スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

メイクイーン 18話あらすじ

悪魔に魂を売ると決意のチャンヒ。

出演 キム・ジェウォン、ハン・ジヘ、ジェヒ、ソン・ウンソ、ヤン・ミギョン、オ・ドクファ、キム・ギュチョル


18話

空港
「父を捨てて来たんだ。何も言わず、来てくれ!」と、ヘジュの携帯を捨てるチャンヒ。
「ごめんなさい。私は行けない。理解出来ない・・」と、言うヘジュは去る。

ドヒョンと電話で話すチャンヒ。
「お前が、この状況を理解出来ない訳ないだろう。お前がここを離れれば、彼女が犯人を知る事になる。」
ヘジュの携帯は、僕が持ってると言うチャンヒ。

じゃあ、これはどうだ?と、殴ったギチュルの声をチャンヒに聞かせるドヒョン。
「私は構わない。早く行け・・」と、言うギチュル。

父を心配するチャンヒは、ドヒョン部下に殴られ、連れて来られる。

ドヒョンと話すチャンヒ。
「俺はひたむきな男が好きだ。愛する女のため、父も捨てるその覚悟・・感動的だ。だが、お前が選択を誤れば、父親も愛も両方捨てる事になる。どうする?・・父親を刑務所に送り、ヘジュに真実を話そうか?」と、言うドヒョン。

ドヒョンに跪き、「僕が愚かでした。これからは会長の指示に従います・・」と、言うチャンヒ。


「父さん・・私の選択は間違っていなかったよね?本当は・・チャンヒさんに付いて行きたかった・・」と、つぶやくヘジュ。

サンと話すヘジュ。
両親の事を教えてくれない祖父だから、自分で調べると言うサン。辛い事があった祖父なのだと理解している。
サンも、辛い事に耐えて生きているのだと感じるヘジュ。

家に戻るチャンヒ。
「振り返らず、行くべきだった。私は自首して、ケリをつけるつもりだった。」と、言うギチュル。
「結局、ヘジュも拒んだから無理だった。チャン・ドヒョンのように暗闇に進む。必ず、ドヒョンよりも成功する。あいつが僕の下で、潰れていくのを見届ける。
その為なら、悪魔と手を結んでも・・あいつのすべてを奪ってやる。」と、言うチャンヒ。

ヘジュとの想い出の手紙を燃やすチャンヒ。

ヘジュと話すチャンヒ。
「君が選んだのは僕ではなくて、家族だった。君と付き合ったのは、気の毒な子だったからだ。継母にいじめられ・・君ほど哀れな子はいない。僕しか面倒を見る奴はいないと・・だから付き合った。」と言うチャンヒ。

「怒ってても酷すぎる。」と、言うヘジュ。
「父が正しかった。僕の人生から消えてくれ・・二度と連絡するな。」と、言うチャンヒ。

チャンヒと別れたヘジュと知り、ギチュルの家に文句を言いに行くダルスン。娘を傷つけたと怒る。

携帯をなくしたヘジュのため、一緒に買いに行くサン。具合の悪いヘジュを心配する。

証人の弱みを握り、脅すチャンヒ。

証人として出廷する人は誰もいない。イルムンの件は心配ないと、ドヒョンに言うチャンヒ。チャンヒが邪魔をしたと知り、驚くジョンウ。

チャンヒに、海洋事業部に行けと言うドヒョン。「ユン・ジョンウを潰す。そのためには、お前の力が必要だ。」

ヘジュと別れたと知り、「自分の女も守れないの!」と、叩くインファにキスするチャンヒ。
「あんたごときが!潰してやる!」と、怒るインファ。

病院で、予防注射を打つグムヒは珍しい血液型と言われる。シスAB型と言われ、ヘジュがAB型と言ったのを思い出し、驚くグムヒ。

サンと一緒に、ジョンウに会いに来るヘジュ。父のひき逃げ犯は、捕まっていないかと聞く。
控訴時効も過ぎ、資料はチャンヒが持って行ったと知るヘジュ。

続く・・

チャンヒはドヒョンに脅され、悪魔になると決意したのです。愛するヘジュと幸せになる事も諦め、父を捨てることも出来ない。辛いチャンヒです。

ドヒョンを超えて、成功すると思いのチャンヒだから今後、サンもヘジュも敵になってしまいそうですね。

インファと結婚するのかと思ったら、チャンヒを拒否するインファでした。

【送料無料】メイクイーン/MAY QUEEN DVD-BOX4 [ ハン・ジヘ ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2013年02月22日 | Trackback(0) | メイクイーン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。