ドラマの帝王 3話あらすじ

スピード感ある雰囲気ですね。今後、シウォン君がワガママな俳優役で楽しませてくれると思います。

出演 キム・ミョンミン、チェ・シウォン、チョン・リョウォン、オ・ジウン、チョン・マンシク



3話

日本
驚くアンソニーの口をふさぐアキコ。
韓国語を話せるので、驚くアンソニー。韓国ドラマを見て、覚えたというアキコは「夫は頻繁に人を殺さないわ。」と、笑う。

ワタナベ会長は九州1のヤクザ、ワタナベ組の親分。
「血も涙もない冷血な面もあるけど、私には優しい。」と、言うアキコ。今年中に放送される約束を守れば、殺されないと。
「秘密だけど、夫は末期の胃ガンなの。」

ヤクザ・・と怯えるアンソニーは、「ヤクザに殺されるのも再起不能で死ぬのも同じ・・1度きりの人生。後戻りは出来ない。」と考える。

韓国
ワタナベに脚本を送ろうとして、アンソニーと契約したことを知るジンワン。

ゴウンに事務所の作業部屋を見せるアンソニー、あまりに汚く狭いので、呆れるゴウン。

事務所に来るジンワンは、3年前のバイク便事故の件、記事を提供したとアンソニーに告白する。お前が・・と、驚くアンソニー。

理由を聞くと、7年間、尻ぬぐいをさせられ、いつまでもあなたの部下でいると?と言うジンワン。
「お前ごときが!」と、怒るアンソニー。

「帝国プロの代表は私だ。ドラマ1本、契約したからと・・お前のような負け犬が!帝国の王はオ・ジンワンだ!諦めろ。」と、言うジンワン。

ゴウンを豪華なマンションに連れて行くジンワンは、最高の条件で、契約したいと言う。「アンソニーにあのドラマは撮れない!」と。
ワタナベ会長はあなたの脚本を気に入った。すぐに撮り始めましょうと言うジンワン。

苦悩するゴウンはメモを残し、アンソニーの元へ急ぐ。「約束を破るわけにはいかない・・」ワールドプロでやると書く。

事務所
年内に放送することが、投資の条件だと話すアンソニー。

S局の11月枠を狙うアンソニーとジンワン。

ゴウンと話すアンソニーはなぜ、戻って来たのかと聞く。ジンワンと契約しなかった理由。
「あなたにはわからないでしょうけど、人には信用と約束が大事なの。それを守って生きる人もいる。」と、言うゴウン。

11月枠ドラマを、カン・ヒョンミンに決める帝国プロ。

俳優ジヌはアンソニーを嫌っている。アンソニーがジヌの女を横取りしたから。

11月枠の俳優で、アンソニーが選べるのはヒョンミンだけ。ヒョンミン獲得に命を賭ける。アンソニーとジンワンの全面戦争となる。

ファンミーティング中のヒョンミンに会いに行くアンソニー。
1話1億と提案する。「日本の地上波でも放送される。契約すれば20億・・」と言うアンソニー。韓流スターの誕生だと言う。

ヒョンミンに、契約を提案するジンワン。アンソニーは、日本の投資頼りだが問題あると告げる。

アンソニーと、電話で話すジンワン。
「ヒョンミンを狙う理由はなんだ?」と、聞くアンソニー。
「先輩を陥れる為に利用してるだけです。自分の名前も漢字で書けないバカ・・金の亡者だ。」と、言うジンワン。

クラブ
ヒョンミンに、アンソニーと契約するのはやめろと言うジヌ。そこへゴウンを連れて来るアンソニー。

アンソニーに、帝国プロのドラマに決めたと言うヒョンミン。ジンワンとの会話録音を聞かせるアンソニー。

「自分の演技が最高だと勘違いしてる。金の亡者に私が執着すると?」と、言うジンワンの声。
聞いて驚くヒョンミン。

事務所
勝手に契約したと怒るスタッフは、ジンワンには謝罪させると言う。しかし、ジンワンは嫌だ。人前で恥をかいたと怒るヒョンミン。

ジンワンと、11月ドラマ放送枠を奪い合い、争うアンソニー。

局長から、編成会議までにヒョンミンを連れて来た方に放送枠をやる!と、言われるアンソニーとジンワン。
ヒョンミン獲得に必死になる2人。

ゴウンに指示を出し、ヒョンミンを捕まえるように言うアンソニー。

ヒョンミンと接触するゴウン。
「あなたがいないと、ドラマが出来ないの。私の人生をかけて書いたドラマだけど・・・今後はあなたの為に書くわ。あなたが真の俳優で、価値のある俳優ときっと、証明できます・・」
「作家はトップの俺のために書くのが当然だ!」と、言うヒョンミンは帰ってしまう。

会議にヒョンミンを連れて来るアンソニー。

続く・・

テンポ良いですね。サクサク進みます。展開も早いです。

ワタナベ会長は胃ガン末期なんですね。年内に放送する理由はそこなのでしょう。
アンソニーはきっと、成功すると期待してます。

【送料無料】韓流ぴあ 2013年 3/31号 [雑誌]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



2013年02月24日 | Trackback(0) | ドラマの帝王

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌