メイクイーン 19話あらすじ

ヘジュの父とサンの父は親しい関係、まさか兄妹ではないでしょうね。

出演 キム・ジェウォン、ハン・ジヘ、ジェヒ、ソン・ウンソ、ヤン・ミギョン、オ・ドクファ、キム・ギュチョル


19話

サン、ジョンウと話すヘジュ。
「携帯に車のナンバープレートの写真のような物が送られて来たの。血が付いてた・・」
父がひき逃げされた時のような気がすると言うヘジュ。

携帯は壊れてなくしたと言うヘジュに、探すと言うジョンウ。

サンと話すヘジュ。
「父が私のせいで亡くなったのは本当なの。TVで事故の報道を見るたび、胸が痛む・・私が自転車に乗っていかなければ・・父は死なずにすんだ。」
泣き出ヘジュ。
「それはトラウマだ。ひき逃げした奴が悪いんだ。」と、言うサン。


海洋事業部経営企画本部長なのか・・と、喜ぶギチュル。悪魔に魂を売るから、このくらいは当然だと言うチャンヒ。

サンの部屋
パソコンを見て、ユン・ハスク、アキヤマと文字を見て驚くカン会長。
「祖父ちゃんには親不孝ものでも、僕には父親だ。」と、言うサン。
母さんの名前を知りたいと聞く。
「あの女はお前の父親を誘惑し、親と国を捨てさせた。」と、サンの母親を怒るカン会長。
ガードレールにぶつかり、2人とも海に落ちて死んだと言う。

ドヒョンの部屋
本の「親愛なるハスクへ。カン・ウン」と、文字を見る。写真は3人の男性。
ハスク、サン父、ドヒョンは友達だったのね。

会社に来るチャンヒはイルムンの上司となる。
「地位を得るため、チャン会長の下に?」と、聞くサン。隠蔽と引き替えにかと呆れる。

ドヒョンの部屋
ヘジュを呼び、信じてるからと言うドヒョン。プロペラ工場へ行かせる。

ヘジュのナンバープレートの画像を送った送信者を探すジョンウ。しかし、見つからない。

サン、ジョンウと食事するヘジュ。
ドヒョンの指示で、工場をチェックするも計画通りに進行していない事を知るヘジュ。

プロペラは出来ていない。おかしい・・と言うヘジュに、
「検事の前でアレだが・・チャン・イルムンが研究費に流用したんだ。だから、作らない。」と、言う。
驚くヘジュたち。

インファと会社で会うチャンヒは、ファーストキスを奪ったと文句を言われる。

ドヒョンの部屋
研究費が消え、イルムンが油田開発に流用したと報告を受けるドヒョン。ライアン・カンもこの事実を知っていると。

イルムンの部屋に行き、研究費を何に使った?と、イルムンを怒るドヒョン。
インドネシアの油田開発にまわすとは!と叩く。
「インドネシアの油田は可能性がある!父さんは信じてくれないのか?」と、言い返すイルムン。

チャンヒと話すヘジュ。
携帯の事を聞くが、あの時の事は口にしないでくれ・・携帯は持っていないと言うチャンヒ。

ヘジュを叩くイルムンは、お前が告げ口したのだろうと怒鳴る。告げ口していない!と、嘘を指摘するヘジュ。
アジマススラスターを作ると嘘を言ったイルムン。
そのせいで、会社は損害を被るのよと。

人の事に口を出さず、損害を補償しろと言うイルムン。ダルスンたちが家に来て、暴れた事を言う。

会社
ドヒョンと話すサン。
スラスターは作れないので、輸入すると言うドヒョン。
天地造船が払う違約金は4000万ドル・・と言うサン。
「イルムンを責めないでください。インドネシアの油田から石油が出るかも・・」と、笑うサン。

ダルスンの家に来るグムヒ。
「ヘジュとは特別な縁があると思うんです。本当にヘジュは実の娘なんですか?」と、聞くグムヒ。
呆れて怒るダルスン。

娘の血液型はAB型もあり得る・・火傷の跡も気になると言うグムヒ。この世に、血液型と火傷の跡が同じ子はいくらでもいるだろうと言うダルスン。

「私も死んだユジンを胸に抱いて生きていきたいけど・・あの子がどこかで、生きてると思うと・・ユジンを思うと、死んだ夫にも申し訳ない・・」と、泣き出すグムヒ。
「子供の父親の職業は?」
「石油専門の学者でした・・」と、答えるグムヒ。

グムヒが帰り、ホンチョルの写真を見ながら、「あんたの子じゃないんだね。なぜ、自分の娘のように大切に育てたんだ?」と、つぶやくダルスン。

ギチュルに暴言を吐くイルムンに注意するグムヒ。
育てた私にも母親の資格はあるわ・・と。
「その資格で僕をどうする気だ?自分は満足でしょう・・母から父さんを奪い、妻の座を得た。」

怒るグムヒはイルムンを叩く。
「母親ヅラしたいなら、ユジンにやってくれ。母だけでなく、僕とインファも追い出し、娘を呼ぶつもりでしょう?父さんと頑張って・・」と、言うイルムン。
「なぜ、ユジンを知ってる?」と、驚愕するグムヒ。

会社
ヘジュがイルムンに叩かれても、無視したチャンヒを怒るサン。
「15年間、お前を愛したヘジュが可哀相だろう。お前を友達と思ってた俺がバカだった・・」と、チャンヒに言うサン。

ヘジュに言うと、「彼は私を忘れるために、冷たい態度を取ってる・・15年も付き合ったからわかる・・」と言う。
呆れるサン。

プロペラを強くする金属を見つけたら、ヘジュに作らせると言うサン。
「お前がこの国で、最初のアジマススラスターを作るんだ。」
サンの言葉に喜ぶヘジュ。


ダルスンと話すヘジュは、チャンヒと別れた事で騒動を起こした事を指摘する。
悔しくないのかと聞くダルスン。

「私が悪いんだ。教養のある実の母の元でお前が育っていれば・・辛い目に合わなかった。」
「どういうこと?実の母は死んだんでしょ?生きてるの?」と、聞くヘジュ。
実の母親の方が良くしてくれるってことさ・・と誤魔化すダルスン。

「私にとって、母親は母さんだけよ。」と、言うヘジュ。会話を聞いて驚くサンテ。

ボンヒに、アキヤマと言う人を探して欲しい。ユン・ハスク博士の友達と言うサン。
「ユン博士は前の義兄・・チャン会長は今の義兄よ。」
チャン会長の奥さんは再婚したんですね・・と理解するサン。

「アキヤマという人は僕の父です・・事実を知りたいんです・・」と、言うサン。

会社
ジョンウが研究費の横領を捜査してると、報告を受けるドヒョン。

検察でジョンウと話すヘジュ。自分が幼い頃、連れ去った男を見つける。

男に聞くジョンウとヘジュ。
あの時、なぜ、連れ去ったのかと。
すでに検事に話したという男は、「パク・ギチュルさんから、金を渡され頼まれた。」と、言う。
驚くジョンウとヘジュ。

ギチュルに会いに行くヘジュ。
「おじさん、おじさんが私を連れ去れと言ったんですか?」と、聞く。

続く・・

ギチュルが男に指示、ヘジュを誘拐するように言ったんですよね。
これを検事であるチャンヒは男から聞いた。でも、事実を隠したのです。だから今、初めて聞いたジョンウとヘジュです。

イルムンは親子鑑定で、ヘジュはグムヒの娘だと知っています。でも、グムヒはまだ、知らないからイルムンの言葉が気になるでしょうね。

サンの母親が気になります。

【送料無料】メイクイーン/MAY QUEEN DVD-BOX3 [ ハン・ジヘ ]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



2013年02月27日 | Trackback(0) | メイクイーン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌