蒼のピアニスト(五本の指)23話あらすじ

親子の憎悪と復讐、ドロドロなストーリーですね。

出演 チュ・ジフン、チ・チャンウク、チェ・シラ、イ・ヘイン、チョン・ミソン、チャン・ヒョンソン


23話

「なぜ、自首しなかったんですか?」と、記者に聞かれるヨンナンを連れ出すイナ。

ニュースで、ヨンナンが夫を殺したと自白・・と知るダミ母。

家族でもないから・・と家を出るジホに驚くナ女史。

「真心があるなら、こんな事はしないだろう」と言うイナ。
「先に母親を放棄したのはそっちだ」と言うジホ。

「それでも、生んでくれた母さんだ。憎くても捨てられない。」
イナの言葉に、「それが俺との違いだ。お前は捨てられず、俺は捨てられる・・なぜなら、俺はもう捨てられたから。」

出て行くジホを止められないナ女史。「お前だけが唯一の血縁なのに・・」とイナに言う。

ジホを車に乗せ、運転するヨンナン。
「エルビン・キムに電話して。クムダン建設の契約書をなくせと・・プソンを奪わないと・・」
「それは出来ない。」と言うジホ。

「お前と私は終わらせましょう。それで、イナが楽になるなら・・お前を私が連れていった方がいい・・」
事故に遭う2人。

病院
「あなたはまだ、死ぬ時じゃない・・退院したら警察へ行け。ダミの家族に許しを求めろ。」
ダミ父に罪はないと告白しろと言うジホ。

ナ女史と話すキム会長。
「なぜ、ヨンナンが私の子を産んだと、教えてくれなかったんです?産まれた子を保育園に預けるとは・・キム・ジョンウクという名前で預けられた子はいない。」
怒るキム会長にとぼけるナ女史。

3倍の違約金を払えと、書類を出すチェ弁護士。プソンと契約を破棄、グローリーと再協議するだろうと。

クムダン建設は約束通り、イナ株30%を渡して欲しいと言ってくる。

会社の株も下がり、混乱してるのに動揺しないオ秘書。理由を聞くと、亡くなったユ会長はヨンナンを守って欲しいと頼んでいた。
会長の思いに従うオ秘書。

キム会長と会うチェ弁護士。
プソンをくれると言ったのに、株価が下がりどうするのだと怒るチェ弁護士。

グローリー代表室から、代替木の秘宝を書いた製造日誌を奪えと指示するイナ。製造日誌の中は白紙だった。がっかりするイナ。

ジホに会いに行くイナ。
「どうか、会社だけは手を出さないでくれ。父さんの会社を潰さないでくれ。助けてくれ・・兄さん、頼む・・」と、跪くイナ。

「俺が信じると?あれだけの罪を犯して、1回の涙を流せばそれで済むと?俺は許さない。助けるつもりもない。俺は偽善者なんて信じない。」と言うジホ。

ダミに会いに来るイナは、ジホを止めて欲しいと頼む。
「俺を助けてくれ。最後に頼む。」
「頼み事の前に、謝るのが先でしょ。」
お前らがその態度なら!と、決意のイナ。

ヨンナンの子を探すナ女史は、保育園にいた女性から話を聞いて、オ秘書が?と、考える。

強気に出るチェ弁護士に、グローリーの株を5%譲ると言うキム会長。
口止め料ね。

警察で嘘の証言をするイナ。
あの日、ホン・スピョが居間のものを握っていたと言う。
自分を捉え、シャンデリアが落ちて来て火傷は彼のせいだと告げる。イナの証言を知り、否定するダミ母。

イナが警察で、ダミ父が窃盗犯だと偽証陳述をしたと知り、止めに行くヨンナン。

イナの証言を知り、予想してたと言うジホ。

インタビューを受けるヨンナンは、ホンスピョが盗みを・・と泣いて証言する。

警察
イナの証言を知り、夫を信じてください・・そんな人じゃないと言い続けるダミ母。

「あなたの旦那は放火犯で窃盗犯なのよ!」と、ダミ母に言うヨンナン。
罪を償って生きろ!と、言うイナ。

警察に来るジホは、ユ会長・母の証言映像を持ってくる。
あの日の事を聞くジホに、素直に答えるユ会長母。火事を知り、近所のホットク屋のスピョに息子を助けて欲しいと頼んだユ会長母。

「話す事も出来ないのに・・助けてくれといえないのに・・あの火事の中で・・申し訳ない。」と言うユ会長母。
夫の無実が証言され、安堵のダミ母。

頼まれて、家に入ったホン・スピョなので、放火はあり得ないと言う警察。

スピョは息子のようなものであり、ピアノや服もあげたと。祖母の証言は信憑性が高いと、医師の書類を提出するジホ。

キム会長と一緒に、天才ピアニスト、ユン・ソッキョンの妹と会うジホ。
姉がユ会長の恋人とは思えない。子供を産んでいれば、一緒に住んでる自分にわかるはずと言う。
驚く2人。

ナ女史に母を探して欲しいと、ハンカチを渡すジホ。信じていた人が母親ではなかった・・と。

ヨンナンに指摘され、エルビンキムに株の30%を渡したと、認めるイナは仕方なかったという。

オ秘書を保育園の女性に見せるナ女史。

チェ弁護士に「なぜ、あなたがグローリーの株を持ってるの?」と聞くヨンナン。辞表を出してという。

「会長と私は、ホン・ウジン死の真実を共有してるはず・・会社を去れば、秘密を守れない」と言うチェ弁護士。
「会長は私を決して、追い出してはならないと言ってるのです。」
お互い、信頼がなくなったので証拠が必要だと言い出す。
ショッピングモールを要求するチェ弁護士に、驚くヨンナン。

ヨンナンと食事中、スタッフから車のキーを見せられ驚くイナ。
「これはあの日、運転したジホの車・・」
携帯には、事故現場の写真が送られてくる2人。

廃車にしたはず!と、驚くヨンナン。
「ホン・ウジンが?」

続く・・

久しぶりのジホたちでした。多忙と、PCの調子が悪くて見れなかったのです。

相変わらず、パワフルな内容ですね。濃いドラマです。ダミとの恋愛は薄くなり、親子の復讐合戦のような感じです。

ジホの母親はピアニストでも、思っていた人ではなさそう。
ジホとほうれん草アレルギーが、同じヨンナンが母親なのかも。

チュジフン主演の音楽ドラマ「五本の指」チュ・ジフン「五本の指」 CD

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌