スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ロマンスが必要2 11-12話あらすじ

素直に告白しないと、他の男性に彼女を奪われてしまうわ。

出演 チョン・ユミ、イ・ジヌク、キム・ジソク、キム・ジウ、カン・イェソル


11話

ジフンと恋愛しながら、ソクヒョンとの恋愛を重ねるヨルメ。
「もしかしたら彼のキスも・・過去の恋で学んだのかも・・」

ジフンと一緒に施設に行くヨルメ。結婚を真面目に考えてるジフンだとわかる。

ジェギョンたちに、ジフンに愛されてる実感があると言うヨルメ。

ジフンに家を見せて、ソクヒョンと一緒に住んでいる訳じゃないと説明するヨルメ。隣で住んでるソクヒョンなのだと。

ソクヒョンと一緒に食事するヨルメ。
彼ともケンカするのかな・・と、私は性格が悪いと心配する。
「あの時は、お前のせいじゃない」と言うソクヒョン。

「そうよね。原因はそっちだけどね。一生、反省してももらいたいわ。」と、言いたい放題のヨルメ。
「結婚を断ったのは悪かったが、それ以外は尽くしたろ。肝臓だってやると言った!」
怒るソクヒョン。

「私は愛が欲しかったの。ケンカをふっかけたりしないで。私たちは合わないわね。」と、言うヨルメ。
ヨルメがいつも、ケンカをふっかけてるのよ。
呆れるソクヒョン。

ジフンを家に呼ぶ事になり暑い中、1人でバーベキューの支度をするソクヒョン。

店の店員が2人も休み、ジフンは行けないと伝えるヨルメ。
「じゃあ、お前だけでも来いよ。」と言うソクヒョン。
「ダメよ。私は店を手伝うから。」と、告げるヨルメ。
1人で準備したソクヒョンが可哀相だわ。

ジェミンから、「君といると惨めになる・・別れよう」と言われるジェギョン。

ジフンに「好きならもっと、早く来るべきだった。恋人がいても仕方ないわ・・」と、言うヨルメ。もっと、早くに出会いたかったと。

ジフンとデートのヨルメが気になって、1人嫉妬するソクヒョン。

「停電したから早く帰ってこい!」と、電源を切るソクヒョン。
部屋は暑いので、庭にテントで寝ようとヨルメに言う。ジフンも来るので、仕方なく一緒に寝る事になる。

本当はヨルメと一緒に寝たかったソクヒョン。計画失敗なの。わざと停電にさせ、エアコンも切れたので庭で一緒に寝ようと言いたいソクヒョンね。

ジフンと言い合うソクヒョン。
「ヨルメが誰と愛し合うと、憎み合おうと・・少なくとも過去にはならない。あなたが過去になるかも・・」
ジフンに告げる。

ジフンはそんな気はないのに、ソクヒョンはやる気満々。先制攻撃って感じのラストでした。ヨルメを取り戻すのでしょうね。

12話

ジフンに色々な話をしても必ず、ソクヒョンが登場してしまうヨルメ。
「子供の頃の話から、彼を省くことは出来ない。」

「この手の傷はいつ?」と、聞くジフン。
「これもソクヒョンだ・・・」
交際が長いと、それだけ思い出も多いヨルメなの。

「彼の話は避けるんだね・・彼の話も過去も聞きたい。」と言うジフン。

「私は経験から学んでる。1つの理由で、ケンカが始まりその理由で別れるのだ。」

「出会う前のことは重要じゃないはずよ。だから、つきあってる。でも、あなたが気にするならもう、つきあえない。別れる・・」と言うヨルメ。
そこまで言うべきでないと、わかっているヨルメ。でも、言ってしまうのも彼女なの。

昔を思い出すヨルメ。
あんなに愛し合っていても、別れてしまうのね。

「あいつを好きか?」と聞くソクヒョン。
「そうね。思いは強くなってる・・」と、答えるヨルメ。

「その瞬間、悟った。失いたくなかったら、本心を隠し通さなければと・・」と、心の中で思うソクヒョン。
また、ジフンを連れて来いとヨルメに言う。

「ほんと?私たち、恋人よりも兄妹の関係があってるんだ。」
笑顔でヨルメに言うソクヒョンは、気持ちを隠すことで、失わずにいられたと考える。

「俺は何も失っていない。」

ジフンと話すヨルメ。
子供の頃から、一緒のソクヒョンの事を理解したかったと言うジフン。
「もう、別れるなんて言うなよ!」と、ヨルメに言う。
喜ぶヨルメ。

ジフンの家に泊まりに行く日を、カレンダーに書き込むヨルメ。その日、外泊する。

カレンダーを見たソクヒョンは、その意味を考える。
「何も失わないなんて嘘だ。俺は彼女を失うだろうし・・・その苦痛は永遠に消えない予感がした・・」
外泊するヨルメを想像するソクヒョン。

耐えられず、ナヒョンと一緒に深夜の自転車乗りをするソクヒョン。

ヨルメに腕枕をしたジフンは、腕を痛め2人で病院に行く事に。腕が痛くても耐えたジフン。

朝帰りのヨルメに、ジフンの家に泊まったかと確認するソクヒョン。腕を痛めたジフンなので、犠牲を払う・・と言うヨルメ。

「ダメだ。行くな。」ヨルメを引き止めるソクヒョン。

続く・・

やっと、素直に言いましたね。
ソクヒョンは本当にヨルメを好きなのだから。

ヨルメはジフンを好きなようだけど、腕を痛めたジフンに私も犠牲を・・なんて言ってました。

↓DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2013年01月24日 | Trackback(0) | ロマンスが必要 2

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。