いとしのソヨン 9話あらすじ

大きな秘密を抱えて、結婚するソヨンなのかも。

出演 イ・ボヨン、イ・サンユン、イ・ジョンシン、パク・ヘジン、チョン・ホジン、チェ・ジョンウ


9話

認めないと怒り出すジソン。
「あのウジェが結婚させてくれたら、会社を継ぐと言うんだ。それに条件は悪くてもいい子じゃないか。」と、言うキボム。
冷血で嫌だと言うジソン。

ソンジェの部屋
「いつの間に兄さんとそういう関係に?・・傷つかないで。貧乏なのは先生のせいじゃない。」と、言うソンジェ。
「世の中はこういうものなの。」と言うソヨン。

勉強が終わったソヨンに、成績アップの報酬を出すキボム。誠意ある金額を入れたと。

断るソヨンを送ると言うウジェは余裕。
最後の食事は済ませたと言うソヨンに、「これから俺たちは、何度も食事するんだ。認めてくれた。」と、言うウジェ。

「あり得ない!こんな簡単に!」と、信じないソヨン。
「普通の家でも認めないのに・・」
「本当に許してもらったんだ。母さんも、すぐに折れると思う。」
驚くソヨンは、父はいない・・と言ったことを思い出す。

動転するソヨンは、結婚の約束なんてしてません・・と言う。
「それじゃ、恋愛だけしよう。確信が持てるまで・・気長に待つよ。親のせいで、傷つくことがなければそれでいい・・」と言うウジェ。

寮に戻り、混乱するソヨン。
公私の区別をつけて・・と言ったキボム。父はいません・・と言った自分を思い出す。


先生を泣かせたら許さないと言われ、ソンジェの気持ちに気がつくウジェ。
「兄さんだから、先生を譲るんだ。」
「譲ってくれてありがとう。認めてもらった。」と、言うウジェ。

ジソンから、「自分さえよければそれでいいの?認められない。」と言われるウジェ。
「もっと、話をすればわかるよ。」
「死んでも認めない!」と、叫ぶジソン。

会社
秘書から、会社の説明を聞くウジェ。
ウジェを早く社長にすれば、自分は会長になれると言うキボム。すぐに副社長になれば、不満も出るから平社員からと言うウジェ。

ウジェが会社に入り、ウジェにまで仕えるのか・・と、落ち込むチェ理事。


絶食すると寝込むジソンに、うなぎを買ってくるキボム。
うなぎで認められないと、怒るジソンに「親父の夢は、孫に会社を継がせる事だ。邪魔したら許さん。」と、言うキボム。
言い合いになり、離婚届けに判を押せと言い出す。

ソンジェはピザを。ウジェは想い出のNYのオムレツを持ってくる。「あの頃は仲良し親子だった。」と、言うウジェ。

苦悩するソヨンは、父は生きていて、ナイトクラブのマネージャーと言う決意をする。言えば、呆れて嫌がるだろうと想像する。

ウジェに会いに行く途中、ジソンに呼ばれる。
「身分で反対する気はないの。都合いいわ。変な親がいるよりも。医者ということにしましょう。アフリカで、マラリアで命を落としたの・・」と、言うジソン。

驚き、結婚する気はないと宣言するソヨン。格差がある結婚はしたくないと。認めたのに断るソヨンに驚くジソン。

ウジェと会うソヨン。
「私のどこがいいんです?」と、聞くソヨン。
「まっすぐで、素直に生きる姿に惹かれた。”彼女は偽ったりしない。嘘はつかない” ・・信頼出来る人だと思った・・一緒にいたい・・」

うちの親は政略結婚で、母は不満だったと説明するウジェ。
寂しい母なのであり、父が嫌だった。そんな時、君と出会ったと。
「つまらない世の中でも、君に出会えた。」


家族全員を呼び出すジソンは、取引を提案する。
「すぐに結婚しないなら、別れなさい・・あの子が結婚する気になるまで待てないわ。譲歩したのよ。それでも、断るなら、元から気がないんでしょ。」

ソヨンと会うウジェ。
「お前と一生を共にしたい。」
「すぐに結婚しろと?短期間で無理です・・」と、言うソヨン。
「最後に聞く。お前の人生に俺は必要ないんだな?」
「ええ・・」
「ソヨン、俺の負けだ。消えるよ・・」
アメリカに行くと言うウジェの後ろ姿を見つめるソヨン。

歩きながら、「そうよ、これで良かったの。」と、言い聞かせるソヨン。

翌日、ソヌと一緒に荷物を運ぶウジェを見るソヨン。

ウジェを思い出し、「温かくて、幸せに感謝した・・短い間にすべて与えて、彼は去った・・」と、考えるソヨン。

サンウに会いたいホジョンだが、護衛を付けられ監視される。

友人に頼み、ハンカチを返すだけ・・と協力を得て、病院へ行くもサンウはいない。仕方なく屋根部屋に行くと、スーパーのおじさんから、チジミを渡してと頼まれてしまう。

窓を開け、サムジェが倒れてるのを発見するホジョンは看病することに。戻るサンウは驚き、感謝する。

このホジョンが可愛くて。焼酎のビンをハート型に並べたり、ドジなのが面白い。お礼にごちそうすると言うサンウなの。

ホジョン家
ホジョンが帰らず、苛立つガンスン。
ウジェが会社に入った。仕えるのは耐えられないからと、退職金でビジネスをすると言い出すチェ理事。
あり得ないと怒るガンスン。

戻るホジョンは、医大生の彼にハンカチを返しに言ったと説明する。反対するガンスン。

屋根部屋
元気のないサムジェを心配するサンウ。
「お前たちに嫌われて当然だ・・これからは身の程に合う生き方をする・・」と言うサムジェ。

ソヨンは理解してくれると思っていたサムジェ。でも、怒るソヨンを見てやっと、その思いを理解したの。

ソンジェの部屋
「兄さんが可哀相じゃないか。気にならないの?会社に入る代わりに、結婚を認めてもらったんだよ。」と、ソヨンに言うソンジェ。

コンビニ
ウジェを思い出し、1人泣いてしまうソヨン。サンウが気づいて、理由を聞く。
「大切な人が出来たの・・でも、消えた。父さんのせいで手放すしかなかった・・」
泣き出すソヨンを抱きしめるサンウ。

大学
授業の終わったソヨンに声をかけるウジェ。
「戻ってみたんだ。後悔してるなら・・今回だけ許してやる。」
驚き、泣いてウジェに抱きつくソヨン。

代理業で葬儀に出席するサムジェ。
この仕事は結婚式、葬儀など代理で出る事なの。もしかしたら、ソヨンの親類として結婚式に雇われる可能性も。

屋根部屋
サムジェに会いに来るソヨン。教授の推薦で、ニューヨークに留学すると言う。

「半月後にたつわ。いつ、戻るかわからない・・」
ソヨンの言葉に驚くサムジェ。

続く・・

父親はいないと言ったソヨンなので、自分と会うことがないように、留学と嘘を言ったと思います。そうすれば、サムジェから会いに来ることはないと思いでしょうね。

さすがに今から、父親はいます・・と告白出来ないのかも。じゃあ、ジソンの言うように父親は医師と、親類には言うつもりかしら。

嘘ってバレた時、愛するウジェを裏切る事になると思います。

【送料無料】韓流旋風 2013年 03月号 [雑誌]

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌