取りが来て、ギチュルがタクシー代だけ払ってくれる。

ホンチョルに借金の事を聞くと、「男たちの船を壊してしまい、修理代に利子がふくれあがり、今では元金より多くなった・・」と、知るギチュル。

ドヒョンに、ホンチョルを連れてくるはず!と言われるギチュル。
「先輩に断られました・・」と嘘をつく。

ホンチョルの望みを聞かれ、借金取りに追われてるのでお金でしょう・・と答えるギチュル。
「1度、お金を渡せば一生、ゆすられる」と怒るドヒョン。
「生活に困ってるので、借金さえなくなればここを出て行くはずです・・」と、いうギチュル。
チャンヒは勉強出来るから、お前とは違う人生をいかせるべき・・と言うドヒョン。

ジョンウと会うホンチョル。
ドヒョン娘の事を聞くと、「亡くなったのは会長の娘じゃありません。婦人の娘です。2人は再婚してます。」と、教えてくれるジョンウ。
驚くホンチョル。

ホンチョルは引っ越しを提案するが、呆れるダルスン。

ホンチョルに会いにくるギチュルは、大金を渡す。
「これだけあれば一生、暮らせる。借金も返せる。船も買える。これを持って、蔚山から出て行ってください。それから、会長に見せた黄色い服も僕にください。」

動揺するホンチョルはヘジュの言葉を思い出し、お金を返す。
「この金は会長がくれたのか?」
「僕が工面したんです。」

「会長と奥さんは再婚同士だってな。ユジンという子がヘジュなんだろう。会長と奥さんが結婚するのにヘジュが邪魔だった。それで、死んだ事にして俺に預けたんだな。」と、言うホンチョル。
「お金があれば暮らせるでしょう。ヘジュのことも大切でしょう・・」
「母と子の絆は無視できない。耐えられない。」
「先輩の言ったことは事実ですが・・子供を返したらあの家は不幸になり、ヘジュも苦しみます。」と、言うギチュル。
「それでも、俺の家で暮らすよりましだ。うちは地獄だ。」
ホンチョルを石で殴ろうとするが、やめるギチュル。


部屋で、黄色い子供服を見つけるヘジュ。怒り、そんな服を拾うな、捨てろと言うダルスン。
1人、まだ、あの服を持っていたと怒る。
ヘジュが着てた時の服だと、覚えてるダルスンね。

軽トラックを借り、ナンバープレートを交換するギチュル。

かぼちゃの葉を摘むヘジュを、自転車で送るというチャンヒ。
2人で自転車に乗るが、転んでしまいドキドキのヘジュとチャンヒ。いつも明るい笑顔のヘジュに、君といると楽しいという。

父に蒸しパンを届けるヘジュはチャンヒを意識する。
これが初恋ね。

ホンチョルと話すヘジュ。
「引っ越しは本当にするの?正直、ここは友達もいるし、行きたくない」と言うヘジュ。
「家族は一緒にいるものでしょ。私は父さんと離れて生きて行けない。」

ヘジュと船に乗るホンチョル。
「家族は一緒に暮らすだけが家族じゃない。ある家族は遠く離れていても、お互いを思いあってる。
家族は血をわける事だけが家族じゃない。見えても見えなくても、お前の後ろで見ている。」
別れるような事を言わないでと、驚くヘジュ。

ホンチョルはヘジュを手放すつもりなのかも。事実を言って。

ボンヒと一緒に、亡くなったハスクのお墓参りに行くジョンウ。
「真相は必ず、突き止める。なぜ、死んだのか気にならないの?」と、言うボンヒ。
「諦めていないのか・・10年以上立ったんだ。もう、何もでないさ。忘れた事はない。もう、自由になろう。兄さんも、望んでるはず。」と言うジョンウ。

そこへ来るグムヒに、「ユジンも死んだし、話す事はありません。僕は受け入れられません。来ないでください。僕たちは他人です。」と、怒るジョンウ。
ドヒョンと再婚したグムヒを許せないジョンウなの。

アン部長と会うドヒョンは大金を見せて1度だけ、手を貸して欲しいと頼む。

梨畑の分析結果が出て、除草剤が出て驚くボンヒとジョンウは夜、梨畑を監視する。男たちが来るのを追いかけるが、逃げられてしまう。

カン会長に除草剤の事を報告するジョンウ。証拠はないと言うジョンウに、マスコミに知らせるというカン会長。

夜、自転車でホンチョルに会いに行くヘジュ。ホンチョルはギチュルの運転するトラックに轢かれる。


ギチュルを見て額の傷はまた、殴られたのかと驚くチャンヒ。「何故、こんな生活を・・いつかきっと・・」と怒る。

ホンチョルが事故に遭ったと知るドヒョン。

ヘジュの父が事故・・と知り、グムヒと一緒に病院に向かうインファ。

夫の事故で衝撃のダルスン。

病院
目覚めるホンチョルは「お前を幸せにしてやりたかったのに・・すまない・・お前の母さんは・・」と、言う。
そこへ来るグムヒに驚くヘジュ。

続く・・

すれ違いや、ハラハラが多いですね。
母と子なのに知らないままなんて。ここでホンチョルは亡くなってしまうと思います。大事な事を言えずに。

ヘジュもまさか、インファの母グムヒが実の母とは予想もしないでしょう。
ホンチョルが亡くなれば、ヘジュにもっと、きつく当たるダルスンになりそうです。
そろそろ、大人時代でしょうか。

【送料無料】【輸入盤】 メイクイーン [ TV Soundtrack ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年01月12日 | Trackback(0) | メイクイーン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。