スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

棚ぼたのあなた 57話あらすじ

家族みんなで楽しめる温かいホームドラマ♪1度見れば必ず、続きが見たくなる作品です。

出演 キム・ナムジュ、ユ・ジュンサン、カン・ミンヒョク、キム・サンホ、ユン・ヨジョン、チョ・ユニ


57話

ジェヨンが家に来て、驚くイスクは慌ててメイクをする。

ユニたちが、集まっている食事に呼ばれるジェヨン。
「男らしく言います。イスクさんを愛してます。結婚したい・・。」
ジェヨンの言葉に微笑むチョンエ。

イスクに、相手の家族に会ったのかと聞くマクレ。ジェヨン父と、姉3人に会ったと答えるイスク。

ハッキリしないイスクの態度に、2人の結婚は反対されていると理解するマクレ。問題は、ジェヨンの家がお金持ちだと言う事も。本社の会長息子だから、身分の差があると。

「私も反対です。この子はずっと、私のせいで苦しんで、傷ついて来た。これ以上、傷つけることはしたくない。この子を歓迎してくれるうちに嫁がせたい。どうにか認めてもらうような家庭じゃダメです。」
マクレの言葉に驚くジェヨン。

マルスクもその場で、「私たちは・・入隊前に結婚したいんです・・」と、言う。
「この状況で、冗談は止めなさい!」と怒るチョンエ。

屋台で飲むジェヨン、セグァン、ユンビン、グィナムたち。
先に結婚すると言い出すジェヨンに、入隊前だから、自分たちが先と言うセグァン。
「どっちも、反対されてるのに順番なんて!」と、笑うグィナム。

イルスクとの事を愚痴るユンビン。
「彼女は昔、ファンレターを毎日、送ってくれた。好きだから気持ちを打ち明けたが・・イヤだと言われた・・」と、告白する。

落ち込むユンビンに、押せば良いとイベントを提案するグィナム。
「ファンに振られるなんて、すべての女性にフラれたのと同じです!」

サウナで話すユニ、イスク、イルスク、マルスクたち。ユンビンとの関係をユニに聞かれ、照れるイルスク。

「好きだけど、すべてを手に入れることは出来ない。マネージャーを選択して、仕事に集中する。」と言うイルスク。

チャンスとイスクたちの事を話すチョンエ。
「小姑が3人もいるとは、イスクが苦労する・・」と。うちもそうだった・・と、話す2人。
マルスクの話は無視していいと、言うチョンエ。

車の中、ジェヨンと話すイスク。
「会わずにいたら・・死にそうだった。君は会いたいと思わなかった?」
突然、ジェヨンにキスするイスク。

「・・降参だ。諦めるよ。結婚がそんなにイヤならもう迫らない。結婚しなくていいから、他の男との結婚話はやめて。何でもするから一緒にいよう。別れないで・・」
ジェヨンの言葉に泣き出すイスク。
イスクのすべてが好きだと、抱きしめるジェヨン。

屋根部屋で、ユンビンの事を思い出すイルスク。
電話で、いなくなって寂しい・・と言う。
「これから、どこへ行ったとしても必ず、ついて来るんだぞ。」
「もちろんですよ。地獄の果てまでいきます・・」と、答えるイルスク。

オク母から電話で、イギリスに行くと報告を受けるジョンベ。

ユニとグィナムに相談、移民前に会うべきだと言われる。
オクは19歳の時、母親と別れ、10年以上も会っていない・・と言うジョンベ。美容院にオクをと提案するユニ。

マクレとチョンエに、結婚の許可を求めるマルスク。
チョンエに聞くと、
「勝手にしなさい。結婚したいなら、夫が軍隊から出て来るまで、姑に仕えながら夫の家で暮らしなさい。」という。
「夫のいない家では無理・・」と驚くマルスク。

「結婚後も、実家暮らしなんて認めないわ。」
マンションを借りるというマルスクに、浪費家で貯金もないと呆れるイルスク。

オクを美容院に連れて行き、メイク、服も変えさせるユニ。ジャングン、ジョンベと一緒に食事すると思っているオク。

レストラン
母と再会するオクは、ジャングンに母を紹介する。感動で抱きあう2人。

「恨んでもやっぱり・・会いたかった。」
「私は考えなかったわ。そうしなきゃ、生きていけなかった。」と、言う母。
脳天気な娘を心配する母、ここも(涙)
たまには電話して・・と、お願いするオク。

ジェヨンの店で、食事するセグァンとマルスク。
「結婚してもすぐには家を用意出来ない・・」と、言うセグァン。

家族を分析したら、簡単だったと言うマルスク。
「お嫁さんは教える癖があるので、感謝を忘れず、教えるチャンスを与えて行くのよ!」と言う。

「お母さんは真逆で、尽くしてもらうことや、タダが好きな人ね。お金を出すわ。」
服や靴をプレゼントすると言うマルスク。
ゴマスリ作戦を考えてるマルスクなの。

マルスクの話を聞いて、先に結婚する気?と、慌てるジェヨン。父に電話で、母、姉たちを説得してと頼む。ダメなら、5人の孫は諦めてと。

ジョンベに、パン作りを教えるチャンス。
仕事を辞める前から、父さんの仕事を継ぐのはお前だと思ってた・・と。

母と再会して喜んでいるオク。
「捨てたお母さんを恨んでたはずなのに・・許せるの?」と、聞くチョンエ。
「許す、許さないじゃなくて・・今は優しかった事しか思い出せない。」と、言うオク。

田舎で、1人暮らしを楽しむヤンシル。

ジファンを迎える準備をするユニ、グィナムたち。養子縁組の審査過程で、問題が見つかったと電話を受ける。

施設に行き、説明を聞くユニたちはジファンに戸籍上の親がいると言われる。
「親権放棄しないと主張すれば、養子縁組は不可能です・・」
半年、待つ必要がある。

ジェヨンにネックレスをプレゼントして、好きだと告白するイスク。

歌で、イルスクに思いを告げるユンビン。
「パン・イルスク・・ダメなのか?・・マネージャーじゃなく、彼女になって・・」
笑顔のイルスク。

数ヶ月後

新婦に会いに行くユニ。

続く・・

えー?花嫁は誰?
イスク、イルスク、マルスクの3人のうち、誰かが結婚するのね。

最後まで、楽しくてほっこりするドラマですね。
イルスクとユンビンの関係も気になる。マルスクとセグァンも可愛い。イスクとジェヨンもいい感じで、結婚はこの2人かも。

ユニとチョンエも、ケンカしながら仲良くなっています。

ヤンシルは1人で、幸せに暮らしてる様子。母と再会して嬉しいオクも。

ジョンベがパン屋さんを継ぐみたいです。
残り1話です!

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年01月23日 | Trackback(0) | 棚ぼたのあなた

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。