1000番目の男 5-6話あらすじ

九尾狐で長生きしてるミジンはファンジニ、チャングムも友達なのでした。

出演 ナム・ウヒョン、カン・イェウォン、イ・チョニ、ヒョンミン、チョン・ミソン、パク・ジョンハク


5話

元・九尾狐の会の大おばが倒れ、次期会長を決める事に。

会長になりたいミソンは、ミジンを連れて会合に出席する。しかし、ミジンがまだ、人間になっていない事を指摘され、不適格と言われてしまう。

人間になった九尾狐の人数がとても少ない理由、それは生活苦だった。規則を守るよりも、財力ある者が会長になれば・・と言うミソン。

しかし、大おばの意識が戻り、次期会長の件は流れてしまう。がっくりのミソン。

ウンソクを好きなミモはデートを重ね、ミジンの前でも親しい事を見せつける。

ミジンを好きなウンソクは、ミモに「死ぬ前に男と女がどう遊ぶのか知りたい・・」と言い出す。

体の痛みは耐えられるけれど、胸の痛みには耐えられないと言うウンソク。ミジンの名を呼ぶウンソクに苦悩するミモ。

ウンソクとデートするミモを見て、男らしさをアピールするウヒョン。

ミジャと話すミジンは人間は殺伐として最近、変わった・・と言われる。
「恐ろしい人の世で生きるより、九尾狐のまま消えてしまいたい。」と、言葉を思い出す。

ウンソクに告白されるミジン。
「そうね・・この人と一緒にいられるなら・・・この世から消えても後悔しない。」と考えるミジン。

6話

ウンソクと一緒にいると幸せ・・と言うミジン。私がつばをつけた男よ!と、文句を言うミモ。

ミジンに夢中のウンソクに、ミジンを押しつけるミソン。残り時間がないので、一緒に過ごさせる計画を。

一緒に暮らすウンソクとミジン。
ミソンを狙ってるギョンソクはルールを決め、父親と思ってくれ・・と言う。

ミジンを心配して、ミモに聞き、話題のヒップ神に行くミソン。
ミジンの写真を見せると、狐のような女の願い、1000番目の愛は叶う・・と言われる。人間になれるか・・それはわからない。

満月の夜、敏感になるのでウンソクを寄せ付けないミジン。

「わずかな時間だけど、1人じゃない。俺がいる・・」ミジンに言うウンソク。
包丁を持つウンソクに昔の「あの人」を思い出すミジン。

「お前は俺の女だ。」と、ミモに言うウヒョン。

「俺に似てる人とはいつ、知り合ったの?」と、聞くウンソク。
信じてもらえない・・と言うミジンは正直に高麗の時代・・と言う。

呆れて信じないウンソクは、その頃、生きていた証拠はあるのかと聞く。携帯の写真を見せるも、ネットで拾ったと笑うウンソク。
信じてくれない・・とスネるミジン。

ミジンの言うことが信じられないと、ギョンソクに言うウンソク。人格障害では?と、考える。

ミモが持って来たミジンへのお弁当を、ギョンソクと2人で見る。
鶏の脳、ケモノの血の塊、胃、肝臓、牛の舌だった。ミソンが用意したものであり、これがミジンの好物?と驚くウンソク。
好物よ、と認めるミジン。

チャングムさんと、一緒に料理を作ったの・・と言うミジン。

「あの人」の剣をミソンが持ち去り、取りに戻るミジン。
昔、九尾狐とバレたミジンを庇って弓で射られた「あの人」だった。

1000年生きてるようなミジン・・ドラキュラ?バンパイヤ?九尾狐?と考えるウンソク。

チャングムさんに教わった料理は?と思い出すミジン。

続く・・

ファンジニも、チャングムも友達と言うミジンが可笑しいわ。
ウンソクに「私は狐なの」と、言いたい気持ちを抑えています。

信じられないけれど、昔の資料を持ってるミジンを見れば、信じるウンソクかもしれません。

輸入盤 スペシャルプライス1000番目の男 輸入盤 【CD】

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年02月11日 | Trackback(0) | 1000番目の男

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌